• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月14日 09:34

ベルフェイスの中島社長に聞く(5)~誰も開拓しなかったセールスのビッグデータは宝の山-データを分析・活用する時代に

人の感覚だった営業ノウハウもデータ化し、企業の資産へ

代表取締役・中島 一明 氏

 企業取引のなかでもラストワンマイルの営業の世界に、いままでにない切り込みを入れたWeb会議システム「bellFace」。商談で提案するときのトークや声のトーン、スピード、そして、提案に対するお客さまの反応はいいのか悪いのか。これまで人の感覚でしか測れなかった営業現場のノウハウを「bellFace」はセールスのビッグデータに変えた。

 「bellFace」を活用することで、営業マンはすべての商談に足を運ぶのではなく、パソコンを通じてリモートで営業を行えるようになった。

 そして、「bellFace」に実装されている機能の1つ「レコーディング機能」は、文字通り商談を「録音・録画する」ことで各企業のマネジメントや教育を支援する機能だ。結果としてこれまでブラックボックスになっていた商談をデータとして記録できるようになった。

 さらに、これからは商談でお客さまと営業マンが話した音声データも、何をいつ誰とどんな話をしたかが文字で一言一句検索できるようになるという。

 いままでは、商談で話したことは商談が終わってしまうとかたちが残らないものだったが、これからは企業が資産としてセールスのビッグデータを使えるようになる。インターネットを検索するように過去の商談の音声データを文字で調べられるようになれば、営業チームの仕事や役割分担も大きく変わるかもしれない。

 サービスや商品を売るまえのステップとして、お客さまの好みやいま売れているものを調べるマーケティングは、すでに多くの企業が購買履歴データやインターネット上の行動履歴データを使いこなして販売戦略を立てている。

 ところが、商談の現場にビジネスとして参入しているIT企業はベルフェイス(株)のほかにないという。セールスビッグデータは、他社がもっていない独自のデータだからこそ価値があるのだ。

 いままでブラックボックスと化していたセールス領域での生データはいわば「宝の山」だ。このデータを活用できる企業だからこそ、世の中になかった人の役に立つサービスを提供したいと代表取締役・中島一明氏は考えている。

「笑い」や「笑顔」から、売れる・売れないがわかる

 お客さまとの商談で、話が盛り上がってお互いが笑顔になる場面があると、お客さまとの距離が近くなるという経験は、営業マンなら誰でもあるだろう。

 ベルフェイスでは、商談の音声や映像を解析することで、「笑い」や「笑顔」がどのくらい商談の成否に相関するかがわかるようになるという。これらは数値で表しにくく、感覚でなければつかめないコミュニケーションも多い。いままで感覚的だったコミュニケーションが数値で説明できるようになるメリットは、人にわかりやすく伝えられるようになることだ。新人教育や社内の勉強会をはじめ、コミュニケーションのノウハウを営業現場で共有しやすくなることは間違いない。

セールスのビッグデータを活用する

 ビッグデータが企業の営業戦略の役に立つとはいっても、使うデータや戦略は業界や企業によって違う。ある業界で成功したセールスのプランが、ほかの業界でも同じように成功するとは限らないからだ。

 中島社長は、ユーザー企業の営業の成果を伸ばすことがベルフェイスの使命と考えており、ユーザー企業の営業戦略にビッグデータを生かせる仕組みを開発し続けている。

 たとえば、どのデータから営業の課題を解決できる情報が見つかるのかをベルフェイスはユーザー企業とともに考えて、データの読みかたや使いかたを提案していく。ビッグデータを解析して得られた商談のノウハウは、サービスを通してユーザー企業に返していきたいと考えているという。

 ユーザー企業の成功をサポートする「カスタマーサクセス」部門に手厚く投資し、ユーザー企業の成功に直結できる体制をつくっていることからも、ベルフェイスの徹底した顧客ファーストの姿勢がうかがえる。

 これまでどの企業も参入しなかったセールスのビッグデータビジネス。その領域を牽引し、世の中のビジネスに役立てたいと考えるベルフェイスには、イメージ戦略が多い世の中でも中身のあるベンチャーならではの本気の姿勢がある。

 ユーザー企業の営業戦略に役立つサービスの誕生に向けてベルフェイスは新しい取り組みをはじめている。

(了)

【取材・文・構成:石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年06月16日 07:00

ますます加速するシニアシフト 変化に対応し、価値を創造することが重要(後)

 コンビニやドラッグストアの攻勢を受けているスーパーもシニア需要の取り込みを強化している。イオン(株)は、シニアシフトを戦略として位置付け、シニア世代をG.G(グラン...

2019年06月16日 07:00

激変する情報通信業界でチャレンジを続ける 九電グループを代表するイノベーション企業(4)

 まだ完全に完了形ではありませんが、たしかにここ数年は、そういうチャレンジを行えるだけの基盤ができてきたように思います。ただ、20年間の苦労とおっしゃいましたが、実際...

2019年06月15日 07:00

ますます加速するシニアシフト 変化に対応し、価値を創造することが重要(中)

 高齢者に便利なサービスも展開し取り込みを図っている。弁当、総菜、飲料など商品を届ける「セブンミール」は、500円以上購入すると無料という手軽さで利用が増えており、6...

2019年06月15日 07:00

激変する情報通信業界でチャレンジを続ける 九電グループを代表するイノベーション企業(3)

 昨年も西日本豪雨などの大規模な豪雨災害がありました。地震などはいつ発生するかがわからないにしても、豪雨などはある程度は発生が想定できます。弊社でも災害時における基本...

2019年06月14日 21:35

【ホークス速報】乱打線の末、敗れる〜松田は2打席連続のホームラン

  ホークス4-5ベイスターズ  福岡ソフトバンクホークスは14日、横浜DeNAベイスターズと対戦し4-5で敗れた。松田が5回と7回に、6回には甲斐がソロホ...

2019年06月14日 16:50

下げ止まらない九州地銀の株価

 九州地銀18行のうち、佐賀共栄銀行だけが未上場となっている。その内訳はふくおかFG傘下銀行が4行(福岡銀行・熊本銀行・親和銀行・十八銀行)。西日本FHは2行(西日本...

2019年06月14日 16:31

【2019年6~11月】JAF九州本部、シニアドライバーズスクールを開催

 日本自動車連盟(JAF)九州本部は、身体機能の衰えが生じてくる年代(50歳以上)のドライバーを対象に実技型交通安全講習会「シニアドライバーズスクール」を開催している。

2019年06月14日 16:19

大阪G20サミットを前に加熱する米中貿易戦争:日本は仲介役を果たせるのか(前編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から...

2019年06月14日 15:57

「自民党が土木建築を切り捨てた」、山本太郎氏が公共事業の必要訴える~品川

 新党「れいわ新選組」の山本太郎参院議員は13日夜、東京のJR品川駅前で街頭記者会見を開き、自民党と土建業界が親密との印象を否定。公共事業を半減させたのが自民党政権だ...

2019年06月14日 15:08

【交通取締情報】17日、飯塚市で実施

 福岡県警は17日(月)、飯塚市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

pagetop