• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月18日 07:00

イオン九州、3社統合を延期 高コストと老朽店、喫緊の課題(2)

GMS出店、3年間凍結

 営業力強化に向け、新年度から柴田社長が営業本部長を兼務する臨戦体制を敷いたが、2カ月で撤回し伊藤文博取締役常務執行役員兼ディベロッパー事業本部長を後任に充てた。営業の意思決定を迅速化する狙いだったが、実際に滑り出して見ると、ほかの業務に時間を割かれ、兼任には無理があったとしている。

GMSの出店は3年間凍結

 今期から3年間はGMSの出店を凍結し既存店強化に経営資源を集中する。この一環で、3月下旬の「イオンモール福岡伊都」に続き、4月下旬に九州の旗艦店「天神ショッパーズ福岡」を改装した。地下1階・地上8階のうち、5階以上は福岡地所(株)にオフィスとして貸し出し、賃料を得る。2月末、イオンストア九州から土地・建物の信託受益権を101億4,700万円で取得しており、今後は賃料を支払う必要がなくなりテナントから家賃を得る立場に変わる。

本社スリム化に着手

 経費構造改革の一環として、本社組織のスリム化を進める。部門の統廃合などで本社に勤務する約500人の正社員のうち、3割に当たる約150人を段階的に店舗に配置転換し間接部門を合理化する。本社要員は社員約2,500人の2割を占め、人員配置が頭でっかちになっていた。

 店舗では夜間帯や日・祭日に人手不足感が強い。正社員をこれら時間帯に重点配置し、営業力の底上げにつなげる。パート・アルバイトに比べ人件費はかさむが、接客などのサービスを優先する。

 3社統合を見送る代わり、人材交流や生鮮、地場商材の共同購入などを通じグループの一体感を強める。前期はMV九州と60人単位で社員を相互に派遣、今期は100人規模に増やす。

 1月から佐賀県基山市にイオンフードサプライ(株)が生鮮パックセンターを開設、2社の店舗に供給を始めた。フル稼働すれば惣菜弁当に広げる。

販管費率一貫して上昇

 業績は長期低迷している。営業収益は今期で7期連続減収となる。経常利益率は13年2月期に1.13%を計上したのを最後に1%未満の低空飛行が続いている。今期も0.16%とほとんど改善されない。

 低収益の元凶は高コスト構造と老朽不採算店。前期の販管費率は33.51%で、(株)イズミの20.86%に比べ12ポイント以上も高い。イズミは分母にテナント売上が含まれるため単純比較できないが、イトーヨーカ堂の24.63%と比べても9ポイント近く高い。同社は販管費を18年2月期に前期比1.5%、19年同1.7%と2期連続で削減したものの、減収で率は上昇した。販管費率は13年の31.10%から、ほぼ一貫して上昇している。

(つづく)
【工藤 勝広】

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 20:51

福岡県が博多区の一部に高齢者等避難開始 北九州市ほか5市町にはレベル4の警戒情報発令

   福岡県は、降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっているとして北九州市、飯塚市、中間市、宮若市、水巻町、小竹町に警戒レベル4相当となる土砂災...

2019年07月18日 17:43

まちかど風景・博多区築港本町~旧・博多マリンホテルが今秋リニューアルオープン

 福岡市博多区築港本町4丁目にあった旧・博多マリンホテルが、今秋リニューアルオープンすることがわかった。

2019年07月18日 17:12

18日の日経平均株価大幅安〜終値は前日比▲422.94円の21,046.24円

 本日7月18日の東京株式市場における日経平均株価は、前日比▲422円94銭(▲1.97%)と大幅に下げ、終値は2万1,046円24銭だった。安値は2万993円44銭...

庶民の暮らし完全破壊する安倍消費税増税

 参院選に向けて安倍自公内閣は消費税増税の方針を掲げている。消費税の税率が10月から10%に引き上げられる。一部品目の税率は8%に据え置かれる。税率は10%の新税率と...

2019年07月18日 16:00

【裁判事件簿】産廃処分場の運営をめぐる保証金1億円返還請求

 広島県と福岡県の産業廃棄物処理業者2社が、山口県内で最終処分場を運営する同業者に対し、1億円の保証金返還を求める裁判が福岡地裁で進行中だ。

2019年07月18日 15:53

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(3)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(後)

 子どもが一人前の人間としての生命機能を身につけるには、長い時間がかかる。そのため両親は必死で育児を行う。ようやく、ひと安心という段階に至るまでには約10年の歳月(小...

2019年07月18日 15:35

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(前)

 1976年の創業以来、40年以上にわたり北九州エリアを中心に「資(すけ)さんうどん」を展開してきた(株)資さん(本社:北九州市小倉南区、佐藤崇史社長)が新規エリアへ...

2019年07月18日 13:52

【宇美町】人が輝き、地域が輝く 自然と賑わいが融合した町へ

  重要な交通インフラ拠点の1つ、JR香椎線「宇美駅」 面積・人口は糟屋郡で3位、炭鉱町からベッドタウンへ  宇美町は糟...

2019年07月18日 13:38

【追悼】非常に悔いが残るお別れ、松本組専務・平島義和氏

 16日午前中、松本組から「平島義和専務が急逝」というファックスが流れてきた。筆者は「嘘だろう!何かの間違いではないか」と、このファックスの内容に疑念を抱いた。なぜな...

2019年07月18日 13:22

大塚市長に聞く、新「ふるさと納税」再申請をひかえた直方市の課題と今後~福岡県直方市

 今年6月1日からスタートした、「ふるさと納税」新制度。直方市は総務省より「不適切な寄付集め」との指摘を受け、税制優遇期間が6月から9月までの4カ月に指定を受けた43...

pagetop