• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月16日 11:13

ホテル乱立の中洲5丁目~変貌し続けるエリア

 西日本最大級の歓楽街、中洲。飲食ビルが林立し、各店舗の電飾看板やよもやま話に興ずる人々の笑い声で煌びやかな同エリアだが、5丁目は少し異なる様相を呈している。とくに、5丁目から「昭和通り」に抜ける通りはホテル新設ラッシュが続いており、同じ「中洲」でも、その雰囲気はまったく違ったものになっている。

ホテル建設現場が並ぶ中洲5丁目の通り

「キャリーバッグが列をなす」

 焼鳥『本陣』中洲店を挟み込む格好で、大型ホテルが2棟建設中だ。同店から見て昭和通り方面で建設中なのが、客室数257室を予定する「(仮称)中洲五丁目ホテル計画」。(株)竹中工務店所有の土地を三井不動産グループが賃借し、ホテルの運営を手がける。

『(仮称)中洲五丁目ホテル計画』外観イメージ

 同店から見て、明治通り方面で建設中なのが、客室数338室を予定する「THE LIVELY HAKATA FUKUOKA(ザ・ライブリー ハカタ フクオカ)」。同所で運営されていた「IPホテル」跡地に誕生する、「ミレニアル世代(主に1980年以降に生まれた世代で、グローバルでは全人口の3分の1に達し、今後の消費の大きな一翼を担うことでも、その消費嗜好や価値観について最近とくに研究が進んでいる世代)」向けの客室も備えた意欲的なホテルとなっている。運営は、(株)グローバルエージェンツが手がける。

『THE LIVELY HAKATA FUKUOKA(ザ・ライブリー ハカタフクオカ』外観イメージ

 また、昭和通り沿いで営業していた「豊和銀行福岡支店」跡地でもホテル建設が進む。(株)日本エスコンが開発を手がける「(仮称)博多区中洲5丁目ホテルプロジェクト」がそれだ。そのお隣ではHISホテルホールディングスによる「変なホテル福岡博多」が営業中。

 中洲5丁目では、キャリーバッグを引く旅行客を目にしない日はない。そして、その傾向は、今後ますます高まっていくと予想される。

「さまざまな顔をもつエリア」

 数多の開発を経て、ホテル密集地へと変貌を遂げつつある中洲5丁目だが、もともとさまざまな顔をもつエリアだった。

 先述の『THE LIVELY HAKATA FUKUOKA(ザ・ライブリー ハカタ フクオカ)』建設地は、幕末の頃、福岡藩の精錬所の敷地内だったとされる場所だ。同精錬所は、理化学研究所としての役割を担っていたとされる。

 終戦後、「(仮称)中洲五丁目ホテル計画」建設地には、東宝が運営する映画館「福岡宝塚会館」がオープン。当時は、5つのスクリーンを展開する福岡最大の映画館として、映画好きたちから愛されていた。

 また、戦前・戦後の「石炭景気」は、中洲全体で芸者衆の活躍を支えた。中洲5丁目でも、数多くの飲食ビルが建ち並び、その面影は平成最後の年でも残っている。

川口ビル

 中洲5丁目周辺は、マンション開発地として活況を呈した時期もあった。その一翼を担ったのは、(株)ディックスクロキだった。「リバーフェイス博多(117戸)」などのマンション開発を手がけ、注目を集めた。

 時代ごとに在り様をかえていく中洲5丁目。目前に迫る「令和」の時代は、観光客が列を成す、宿泊スポットとして認知されるに違いない。

【代 源太朗】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月04日 09:30

杭に関する施工偽装!杭の不適切な切断とデータ偽装!(後)NEW!

 既製杭は工場で所定の長さで製造され現場に運ばれてくる。杭を埋設する孔を掘削した際に、想定より浅い岩盤や地中障害物などにあたり、所定の深さまで掘削できない場合がある。...

2020年06月04日 09:00

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(中)NEW!

 では、イオンがどのようにして現在の姿になったのか簡単に見ておこう。 イオンの源流の1つが岡田屋(三重県)だ。七代目である岡田卓也氏(現・イオン名誉会長相談役)が19...

2020年06月04日 07:00

“ウィズコロナ”の世界で不動産テックは根付くのか(後)NEW!

 無論、すべてがテレワークで完結できるわけではない。自社がテレワークを導入しても、取引先が対応していない場合は、どうしても来客対応やFAXで届くマイソクの確認などの必...

2020年06月04日 07:00

四国新幹線「ないのがおかしい」(後)NEW!

 四国新幹線は四国だけで盛り上がっているように見えるが、他の地域でも取り組みがないわけではない。国やJR西日本は、新大阪駅を新幹線ネットワークのハブとするため、地下に...

2020年06月03日 17:14

【コロナに負けない(45)】地域への感謝と現場の責任感。「ありがとう基金」に1,000万円~フードウェイグループ

 スーパーチェーンや精肉小売を手がけるフードウェイグループは5月28日、福岡市の「ありがとう基金」に1,000万円を寄託した...

2020年06月03日 16:40

『脊振の自然に魅せられて』「カマツカの花と感動の対面」

 雨の縦走路をさらに進む。あの花に会えるだろうか、期待が膨らむ...

2020年06月03日 16:30

【コロナと対峙する企業】日産自動車~赤字6,712億円は、カルロス・ゴーンの「負の遺産」の清算だ!「平時リーダー」の内田誠社長は「有事リーダー」のゴーン前会長を超えることができるか(前)

 日産自動車の2020年3月期の連結決算は、最終損益が6,712億円の赤字となった。経営難に陥り、カルロス・ゴーン前会長が再建にとりかかった2000年3月期の最終赤字...

2020年06月03日 15:56

日本建築検査研究所への反論~ベルヴィ香椎6番館問題

 日本建築検査研究所(以下「検査研」)からデータ・マックス(以下「DM」)にベルヴィ香椎6番館の記事についてのメールが送られてきた。以下にこのメールについて反論してい...

2020年06月03日 15:30

杭に関する施工偽装!杭の不適切な切断とデータ偽装!(前)

 Net I・B Newsでは、愛知県名古屋市営住宅において杭が施工されていなかった事例を報じたが、元杭工事関係者から杭の不正に関する情報が寄せられた。その内容は、「...

2020年06月03日 14:40

“ウィズコロナ”の世界で不動産テックは根付くのか(前)

 新型コロナウイルス(以下、コロナ)の世界的な感染拡大によって、働き方に変革が求められている。なかでも、ウイルス感染を回避しつつ仕事に取り組める手段として、テレワーク...

pagetop