• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月10日 10:14

ベルフェイスの中島社長に聞く(1)~営業マンが移動にかける時間は約52時間/月。オフィスにいながらどこへでも営業ができるウェブ会議システム「bellFace」

 営業に特化したウェブ会議システム「bellFace」を提供するベルフェイス(株)を代表取締役・中島一明氏が福岡で立ち上げたのは、2015年のことだ。2007年から始めた社長専門のインタビューサイト「社長.tv」を全国に広げるなかで、代理店を経由すると思ったようにインタビュー数が伸びず、自社で見つけようとインタビュー先を探しはじめたのがきっかけだった。全国に営業するために遠方まで出向いて1件1件をまわる訪問営業のスタイルは、時間も人手もかかってしまい、インタビュー先の企業を新規開拓するには限界があった。

中島 一明 氏

 そこで福岡にコールセンターをおいて1件1件の企業に電話で連絡をとり、FAXやメールを組み合わせて営業を始めた。初めて連絡をしたお客さまに、どうしたらうまく電話でコミュニケーションをとれるかを考えて工夫する毎日だった。個人むけの電話営業のノウハウをもっている企業は多いが、企業むけの電話営業はいまも多くの業界でノウハウがしくみとして共有されていない。当時、どのような方法でお客さまとコミュニケーションしたらよいかと試行錯誤しながら温めていたアイデアが、パソコンで画面を通してお客さまと商談ができる「bellFace」の誕生につながっている。

大切なのは『接続の簡単さ』と『使いやすさ』

 電話営業は顔が見えないぶん、初めて連絡をすると不審がられることも多かった。話を聞いてもらうためには、お客さまに顔を見てもらい安心してもらうことが必要だと中島社長は感じたという。また電話にFAXやメールを組み合わせても、オフィスに訪問してお客さまに会って話すときにくらべて情報が伝わりにくかった。そこで、Skype(スカイプ)などのインターネットサービスを使って、パソコンの画面で相手の顔を見ながら話す営業手法にもトライした。するとその手法がうまくはまり、1年半で全国の約6,000社との商談を実現した。電話のみで営業していたときには2年で約300社だったこととくらべると、商談数は約20倍に増えた。

 しかし使ってみたからこその欠点もみえてきた。Skypeなどのインターネットサービスは、社内会議などで使いやすいが、いざ営業で使うとなると、お客さま側にもアプリのインストールや事前の設定をしてもらう必要がある。そのため、実際の営業シーンで活用するのはハードルが高い。

 お客さまに電話営業をして、やっと話を聞いてもらえるチャンスに出会っても、すぐにパソコンを設定できなければ、せっかくのチャンスをのがしてしまう。数多くの既存サービスを試したが、いざ営業で使うとなるとお客さまに負担をかけさせるため使いやすくはなかったと中島社長は話す。誰にでも使いやすいサービスが必要と考えて、それならば自社で営業で使えるウェブ会議システムをつくろうと決めたという。

リリース3年半で、有料導入社数1,000社を突破

 インターネットがあれば5秒でつながるウェブ会議システム「bellFace」を開発したことで、電話してすぐにお客さまがパソコンなどで営業マンの顔を見ながら話を聞いてもらえるようになり、わずかな時間も商談のチャンスとして生かせるようになった。また徹底的に営業現場に寄り添った開発を行い、誰でもわかりやすく使いやすいサービスをつくったことが、大手企業をはじめとした1,000社の導入実績につながっている。

 お客さまと会って話すときのコミュニケーションに限りなく近づける工夫がいまにつながっている。いままで移動にかかっていた時間から解放されることで、営業現場での生産性向上、ひいては新たな働き方の推進につながっている。

(つづく)
【取材・文・構成:石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月19日 13:00

人間に死を選ぶ自由は存在しないのだろうか(前)NEW!

 NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」(2019年6月2日放送)を見た。ある女性が全身の身体の機能が奪われる「多系統萎縮症」という回復の見込みのない難病と宣告され...

2019年08月19日 11:26

日韓の経済力格差は?(前)NEW!

 筆者は1981年に日本に留学する機会を得た。日本は1954年から1973年までの19年間、実質GDP成長率が9.3%という驚くべき成長を記録し、いわゆる高度成長を経...

2019年08月19日 10:50

海洋資源大国・日本の生きる道:海底に眠るレアアース泥でエネルギー革命を!(後編)NEW!

 「水を制するものは、世界を制す」。これが21世紀の資源争奪戦の現実である。狭い国土に人が密集しているが、石油などエネルギー資源の乏しい国。必要なエネルギー源の9割を...

2019年08月19日 10:39

【政界インサイダー情報】カジノ管理委員会の人事等、設立の準備が進むNEW!

 政府は今秋の臨時国会において、内閣府大臣官房の指揮下、カジノ管理委員会設立に向けた人事案を提出するとのことで、来年度の具体的な実行に向け、着々と準備が整っている。全...

2019年08月19日 10:05

HIS、ユニゾHDの敵対的買収に発展~それぞれが抱える表に出せない裏事情(前)NEW!

 ホテル事業などを手がけるユニゾホールディングス(HD)は8月6日、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が実施中のTOB(株式公開買い付け)に対し、取締役会として反...

2019年08月19日 09:50

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(後)NEW!

 香港国際空港のマカオ行きバスターミナルは大陸(珠海市)方面行の団体客が溢れ、長時間の待機を余儀なくされた。この際、我々日本人には何も言わない職員が、中国人団体客に対...

「れいわ新選組」経済政策公約歩みと今後の課題NEW!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は教条主義の下で消費税増税に突き進むことは悪政の代表であると訴えた8月...

2019年08月19日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(後)

 小売業の求人募集といえば、以前はレジ後ろや店頭掲示板を使った店内掲示などが主であった。店内掲示は緊急性を要さない場合や、継続的に新規採用を続けたい場合に向いている。...

2019年08月19日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(後)

 7月10日、横浜銀行と千葉銀行が「業務提携で合意した」との発表があり、業界にインパクトを与えた。いまや銀行同士の業務提携(アライアンス)はとくに珍しくもないが、地銀...

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

pagetop