• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月18日 07:05

私的リーダー論(中)

大さんのシニアリポート第78回

組織(この場合は「ぐるり」)の存在と、来亭者の数を増やすためには、「ぐるり」の品目(運営の内容)を地域に知ってもらうことが肝要

講演会用ポスター

 6月8日(土)に地域にある公民館の多目的ホール(200席)で講演会を開催する。講師は、拙著『親を棄てる子どもたち~新しい「姥捨山」のかたちを求めて~』(平凡社新書)にご登場いただいた桜井政成(立命館大学政策科学部教授)さんである。今回で4回目の自主講演会である。

 なぜ「ぐるり」のような小さな組織が(それなりに大きな)講演会を開くのだろう。それは「ぐるり」の存在を住民に知ってもらうためである。年に4回発行している『ぐるりのこと』(季刊紙)も同様である。存在を知ってもらうことは、来亭者の増加(入亭料を稼ぐため)、結果として「寄付」という集金にもつながる。地域への発言力も増す。

リーダーは人がやりたがらないことを率先してやる

子ども食堂ある日のメニュー

 各種イベントの企画、出演者の交渉、市や各公的な団体などの「後援名義使用」の許可願い、援助金の申請、関係部署との関わりなどは現有スタッフに任せることはできない。広報紙『ぐるりのこと』の原稿書きは私だ。こうした煩雑な事務手続き、交渉などは適任者が不在ならリーダーの仕事となる。広報紙の発行、援助金(寄付)要請などの手紙などは私の手になる。

 リーダーは(スタッフなど)一番やりたがらないことを率先して引き受ける。「ぐるり」で最も嫌われているのが、チラシや広報紙などのポスティングである。3,000枚を各家庭に配布する。これが実に面倒なのである。はじめのころ、配布したばかりの広報紙を、私の目の前で破り捨てられたことがあった。集合住宅のポストに配布された広報紙を、ある住民がポストから取り出し、床に撒くという嫌がらせを受けた。あれから足かけ12年、『ぐるりのこと』を楽しみにしてくれる住民が増えた。配布時に、「ごくろうさま」という言葉をいただくようになった。なにごとも続けることが肝要だ。

(つづく)

<プロフィール>
大山眞人(おおやま まひと)

 1944年山形市生まれ。早大卒。出版社勤務ののち、ノンフィクション作家。主な著作に、『S病院老人病棟の仲間たち』『取締役宝くじ部長』(文藝春秋)『老いてこそ二人で生きたい』『夢のある「終の棲家」を作りたい』(大和書房)『退学者ゼロ高校 須郷昌徳の「これが教育たい!」』(河出書房新社)『克って勝つー田村亮子を育てた男』(自由現代社)『取締役総務部長 奈良坂龍平』(讀賣新聞社)『悪徳商法』(文春新書)『団地が死んでいく』(平凡社新書)『騙されたがる人たち』(近著・講談社)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月08日 13:00

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(中)NEW!

 そもそもの発端は、2015年7月大戸屋を実質的に創業した三森久実会長(当時)が57歳で死去したことだ。経営権をめぐり、久実氏の従兄弟にあたる経営陣と、久実氏の妻と息...

2020年07月08日 12:00

西日本・カンボジア友好協会の事務局業務委託先変更NEW!

 西日本・カンボジア友好協会(小林専司会長、法人会員数107団体・企業)は、新型コロナウイルスの感染拡大などにより、事務局の委託先を変更する...

2020年07月08日 11:44

中国北部でペスト感染者を確認NEW!

 中国北部・内モンゴル自治区バヤンノール市で現地の牧畜民の男性1名が腺ペストに感染していることが確認された...

2020年07月08日 11:14

九州豪雨による死者が56名に、鉄橋の崩落、停電、通信障害NEW!

 7月7日時点での九州豪雨による被災の主な状況は以下の通り...

2020年07月08日 10:55

糸島市、避難勧告を解除NEW!

 糸島市は8日午前9時、第3回災害対策本部会議を開催し、発令していた避難勧告の解除を決定した...

2020年07月08日 10:50

【九州南部豪雨】スーパー各店舗に影響 支援物資も届くNEW!

 梅雨前線の停滞による九州南部を中心とした豪雨の影響で、スーパーマーケットなど小売店舗で影響が出ている(7月7日時点)...

2020年07月08日 10:24

九州豪雨による救援要請を613件受付~JAF九州NEW!

 7月7日、日本自動車連盟(JAF)九州本部は、3日夜からの九州の豪雨によるロードサービス救援要請を613件受け付けたと発表した...

2020年07月08日 07:00

「おもしろいファースト」で取り組む 糸島のまちづくり

 いとしまちカンパニー(同)は、糸島市の活性化に取り組む西日本新聞グループ協力のもと、「オモシロイ」を楽しむ会社として2019年2月に設立...

2020年07月08日 07:00

働く場所への脱皮を図る唐津市~「唐津コスメティック構想」実現に向けて(前)

 JR筑肥線・唐津駅周辺エリアの住まう場所としての評価はどうか...

2020年07月08日 07:00

変貌しつつある大阪港~アフターコロナ時代の万博を 実現できるか?(1)

 2025年4月13日から半年間、面積約390ha(造成中)の人工島「夢洲(ゆめしま)」で、(公社)2025年日本国際博覧会協会主催の下、「2025年日本国際博覧会」...

pagetop