わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月12日 07:04

助っ人ソフトバンク!!ヤマダと旧村上ファンド、エフィッシモの攻防戦一部始終(後)

 

 ソフトバンク・孫正義氏の『100億円への野望・まずは20億円の詰将棋』を先達てこのNETIB誌上で報告した。いよいよ20億円の詰将棋の要になるヤマダ電機を傘下にする大戦略が、具体的に展開する段階に突入するようになった。

ヤマダが反撃に転じた防衛策

yamadadenki エフィッシモからの揺さぶりに危機感を持ったのが、ヤマダの創業者である山田昇社長である。反撃に転じる。山田社長個人がヤマダ株を買い増して、2月24日時点で資産管理会社と合わせて発行済み株式の9.04%を保有していることが、大量保有の変更報告書で明らかになった。2014年9月末時点の持ち株比率は6.28%で、5カ月で3%弱買い増した計算になる。

 山田社長の買い増しが伝えられると、ヤマダ電機の株価は大幅に反発。2月26日には、前日比34円高の530円まで買われた。エフィッシモとの間で株式争奪戦に発展するのでは、といった思惑から買われた。

 3月17日、ヤマダは株主優待制度の拡充を発表した。これまでの株主優待券は2,160円(税込)以上の買い上げ1回につき1枚利用可能な優待券だった。変更策は、所有株数に応じた株主優待額が増加しているほか、保有期間に応じた株主優待制度も導入している。
 金額は100株以上が1枚(540円相当)、500株以上は2枚(1,080円相当)、1,000株以上は4枚(2,160円相当)、10,000株以上は8枚(4,320円相当)。保有期間は1年未満、1年以上継続保有、2年以上継続保有とした。
 仮に、100株を2年以上保有した場合は、株主優待券は年間5,500円となり、540円から10倍以上に跳ね上がる。大盤振る舞いの株主優遇策だ。
 言うまでもなく、個人株主を会社側につなぎとめるための防衛策だ。効果は抜群。株主優待制度を発表した翌3月18日、ヤマダの株価は高騰、年初来高値の532円を付けた。売買高は前日比4倍に膨らんだ。個人の買いが集まったからだ。

安定株主工作で持ち株比率はエフィッシモを上回る

 山田社長は安定株主工作を強化した。大量保有報告書の変更報告書によると、3月13日に、みずほ銀行他3社が7.62%を保有。3月31日には、野村證券他3社が7.70%を保有したことが明らかになった。みずほ銀行はヤマダのメインバンクで、野村證券は主幹事証券だ。銀行と証券が安定株主として、ヤマダの両脇を固めた。

 そして、エフィッシモに対する防衛策の総仕上げが、ソフトバンクとの資本提携だ。ヤマダは4,832万株の自己株式を1株471円で割り当てる。総額227億円。ソフトバンクは、ヤマダの発行済み株式の5.0%(議決権比率は6.41%)を保有する第4位の株主になる。
 山田氏と資産管理会社、ソフトバンク、みずほ銀行、野村證券を合わせた持ち株比率は29.36%。エフィッシモの議決権比率16.63%を大きく上回る。
 ソフトバンクとの提携を好感して、5月8日のヤマダの株価は大幅高。515円まで買われた。売買高は前日の8倍に達した。
 「純投資」であるなら、この株価高騰時が高値で売り抜ける絶好のチャンス。エフィッシモがヤマダ株を売却したかどうかは、今のところ不明だ。いずれにせよ、ヤマダとエフィッシモの攻防戦は、ソフトバンクの参戦で勝負がついた。

目玉商品は、ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」

 山田社長と孫社長が通信革命の盟友関係にあったとはいえ、それだけで手を組んだわけではないだろう。両氏とも冷徹な事業家だ。しっかりソロバンを弾いている。

 ヤマダの15年3月期の連結決算は、売上高が前年同期比12%減の1兆6,643億円、純利益は50%減の93億円だった。消費増税による消費意欲の低迷を背景に、パソコンや冷蔵庫などの販売が落ち込んだとしている。だが、それ以上に、アマゾンや楽天のネット通販に食われたことが大きかった。

hyou

 15年3月期は、消費増税前の駆け込み需要の反動で全店の売上は前年比43.4%減と激減しているが、他の月でも既存店の2ケタのマイナスが続いた。店の売る力が衰えた。売る力を取り戻すためには、消費者を引き付ける商材が必要だ。
 その目玉となるのが、ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」だ。ペッパーは、内臓センサーを使って人の表情や声色などから感情を推測するロボット。本体価格19万8,000円とは別に、毎月の運用費が2万6,000円かかる。昨年9月、法人向けに200台を先行販売したが、企業の要望が予想より多く、生産が間に合わない。そのため、一般販売は夏頃からから始まる予定だ。
 ヤマダにとって人型ロボット「ペッパー」は、他社にない集客力の目玉となる商材だ。ソフトバンクも、全国1,000店の直営店網は魅力だ。

 ヤマダはエフィッシモの攻勢を水際で食い止めた。次は、再生に向けてのステージに移る。

(了)

▼関連リンク
・ソフトバンク、7月より社名変更

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月08日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(3)

 このような調子でこれまでどうやって入試や定期試験をクリアしてきたのか、と学生に率直な質問をぶつけてみたことがある。そのとき、ある学生の一群(私立大)は、それは誇らし...

2021年05月08日 07:00

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(後)

 『具体的な要望としては、軽油引取税についてですね。軽油は一般的にディーゼルエンジンなどに利用されて軽油引取税がかかりますが、最終処分場で使う重機については減免されて...

2021年05月07日 18:56

【成り行き注目】(株)九設(大分)/電気設備工事ほか

 同社は、5月6日付の決済が不調に終わったことが判明した。

2021年05月07日 17:59

芝浦グループ 建築中の新本社ビルを公開

 芝浦グループホールディングス(株)は、45周年となる2022年に向けて、福岡市中央区に新本社ビルを建設している。これまで同グループが施工してきた物件のなかでも最大級...

2021年05月07日 17:52

掲載予告~山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が当社に届く

 当社児玉社長と浜崎裕治顧問宛てに、山口銀行の現役行員から4月30日付で山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が送付されてきた。詳細については来週月曜日から掲載す...

2021年05月07日 17:45

【5/30まで】国際政治経済学者・浜田和幸氏の「創作漢字書展」が開催中

 メルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏の「創作漢字書展」が東京・銀座...

2021年05月07日 17:38

イーロン・マスク氏が先導役を務めるBMIビジネスの最先端事情

 世界を騒がすことに関しては天才的な能力を発揮するのがイーロン・マスク氏である。確かに、電気自動車の「テスラ」から宇宙ロケットの「スペースX」の開発などを通じて世間を...

2021年05月07日 17:24

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(前)

 産業廃棄物を適正処理することは生活環境の保全と国民経済の発展を図るために不可欠なうえ、近年は大規模災害の多発などで被災地における災害系廃棄物の処理も大きな社会問題と...

2021年05月07日 16:53

米大手EC「iHerb」、コロナ禍で日本向けサプリの需要拡大

 サプリメント先進国である米国の大手EC・ネット通販企業「iHerb」では、サプリメントや化粧品など3万点に上る商品を185カ国、3,000万人以上の顧客に向けて、国...

2021年05月07日 16:00

【コロナで明暗企業(6)】日本製鉄と日立製作所~企業城下町の栄枯盛衰(前)

 新型コロナウイルスの感染拡大は、全国の「企業城下町」の経済に深刻な打撃を与えた。企業城下町には大企業の工場に部品を納入する下請業者、孫請業者が幾重にも連なる...

pagetop