• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月21日 10:18

福岡の景気に傲慢な面々 耳より情報 

(1)曲がり角を認識する健全な方々

 福岡のホテル供給過多を危惧するレポートが公表されはじめた。高級ホテルのオープンもスタートしだして「供給過多の懸念」を指摘する声に納得する人々も増えてきた。そんな背景下、所有するホテル10棟を売却した経営者が現れた。

 別の話。あるサブコン経営者の見たてだ。「建設業者の無理な受注を始めたところが、目立ちだした。先行きに不安を抱いているようだ。しかし、我々、同業者は、減ることはあっても新規で拡大するところは現れていない。だから過当競争する必要はない」この2人の経営者は健全な経営感覚の持ち主だ。

(2)天下を取った気分の構造設計の若手設計士たち

 建設業の経営者が怒る。「今時の構造設計の若造たちは客を客と思っていない」

 そこには受注がたくさんあるという背景が関係している。耐震基準が厳格化され、構造設計士のなり手が少なくなったことが、その要因として挙げられる。

 「そんな短期間で設計できるものか、そんな単価でやれるか!ほかに頼め」と天下を取ったかのような傲慢さだとか。この経営者は「たいした腕もない癖に!いつかしっぺ返しを食らわしてやる」と機会を伺っている。

(3)忘年会のセールスにこないホテル営業マン

 デベの社長が首を捻る。「初夏になるこの時期には、例年必ずホテルの営業マンたちが忘年会の予約をとりにやってくる。しかし、今年は1人として来ない。不思議だ」この話を聞き、シティホテル数社を取材した。すると現時点で、かなりの数の忘年会予約が入っているとか。「決して、ふんぞりかえっているわけではありません。無理な約束をしないためです」との返事。

(4)大名界隈は歩けない

 先週土曜日、大名地区を歩いた。すると観光客が多いこと、多いこと。とても歩けた状態ではない。どうやら週末は、観光客であふれているようだ。

 平成の2回のバブル期には、こんな光景にお目にかかったことはない。こんな人通りであれば飲食店は大繁盛である。飲食店のオヤジたちは「永遠に"来客増大″」と信じているのだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop