2024年05月27日( 月 )

マンションの長谷工、デベロッパー事業を九州で本格始動

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

九州・沖縄を第4の主要エリアに

 東京、名古屋、大阪といった3大都市圏を主に、マンションの設計や施工から分譲・販売・管理・修繕・仲介といったあらゆる事業を展開する長谷工グループ。60万戸以上におよぶマンション施工累計実績を持つ(株)長谷工コーポレーションは、2017年4月に福岡に拠点を開設し、20名体制で九州・沖縄エリアでの活動を本格的にスタートさせた。

 「今回の福岡進出は、少子高齢化社会を見据えた長谷工グループとしての長期戦略に基づくものでもあります。東京、名古屋、大阪の3大都市圏に加え、今後は地方都市への展開が必要不可欠であるとの考えから、第4の主要エリアとしてどこが良いのかと社内で検討が重ねられてきました。その結果、グループ企業が先行して進出し、相応の活動実績を残しており、若年人口が多く活力に溢れている福岡が最適であると判断し、今回の運びとなりました」(大曽根一勝事業部長)。

 直近では福岡で2棟(「ル・クレド高取」、「ブランシエラ高宮五丁目」)、沖縄で1棟(「ル・サンク那覇西街」)のマンション開発実績を上げている。

九州事業部の皆さま

まずはデベロッパーとして基盤固めを

 九州事業部には、これまで東京、大阪、名古屋などの大都市圏で活動してきた人材が多い。だからこそ、福岡の不動産市況の“スピード感”には驚かされたという。

 「不動産の流通“量”で比較すれば、やはり東京など大都市圏の方が圧倒的に多いです。しかし、流通“速度”で見た場合、福岡のスピードはとても速いと感じます。条件の良い不動産や、関連する情報を仕入れるためにも、九州・沖縄の皆さまに長谷工グループのことを広く知ってもらう必要があります。そのためにも、まずは不動産開発で実績を残し、基盤を固め、ゆくゆくは自社で手がけた設計・施工物件の管理・リノベーション・再生事業など、住まいに関するニーズを長谷工グループで一手に担えるようになればと考えております」(大曽根一勝事業部長)。

 将来的には、ゼネコンとしての活動も視野に入れる九州事業部。九州・沖縄のまちで「長谷工」の名前を目にする機会は確実に増えていくはずだ。

【代 源太朗】

<COMPANY INFORMATION>
(株)長谷工コーポレーション 九州事業部
所在地:福岡市博多区博多駅前1-21-28 博多駅前スクエア2F
設 立:1946年8月
TEL:092-477-5445
URL:http://www.haseko.co.jp​

 

関連記事