わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月18日 09:11

トラブル頻発が表面化した産廃業者(4)契約単価をめぐる対立

 大分市の産廃処分場運営の(株)大分大和(同市片島、根本学代表)がここ数年間で過去の取引先を相手に訴訟を頻発させている。トラブルの要因を見ていくと、経営者の交代がその根本にある。関係者への取材から元代表時に締結した契約について、現経営陣がそれを否定するかたちで、取引業者を提訴していることがわかっている。

 別の裁判事例を見てみよう。こちらも前項(3)同様、元代表時に合意したとされる契約を現経営陣が認めなかったことにより、訴訟に発展している。大分大和(原告)が福岡県の中間処理業C社(被告)に対し、未払いとなっている産廃の処理費用1,927万円の支払いを求めたものだ。

 C社が中間処理を施した産廃を、大分大和が運営する大分市内の処分場に埋立(最終処分)していたのは間違いないが、両者の間で契約単価についての食い違いが生じている。C社は大分大和の元代表・川島淳子氏と結んだ契約で適正に支払いをしているとする一方で、そのような契約はなかったとする現大分大和経営陣。

 原告の主張はこうだ。2015年11月から2016年5月にかけて、C社がトラック約200台分の産廃を大分大和運営の処分場にもち込んだ。原告は契約単価を1m3=2,800円と主張し、C社が本来請求額2,271万円に対し、343万円しか入金していないため、残り1,927万円を支払えというもの。

 被告C社は2015年時に代表だった川島淳子氏との間で、前渡金(埋立チケット購入)により契約単価1m3=1,500円で合意したと主張。C社は2015年10月、2016年1月に500万円ずつ、川島氏が代表だった(有)カワシンに前渡金として入金した。その後、川島氏とC社の一連のやりとりを、川島氏が抜けた後の大分大和経営陣が認めず、訴えに至っている。

 訴訟前の協議記録からは、大分大和関係者がC社に対し、「川島が迷惑をかけた」「御社は信頼できる取引先で、長く付き合いたい」という旨の内容も確認されていたことから、協議による解決を図ろうとしていたことがわかる。しかし、お互いの主張は平行線をたどる。やがて、過去の契約の有効性をめぐって、双方の主張が対立するようになり、2017年に訴訟に発展した。

 C社関係者は「代表が交代しても、法人同士の合意なので有効なのは間違いない。十分な引き継ぎがなされていなかった大分大和の法人組織の問題」と話す一方で、大分大和側の代理人弁護士は「前金としても不当に安い単価契約。適正な金額を求める」としていた。

 なお、同代理人弁護士によると、2017年3月に大分大和の全株式をトーヨーグループ以外の第三者に1円で譲渡した。問題解決において重要な立場にある川島氏の居場所がわからなくなることを危惧し、大分大和から必要最低限の生活費が渡されているという。

 双方、主張の渦中にいるのは、大分大和の元代表の川島氏であることには違いないが、川島氏の主張も二転三転している。川島氏が直筆で作成し、2017年8月と9月に確定日付が打たれた文書が存在する。計1,000万円の前渡金と契約単価1,500円の取り決めについて述べられた内容で、被告C社の言い分を認めるもの。加えて川島氏がトーヨー建設の岡田吉充代表から、川島氏個人を訴えない代わりに、原告に有利な証言をするように言われたことが記載されている。

 ところが、今年に入り証人として立った法廷では「C社を混乱させた」ことは認めつつも、C社が当初述べていた契約時期(2014年9月ごろ)とは異なる時期に合意したという証言を行っていた。

(つづく)
【東城 洋平】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月13日 16:51

ゲイツ1階で厳選和牛の焼肉をNEW!

 福岡市博多区中洲のランドマークの1つでもある大型商業施設「Gate’s(ゲイツ)」1階に、12月18日(水)、『和牛焼肉食べ放題 焼肉 巻次郎(以下、巻次郎)』がオ...

2019年12月13日 16:34

今年の漢字は「令」に決定~3万427票を獲得NEW!

 日本漢字能力検定協会は12日、世相を漢字一字で表す「今年の漢字」を京都市の清水寺で発表。21万6,325票の応募のなかから選ばれたのは新元号の「令和」にも使われた「...

(株)熊本清掃社(熊本)/産業廃棄物処理

 熊本清掃社は、12月10日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同13日、同地裁より破産手続開始決定を受けた。

2019年12月13日 15:50

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(1)

 2019年は消費増税対策で始まり、増税後の反動減対策で終わろうとしている。企業買収や統合・合併などの再編の動きは少なかった。担当記者に九州流通業界の5大ニュースを中...

2019年12月13日 15:13

小郡母子殺害事件、被告に死刑判決

 福岡地裁は13日、福岡県小郡市で殺人罪に問われていた元福岡県警巡査部長に死刑判決を言い渡した。

2019年12月13日 15:00

ホワイトマーク 8月、9月は新たに2社が認定

 安全衛生優良企業認定(ホワイトマーク認定)は、労働者の安全や健康確保対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善しているとして、厚生労働省が企業を認定する制...

2019年12月13日 14:28

「『本部』が勝手に発表した」!? いきなり!ステーキ

 業績の低迷が続く(株)ペッパーフードサービス(本社:東京都墨田区、一瀬邦夫社長)は、19年12月期末配当の無配修正や、収益性低下が見込まれる44店舗の撤退を決定する...

2019年12月13日 14:22

宇宙ビジネスを可能にする切り札:宇宙エレベーター(後編)

 中国は現代版シルクロードと呼ばれる「一帯一路構想」を推進している。アジアとヨーロッパ、そしてアフリカや南米にまで道路、鉄道、港湾などインフラ整備を進め、新たな巨大な...

2019年12月13日 13:40

「力貸していただかないと世の中変えられない」と山本太郎氏、神対応の動機明かす

 街頭で市民との対話を重ねるれいわ新選組の山本太郎代表は、しばしば酔客などに絡まれることがある。暴言などを吐かれても忍耐強く応じる動機について12日、栃木・JR宇都宮...

2019年12月13日 13:00

マークイズのバーゲンは元日から13日まで

 大型商業施設「MARK IS 福岡ももち」では、2020年1月1日(元日)から13日(月・祝)まで「マークイズのマークイズバーゲン」と題した初売りと冬のバーゲンを行...

pagetop