• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月26日 13:00

熾烈さを増す延命研究競争:寿命1000歳も視野に(前編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、2019年7月26日付の記事を紹介する。


 世界に先駆け、超高齢化社会に突入する日本。年金2,000万円論争も喧しいが、安心の老後を迎えるには、何よりもカギとなるのは健全な精神と元気な身体だろう。言うまでもなく、健康長寿は世界中の誰もが望むところである。

 そんな中、「サーチュイン遺伝子」が世界的な注目を集めるようになった。「NHKスペシャル:ネクストワールド」という番組でも、大きく取り上げられたので、ご記憶の方も多いだろう。同番組によれば、「先進国の寿命は1日5時間のペースで伸びている」とのこと。このペースでいけば、2045年には平均寿命は100歳を超えているに違いない。

 このところ頻繁に話題に上る「サーチュイン」であるが、細菌からヒトに至るまで、ほぼすべての生物の中に宿っており、栄養の変化や環境が及ぼす刺激に対応し、生物の生存を保証するパワーを秘めているようだ。いずれにせよ、新たな生物学上の発見が病理学的にも注目され、肥満や糖尿病の新しい創薬として実用化が期待されているのは頼もしい限りである。

 国民の7割近くが糖尿病というアラブ産油国では、特に需要が高まると思われる。なぜなら、サウジアラビアやカタールなど金満資源大国は生活習慣病大国でもあり、日本発の健康法や先端医療への関心が急速に高まっているからだ。

 筆者も中東地域にはよく足を運んでいるが、日本食の需要は留まるところを知らない。とはいえ、カタールで案内された日本食のお店で出された「サンドイッチ寿司」には驚いた。食パンの間に刺身が挟まれていたからだ。マンゴー寿司の場合は、シャリの上に新鮮なマンゴーが載っていた。

 いずれにせよ、和食のパワーは世界を席巻している。こうした和食ブームの背景には、日本人が世界でも圧倒的な長寿を実現していることが関係しているに違いない。そこに更なる新兵器として登場してきたのが、サーチュインである。

 その背景には、「NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)」と呼ばれる、人間をはじめ全ての生き物の体内に存在している天然のタンパク質が人体の老化防止や寿命の制御に重要な役割を担っている可能性が徐々に明らかになってきたことも大きく影響している。

 NHKは番組内で名前を出さずに開発、商品化の最先端を走る日本企業を取り上げたのだが、その企業は即座に世界が知ることになった。そのため、放送翌日からは「オリエンタル酵母」社の株価が急騰したものである。

 実は、この分野での研究をリードしているのは日本人である。米国ワシントン大学の今井眞一郎教授らによる研究グループが、サーチュイン遺伝子について様々な実験を繰り返し、この遺伝子を活性化させることにより、人間の長寿命化が可能になるとの見通しを明らかにしたからである。その結果、世界中の人々がその実用化に期待を寄せるようになった。当然、各国の医薬品メーカーや食品企業、そして医療機関がこぞって新規参入に邁進している。

※続きは7月26日のメルマガ版「熾烈さを増す延命研究競争:寿命1000歳も視野に(前編)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop