わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月08日 10:47

松尾建設社員による暴行事件の被害者、補償受けられず

 仕事場で取引先の社員から暴行を受けた男性が労災保険を受けられないまま、半年以上が経過している。今年4月に報じた総合建設業「松尾建設(株)」(佐賀市)の社員が起こした暴行事件はまだ終わっていなかった。(詳細はコチラ)暴行を受け負傷した事実は明らかで、医療機関の診断書も揃っているが、なぜか男性の雇用主が労災の申請書を提出していないという。「なぜ速やかに対応してくれないのか」――男性は憤る。

 昨年11月、同社北九州支店の40代社員が、福岡県飯塚市の施工現場で別会社から派遣された建築士Aさん(男性50代)に暴行を加えた。加害者は今年3月、罰金10万円の略式命令を受けていた。

 その後、事態は収まるかに見えたが、Aさんによると、労災申請をめぐり、松尾建設とAさんの雇用主である建築士の派遣会社「アーキ・ジャパン(株)」(以下、アーキ社)が手続きを進めず、十分な補償が受けられていないという。

 被害を受けたAさんは施工現場での勤務中に暴行を受け、その時の怪我と後遺症で現在も体調が優れない。Aさんは「労災と認定されるはずだ」とし、補償を求めてアーキ社に相談した。通常なら、雇用主が速やかに労基署に報告したうえで、労基が調査に入り、認定するか否かを判断する。

 Aさんは暴行を受けた後、アーキ社へ報告を入れており、アーキ社は少なくとも数日後には事態を把握していた。しかし、いくら待っても、労基署からAさんに連絡が来なかった。アーキ社が事故発生を知りながら、労基署へ報告をしていなかったためだ。Aさんの指摘を受けて、アーキ社は今年6月に労基署へ報告したというが、時間が経過しすぎており、労災認定されない可能性もあるという。

 労災により対象者が4日以上休業した場合、雇用主は「労働者死傷病報告」を遅滞なく提出するよう規定されている。昨年11月の事件発生当日にアーキ社はAさんから報告を受けており、速やかに労基署への報告をすべきだった。

 松尾建設の動きも不可解だ。事件直後は「誠意をもって対応する」としていたが、対応が変わる。暴行事件として、社員が罰金命令を受けたにも関わらず、松尾建設側は「個人間での衝突」として、労災としては認めていないという。

 事件後の対応について松尾建設に質問状を送ったところ、「個人のプライバシーに係る内容でもあり、個別の回答は差し控えさせていただきます」として、労災については言及しなかったが、「これまで早期解決に向け、誠意をもって対応いたしており、今後もその姿勢に変わりありません」と回答している。同じくアーキ社に対しても、質問状を送ったが、回答はないままで事実上の取材拒否である。

 通常なら事件化するほどの事象でもない。Aさんが事件後の松尾建設の対応に不信感を抱いたため、示談交渉の継続を拒否。刑事事件として、罰金命令が下った経緯がある。今後Aさんは松尾建設と加害者個人に対し、賠償を求める予定だという。

※本稿掲載後、アーキ社より以下の内容の回答書が届いた。
「弊社顧問弁護士と相談の上、関係法規に従い適切な処理を行っております。なお、これ以上の回答につきましては対応致しかねます」

【東城 洋平】

▼関連リンク
松尾建設社員が施工現場で暴行 起訴される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月20日 10:28

海洋資源大国・日本の新たな船出(後編)NEW!

 近年、世界各国の研究機関や企業は二酸化炭素の削減技術やCO2の固定化技術の開発にしのぎを削っている。これまでも藻類を活用したCO2の固定化や藻類バイオマスの研究開発...

2020年01月20日 10:19

筑邦銀行がSBIホールディングスと資本業務提携(前)NEW!

 第一地銀の筑邦銀行(福岡県久留米市)は1月17日、、ネットで証券・銀行・保険業務を幅広く手がけているSBIホールディングス(以下、SBIHD)と、地方創生を目的とし...

2020年01月20日 08:53

オフィスランドが「第2回大文具まつり」~3月20、21日北九州市小倉北区でNEW!

 大平紙業グループの文具専門店、オフィスランドは3月20日(金)~21日(土)、北九州市小倉北区の西日本展示場で「第2回大文具まつり」を開く。

2020年01月20日 07:00

多くの大手ハウスメーカーとスクラムを組み月間1,000棟を手がける九州トップの足場会社NEW!

 「BIKE MEN style」(ビケメンスタイル)。筋骨隆々の若者が表紙を飾るどこかのマニアックな情報誌かと思えば、それは意外にも(株)ダイワが制作した雑誌スタイ...

2020年01月20日 07:00

愛され続けて36年 不動産のプロとして顧客をサポートNEW!

 イタリア由来のデザイン、最新の住設備を取り入れた自社ブランドマンション「モントーレ」シリーズで好評を得ている西武ハウス(株)。その始まりは1983年8月に現代表の豊...

2020年01月20日 07:00

汗を流して挑戦し、短期間で急成長 アジアの物流網を駆使し事業領域拡大へNEW!

 福岡ロジテム(株)は2005年、東京の上場物流企業である日本ロジテム(株)と福岡のコバヤシライン(株)が九州エリアの強化を目的に共同で設立した。代表取締役社長を務め...

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

pagetop