小水力発電がつなぐ地域コミュニティの未来
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月05日 09:01

小水力発電がつなぐ地域コミュニティの未来

(株)リバー・ヴィレッジ

 九州大学工学研究院流域システム工学研究室を前身とする(株)リバー・ヴィレッジ。九州大学の卒業生を中心とする7人が、研究成果の実社会における活用と持続可能なコミュニティ形成に挑む。キーワードは「小水力発電」だ。

小水力発電で始まる地域再生

(株)リバー・ヴィレッジ 村川 友美 代表

 (株)リバー・ヴィレッジが提案する「小水力発電」は、地域固有の資源である「水」を生かしたエネルギー創出。ダムや土地の大規模な開発を必要としない小規模な水力発電は、地域の水資源を効率的に活用できる自然エネルギーだ。発電量が小さくても、低コストで実現できれば、地域に根ざした自然の恵みを地域で開発できるというところが最大の魅力だ。
 小水力発電事業において重要なのは、事業性の正確な評価だ。使用水量が確実に確保できるか、利用する水量や事業目的に、地域住民からの賛同は得られているか―。だからこそ調査・設計を慎重かつ確実に行い、関係者と丁寧に調整を進める必要がある。

 「水利権(※)を始めとする法的手続きや関係各所との調整など、1つの案件に5年以上かかるケースも珍しくありません。要になるのは適切な事業性評価です。私たちは10年後、20年後も継続可能な事業として地域の役に立つのか―その視点を大切にしています」(村川代表)。
 同社の丁寧な仕事ぶりに対する、地方自治体からの信頼は厚い。設立からわずか5年で、長期プロジェクトである小水力発電事業を10件以上(進行中のものも含む)も手がけている。精力的な活動を支えるのは、地域コミュニティに対する思いだ。

 「若年層の流出などにより、過疎集落化する市町村が相当数あります。小水力発電の設置を契機に地域住民が事業主となり、地元で雇用を生み出し、若者が故郷に残れるようにする。私たちが提案するのは小水力発電というモノではなく、過疎集落再生までを見据えたプロセスなのです」(村川代表)。

【代 源太朗】

※水利権
特定の目的のために河川の流水を排他的・独占的に利用する権利

白糸の滝Project

白糸の滝

 観光地として全国的に知名度がアップしている福岡県糸島市。同市の観光名所「白糸の滝」でも、同社提案の小水力発電所が稼働し、地域のエネルギー自給に貢献している。

 「このプロジェクトは、九大と糸島市の連携事業として始まりました。白糸の滝の最盛期は夏ですが、冬も営業しているので一定の電力需要があります。白糸は水を生かし、水にこだわってきた地域です。河川を活用した小水力発電による電力の自給自足は、地域特性との親和性も高かったと思います。白糸では住宅約10軒分相当の電力(設備容量:15kW)を生み出しています」(村川代表)。

 白糸の滝プロジェクトは反響を呼び、地方自治体や民間組織による現地視察も多い。
 「今後は地方自治体に加え、民間組織とも連携を深め、より横断的に地域コミュニティの再生に取り組んでいきたい」と意気込む村川代表。2015年12月には、エフコープ生活協同組合と共同でSeeds of energy有限責任組合を設立。再生可能エネルギーを活用した地域づくり支援事業などに取り組んでいる。そんな同社の存在は、すでに民間組織からも注目され始めている。

 「地域でのエネルギーの開発と消費という暮らしの新しい基盤づくりを通じて、人口減少・競争激化が進む社会で、1つでも多くの自立可能な集落や地域をつくり出していく。私たちは、営利企業という既存の企業観を超え、地域コミュニティを次世代につなげていくための仕事をしていきます」(村川代表)。

 九州大学発のベンチャー企業は今、社会に真に求められる新鋭企業として飛躍の時を迎えている。

白糸の滝 小水力発電PJ

白糸の滝小水力発電所

 糸島市と九州大学の連携事業として2011年より始まった『白糸の滝1、2、3夢プロジェクト』。ステップ2の発電所は、設備容量15kWで、クロスフロー水車・ペルトン水車の2タイプの水車を見ることができる。発電した電気は、白糸の滝にある食事処で利用し、余った電力は九州電力へ売電している。

設置場所:福岡県糸島市白糸
期 間:2011~2014年
業 務:流量調査、基本設計、プロジェクトマネジメント

ほかにもまだある!地域再生の実績

事例)宮崎県のとある地域
 同社が小水力発電所設置にともなう調査・設計、権利調整などを手がけ、高い事業性評価を得る。事業主となるのは高齢の地域住民だったが、1億円の融資を受けた。
 小水力発電所の運営を通じて電力の自給と余剰電力の売電を実施。売電による地域の収入は1,300万円/年に上る。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:村川 友美
所在地:福岡市西区今宿1-20-16
リサーチラボ:九州大学伊都キャンパス内 ウエスト2号館10F 1008室
設 立:2013年10月
資本金:1,000万円
URL:https://www.ri-vi.com

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月29日 09:00

根強い低価格志向、マルキョウ7品目を値下げ~主要3社食品18品目売価調査

 根強い値下げ圧力――データ・マックスが26日に調べた低価格3社の食品18品目売価によると、1月6日時点に比べ、トライアルは値上げ1品目、値下げ2品目、ルミエールは値...

2020年02月29日 07:00

2016年発達障害者支援法が改正 雇用障害者数、過去最高を更新(2)

 2016年4月に新たな障害者雇用促進法(2013年改正)が施行された。改正のポイントは3つ。(1)障害があることを理由に採用を拒否したり、低い賃金を設定したりするこ...

2020年02月28日 18:49

【新型コロナ】繁忙期真っ只中の住宅業界「在庫で対応も長期化を懸念」

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、TOTO、LIXILなど住宅設備機器の一部で納期遅延が発生したことで、地場の住宅業界でも影響が出始めた。

2020年02月28日 18:34

休校要請、対応わかれる各自治体~東京23区

 安倍晋三首相は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために全国の小中学校、高校、特別支援学校に3月2日から春休み終了まで臨時休校にするよう要請した。

2020年02月28日 18:11

【ベトナム視察記】ぼったくり額は交渉で決定~タクシー運転手

 ベトナムの移動手段として定着した配車アプリ・GRAB。今回の視察では手頃な料金と位置確認ができる安全性から日本人の間ではタクシーより利用頻度が高いことがわかった。

2020年02月28日 17:53

「まるで、政府への忖度強要だ!」イベント中止・延期要請に悲鳴を上げる九州の演歌公演業界

 安倍首相は2月26日、「全国的なスポーツ、文化イベントなどについては、今後2週間は中止・延期、または規模縮小などの対応を要請することといたします」と政府の新型コロナ...

2020年02月28日 17:29

シリーズ・コロナ革命(3)~中国人系経営者に聞く:業務減のため社員を休職に

 中国で共産党関連組織での勤務経験のあるインバウンド企業の経営者A氏に話を聞いた。

2020年02月28日 17:20

ベトナムの最前線にみる「勢い」と「現況」

 データ・マックスは2月14日から17日にかけて、近年急成長を遂げているベトナムのハロン湾(自然世界遺産)、ハノイ市街近郊を視察した。

2020年02月28日 17:14

九州地銀の株価全面安続く

 本日(28日)の東京株式市場の日経平均株価は、前日比▲ 805円27銭の2万1,142円96銭(▲3.67%)。一時1,000円を超え2万1,000円を割る局面もあ...

2020年02月28日 17:12

コロナで業界再編が加速か~学習塾業界

 安倍首相が新型コロナウイルス感染症対策として、全国小中高に休校を要請したことを受けて、学習塾各社も対応に追われている。現時点では、学生や保護者に対して予防措置を訴え...

pagetop