• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月14日 09:28

コード決済におけるクレジットカード不正対策ガイドラインを策定(前)

(一社)キャッシュレス推進協議会

新しいサービスには、往々にして即座に新たな悪用方法が生まれる。スマホを利用したキャッシュバックキャンペーンなどでQRコード決済(以下コード決済)が話題となった2018年末には、同サービスでの流出クレジットカード情報の不正利用がすぐその後追いで報じられ、キャッシュレス社会推進の腰折りを危惧させた。業界団体がガイドラインを策定した狙いはどこにあったのか。

コード決済で新たな不正が生まれた

 政府は、消費増税や東京オリンピックなどさまざまな要因を挙げ、「キャッシュレス化」を推進しており、2019年はキャッシュレス元年ともいわれている。キャッシュレスとはその名の通り現金不要の決済のこと。その範囲には既存のクレジットカードやデビットカード、すでに普及が進んでいるSuicaやnanacoなどの電子マネーも含まれる。

 そのなかでもキャッシュレスの代表格といえばコード決済。18年後半から急激な普及を見せている。起爆剤は12月4日から開始したPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」。日本中をお祭り騒ぎに掻き立てた結果、予定より大幅に早く10日間で幕を下ろした。

 幕引き直前の12月11日には、早くもネット上やメディアでPayPayを利用した新たな不正が話題となり始めた。流出カード不正利用である。

 PayPayでクレジットカードが不正に利用されているというもので、概要はすでに流出していたクレジットカード情報をPayPayアプリに登録し、不正に利用したというもの。

 PayPayアプリからの情報流出ではなかったが、カード登録の際にセキュリティコード入力の回数制限がなかったため、「カード番号」と「期限」の情報だけ入手すれば、登録成功するまで何回でも試すことができた。PayPayアプリのシステム設計が不正利用を招いたとされた。

 コード決済を使うとカード情報が流出するという誤ったイメージも一部でついたが、すでに流出していた情報をコード決済で使用したというのが真相で、カード名義人がコード決済アプリを使用することは、この不正利用には関係がなかった。

キャッシュレスを望まない国民

 「いつもニコニコ現金払い」などという言葉に代表されるように、日本人はキャッシュレスにアレルギーが強いといわれる。その場で現金払いしないことに不安や不信感をもつ。その結果、諸外国と比較してキャッシュレス化が遅れたまま改善が進んでいない。

 政府は16年に20%であったキャッシュレス比率を、27年までに2倍の40%を目指す方針としている。ペイ各社がキャンペーン合戦を繰り広げる浮揚感のなか、なし崩しにキャッシュレス化推進するのを望んでいたはずが、出端をくじかれた。

 PayPay側は入力回数の制限や利用金額制限などいくつかのセキュリティ対策を施した。改善により不正使用そのものは収まったようだが、キャッシュレスに対する不信感を日本人に蘇らせてしまった。

 4月16日、これを含め流出カードの不正利用に関して(一社)キャッシュレス推進協議会が「コード決済における不正流出したクレジットカード番号などの不正利用防止対策に関するガイドライン」を発表した。

 コード決済事業者やクレジットカード事業者などが一体となって対策が必要であり、コード決済の利便性を不当に阻害しない対策を進めたいというものだ。

 ガイドラインであるので、具体的な方策ではなく、各社で対策を進めるうえでの留意点や方向性を示すものとなっている。

(つづく)
【吉田 誠】

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 09:11

トラブル頻発が表面化した産廃業者(4)契約単価をめぐる対立NEW!

 大分市の産廃処分場運営の(株)大分大和(同市片島、根本学代表)がここ数年間で過去の取引先を相手に訴訟を頻発させている。トラブルの要因を見ていくと、経営者の交代がその...

2019年07月18日 07:00

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(後)NEW!

 グランドメゾンの特徴はその外構にあるといっても過言ではない。植栽などで深く覆われた外観は、歩行者からは一見してマンションに見えない場合もあるほどだ。たとえば百道浜O...

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのか

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性あり

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

pagetop