• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月02日 07:00

HC市場規模の比較とDIYの現状 背景にある日米のライフスタイルの違い(3)

情報発信の違い

お客は楽しい売り場を求める

 日本のHCとアメリカのそれとの違いはホームページ(HP)を見ると明らかである。まず、何といってもその楽しさである。アメリカのHCのHPには予算と時間に合わせてDIYを楽しむための情報があふれている。

 その特徴はモノを売るに加えて『コト』と『スタイル』を売るというやり方である。そこにはアマチュアだけでなく、プロフェッショナルにとっても大いに価値のある提案やデザインがこれでもかという具合に詰め込まれている。さらに商品案内、作業アドバイスなど、その顧客アプローチは日本のそれとは明らかな差がある。アメリカのHCはまさに至れり尽くせりなのだ。

 それができるのは顧客が何を求めているかを追求し、それを満たすとともに、その先のニーズや楽しさも考えてHPを構成しているからだ。プロでもアマチュアでもお客はそれを見てさまざまな情報を手にすることができる。

永遠に通用する経営モデルはない

従来型チェーンストア理論の終焉

 より多くの店を出店し、より多くの商品を売ることでメーカーや問屋に影響を与え、さらなる優位な条件を獲得して、ますますその力を強化するというのがチェーンストアの基本である。しかし、この基本が最近急激に変わり始めている。より多くの商品を売るということは同じだが、違ってきたのは多くの店を出すという部分だ。

 業態に関わらず、出店が止まりつつあるのだ。HCも例外ではない。逆に目立ってきているのはチェーンストアの閉店だ。より広く、よりたくさん、より大きくというチェーンストア理論で成長し、世界中から多くの見学者が訪れた有名小売業が今や多数の店舗の閉鎖を余儀なくされている。GAP、メイシーズなど専門店、百貨店、総合スーパーとその顔触れは多様だ。トイザらスのように全米735店舗を閉鎖してその姿を消す企業も少なくないのである。リアルからEC(電子商取引)という変化は業態の境目も消し去ろうとしているのだ。

選択の違い

 九州に11店舗を展開するハンズマンは女性や若い家族にも人気が高い。これはHCには珍しいことだ。入店口の店頭には輸入枕木、レンガ、そのほかの庭つくり用のグッズを並べ、入り口にはアウトドアガーデン関係のグッズや花、苗などを季節に合わせて楽しく展開し、それにつながるインドアガーデンの鉢植えやフェイクプラントも品ぞろえが多彩だ。

 ハンズマンの品ぞろえは決して効率的とはいえない20万品目。しかも商品はバーコード管理をしておらず、常識的に見れば無謀に近い。その理由は機械的管理ではなく、人的管理によって従業員に、より商品を知ってもらうためだという。

 バーコード管理はあらゆる業界で今や常識だ。それは商品の流れや在庫状況の把握に欠かせない。だが、そこには人を介した顧客の要望や意思は含まれない。客の店や商品に対する意思や要望を確認するには、従業員が商品を介して客と直接会話する必要がある。データと利便性が客を見えなくするという考え方だ。そのために、あえて非効率な人的商品管理と面積あたりの従業員の増加という時代と逆行する方法をとっているのだ。

 そんなハンズマンは基本的に「客の要望はたいていのことを受け入れる」ことにしている。店内に入ると天井がとてつもなく高いことに驚く。その壁面に天井の高さを利用し、売り場案内を兼ねる商品の実物を用いたパネル状のデコレートが壮観だ。

 品ぞろえ、店舗、売り場づくりのいずれもが、どう見ても効率化とは程遠い。だが、20万品目の品ぞろえは見応えがある。いわゆる「非効率の効果」だ。

(つづく)
【神戸 彲】

<プロフィール>
神戸 彲(かんべ・みずち)

1947年、宮崎県生まれ。74年寿屋入社、えじまや社長、ハロー専務などを経て、2003年ハローデイに入社。取締役、常務を経て、09年に同社を退社。10年1月に(株)ハイマートの顧問に就任し、同5月に代表取締役社長に就任。流通コンサルタント業「スーパーマーケットプランニング未来」の代表を経て、現在は流通アナリスト。

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのかNEW!

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店NEW!

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性ありNEW!

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

2019年07月17日 11:20

京楽産業.、アニメの企画・プロデュース事業に本格参入

 パチンコメーカー大手、京楽産業.(株)は、KYORAKUグループ内において、アニメ作品の企画・プロデュースを手がける新事業部門「MAGNET」を起ち上げた。MAGN...

2019年07月17日 11:09

令和新時代と太宰府

 新年号令和ゆかりの地・太宰府。令和は730年(天平2年)太宰府で行われた万葉集「梅花の宴」に由来する。本年4月1日の新年号発表以来、伝・大伴旅人邸宅跡坂本八幡宮には...

pagetop