• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月22日 15:17

2期連続減収、経常は赤字転落 グリーンコープふくおか3月期

 グリーンコープ生協ふくおかの2019年3月期決算によると、供給高は前期比1.0%減の250億9,100万円と2期連続減収、経常剰余金は7,000万円の赤字(前年度は1億500万円の黒字)となった。

 総事業高は0.9%減の254億600万円。粗利益率は26.32%と前年度並みで、経費を1.1%減らしたが、減収に追い付かず、営業利益に当たる事業剰余金は2億700万円の赤字(前年度は2億2,900万円の赤字)となった。事業外収支が悪化したため経常剰余金は赤字に転落した。

 当期剰余金は1億100万円の赤字で、累積損失は8億500万円に拡大した。

 グリーンコープは「国内素材・国内生産」を掲げる。競合するエフコープは増収だったが、高価格が敬遠され無店舗、店舗とも苦戦したもよう。

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop