わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月19日 07:00

孫正義の秘密兵器~ソフトバンク300年ビジョン計画(2)

国際政治経済学者 浜田和幸

 インターネット時代を先取りした孫正義氏は数々のビジネスディールを成功させ、大富豪の地位を獲得した。2000年にはドットコムブームが到来するわけだが、その時点で彼の個人資産は全世界のインターネット関連企業の総資産の7%を占めるまでに急成長していた。なぜなら彼はインターネット関連企業100社以上に投資を重ねてきていたからである。

 当時、孫正義氏の個人資産は毎週100億ドルずつ増えていた。その結果、世界ナンバーワンのビル・ゲイツ氏を上回る個人資産の持ち主となった。しかし、その栄光の座は三日天下で終わることに。なぜなら、インターネットバブルの崩壊で、ソフトバンクの株価は90%も暴落し、彼の個人資産700億ドルは雲散霧消してしまったからである。

 しかし、孫氏は逆境に強い。厳しい事態に直面すればするほど、闘志が湧いてくるようだ。

 彼の片腕と称されるゴールドマン・サックス出身のマイケル・ローネン氏に言わせれば「マサのように恐れを知らない人物は見たことがない。彼は奈落の底から何かを見出して這い上がってくる」。実際、逆境のなかで孫氏は「アリババ」を見出し、2,000万ドルの投資で同社の株式の34%を取得した。14年後には500億ドルに大化けしたのである。

 そうした失敗と成功のジェットコースターのような人生を支えているものは何か。その深層に迫るヒントがある。彼は内外メディアによる数多くのインタビューや講演を通じて、自らの体験や未来ビジョンを語っている。筆者が注目したのは、同じ頃アメリカに暮らしていた関係で目にしたハーバード大学のアラン・ウェッバー氏のインタビュー記事である。

 それは、1992年に出された「ハーバード・ビジネス・レビュー」の「日本式経営の極意:ソフトバンクCEO孫正義に聞く」と銘打った特集であった。そのなかで、孫正義氏は「脳みそは頭蓋骨より大事だ」と語っている。どういう意味か。「脳みそのなかにこそ知恵と知識が詰まっている」ということ。「身体のなかで最も大切なものが知恵と知識」というわけだ。 

 そのうえで、彼がいうのは「自分は日本中に知恵と知識を提供するビジネスでナンバーワンになりたい。そうは言っても、知識を扱う産業は幅広い。だから、PCの世界で知識を扱う分野に特化し、そこでの日本一を目指す」。大言壮語のように聞こえるが、よく聞けば、現実的な視点も忘れていないことがわかる。そこが彼の強みである。

 当初、孫正義氏は40種類の新規事業を考えたという。彼にとっては「新たなビジネスモデルを考えることは新たなモノを生み出すこと」と同じことのようだ。それこそ、彼の趣味であり、最も楽しい時間の過ごし方なのであろう。

 とはいえ、彼がほかと違うのは、考え付いたビジネスのアイデアのなかから「自分が今後、少なくとも10年間は絶対に飽きることなく日本一の座を追求し続けることのできる事業を選び抜く」という思いで、ビジネスの可能性を徹底的に分析するという点である。そのうえで、「今後30年から50年にわたって、成長が確実に期待できるビジネスを選び出す」という自信に満ちた未来志向こそが、彼の持ち味と言っても過言ではない。

 そんな孫正義氏がことあるごとに強調するのが「300年ビジョン」である。人類と地球の300年後を常に意識しながら、最適の社会環境を整えることでビジネスを進化させるという発想である。彼が中学生のころに思い描いた「50年後の自分の姿」の拡大バージョンと言っても良さそうだ。

(つづく)

<プロフィール>
浜田 和幸 (はまだ・かずゆき

国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鐵、米戦略国際問題研究所、米議会調査局などを経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選をはたした。11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。16年7月にネット出版した原田翔太氏との共著『未来予見~「未来が見える人」は何をやっているのか?21世紀版知的未来学入門~』(ユナイテッドリンクスジャパン)がアマゾンでベストセラーに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(16)

 ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区からの朝倉市立松末小学校体育館床改修工事の寄贈を巡って、これまで15回当サイトで連載してきた。

2019年12月07日 07:00

DEVNET INTERNATIONAL 世界本部 総裁に明川文保氏が就任!(2)

 ECOSOCは14の国連専門機関、機能委員会、そして5つの地域委員会の経済、社会および関連業務を調整する主要機関です。ECOSOC設立に関する、国連憲章の第10章第...

2019年12月07日 07:00

【事業継承の教訓】ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ裁判から何を学ぶのか(中)

 吉川工務店(福岡市)のオーナーが西部ガスに会社を売却する決断をした(巷の評価では12億円内外)。絶好調の建設会社の環境も永遠に続かない。いずれ企業存続をするかどうか...

2019年12月06日 18:17

代表逮捕のガイナックスは生き残れるか

   アニメをはじめとする映像作品の企画から製作・販売までを手がける(株)ガイナックス。同社代表取締役の巻智博氏(50)が、5日、少女に対するわいせつ容疑で逮捕された...

2019年12月06日 17:05

たった10円の時給アップが大赤字を生む

 深刻な人手不足のなか、どの業界も人が集まらず、悲鳴をあげている。きつい仕事は敬遠され、「いかに楽をして稼ぐか」を仕事選びの条件にしている求職者が多いのも事実だ。

2019年12月06日 16:31

DEVNET INTERNATIONAL 世界本部 総裁に明川文保氏が就任!(1)

 国際連合主要機関の1つである国連経済社会理事会(ECOSOC)がカテゴリー1に認定するDEVNET INTERNATIONAL世界本部の総裁に、明川文保氏の就任が決...

2019年12月06日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 11月29日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援(15)~嘘が罷り通ることを許してよいのか!

 ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区からの朝倉市立松末小学校体育館床改修工事の寄贈をめぐる疑問点の1つに、当時2017-18期のLC-337A地区と地区内に設...

2019年12月06日 13:32

【凡学一生のやさしい法律学】さくら疑獄事件(4)

 「総理大臣の犯罪」。この言葉で日本国民誰もが思い出すのが田中角栄元首相のロッキード事件だろう。いまだに理解に苦しむことは、事件の端緒がアメリカ議会公聴会での証言を基...

2019年12月06日 13:00

【事業継承の教訓】ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ裁判から何を学ぶのか(前)

 マンション業界のドンであった田原學氏が難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患い、長い闘病生活を経てこの世を去った。2017年3月7日のことである。この偉人の訃報が届い...

pagetop