• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月15日 07:15

百貨店としての本流を守り、進めていく(後)

(株)井筒屋 代表取締役社長 影山 英雄 氏

代表取締役社長 影山 英雄 氏

百貨店の本流・本道を歩み続ける

 ――お客さまからの大きな支えがあることは、何よりの原動力ですね。

 影山社長 百貨店・井筒屋としての商品展開と価格帯、そしてサービスなどMDにおいて「百貨店らしさを追求していく」そして「地域密着を徹底しましょう」、この2つを礎に事業をつくっていくことに尽きます。当社が進出するまで小倉の街には百貨店がなかったのです。

 1935年7月に当時小倉市長であった神崎慶次郎氏が、「百貨店がない街は、街と呼ぶにはふさわしくない」として、神崎市長が経営しておりました旅館『梅屋』を差し出していただき、呉服店『井筒屋』を経営していた住岡由太郎氏との共同出資により、当地に初めて百貨店が誕生いたしました。その当時の創業への想いが、当社の原点です。まさに原点回帰する時期であるかと存じます。

 当初は、町名からとった『寶屋』を商号とする予定でしたが、住岡氏が「呉服店を廃業する。出資をして百貨店業に捧げたい。井筒屋の屋号は残してほしい」として現商号が続いております。先人の並々ならぬ情熱が伝わってきます。

 ――東京・名古屋そして京阪神(京都、大阪、兵庫・神戸)とは違う、地方都市としての百貨店の価値創造についてお聞かせください。

 影山社長 地方都市、北九州・小倉地区には富裕層のお客さまがたくさんおられます。ご存知の通り、北九州は、官営八幡製鐵所が操業し、当時日本の基幹産業である鉄鋼で産業界をリードしてきました。石炭産業も盛んであった当時の北九州は、国内経済をけん引する存在でした。それらの関連する企業の継承者が、現在も地域で活動されております。その方々との接点を大切にして、当社をご贔屓にしていただけることです。その1つとして、いわゆる“外商”をより強化してまいります。これまで以上の人的な関係性を密接にしていくようなサービスを実践いたします。

 そして本館6階家庭用品売り場の一角に『Kitakyu Columbus(きたきゅうコロンブス)』と名付けたコーナーを展開しております。小倉および北九州近郊では“ものづくり”に励んでおられる方々─工芸品、陶芸品、衣料品、食品など幅広いジャンルで“ものづくり”で地域に貢献されている方々がたくさんいらっしゃいます。その方々と連携して売り場をこしらえました。現在約70名の作家の方々と契約し、さらにその方々がお知り合いを紹介くださり、ご縁の輪が広がっております。

 また、作家の方々の年齢層は、比較的若い世代の方々が多く占めております。その若い世代の感性が生かされることで、同世代のお客さまにもお越しいただける機会を創出しております。今後は物販だけでなく、若い方々の感性を前面に出した企画やイベントを探っていきたいですね。

 ――Kitakyu Columbus(きたきゅうコロンブス)は、どこにもない百貨店としての新たな情報発信となりますね。

 影山社長 そうです。以前は、その作家の方々のところまで出向いて購入されていたものが、「井筒屋で買えるようになった」となりまして、作家の方々と当社にとって良好な成果を上げる情報発信となっております。

 ――今期から新たな中期3カ年計画を実施されます。それを鑑みながら、5年後、10年後の御社の将来像をお聞かせください。

 影山社長 前述させていただきました、「百貨店らしさの追求」と「地域密着を徹底しましょう」の2つを遂行していくことです。これ以外ありません。「百貨店らしさの追求」は、当社にお越しいただくお客さま、外商のお客さまとのご縁を大切にすることです。百貨店の本流に沿う、つまりお客さまとリアルに向き合って、お客さまの声に耳を傾けて、井筒屋としてのMDを基準にしてソフト・ハードを整えて、サービスを展開していくことです。この理念は、何年経過しても不変です。

 井筒屋という百貨店にお越しいただき、心から楽しんでいただき、「また来よう」となるような空間を創造するために、日々の仕事に汗水を流し、収益を上げて、より発展するための投資ができる経営を行っていきます。近時の試みとして、本館1階をコスメティック関係のMDに統一致しました。若年層を中心としたお客さまが増加するなど、前年より約10%入店客数が増加しております。

 また、ハウスカードのご利用も若い世代の方々が増加傾向です。この流れを大切にして、より強化していきます。ポイントは、ラグジュアリーブランド、コスメティック、そしてインテリアです。インテリアについては、リニューアルして現在のトレンドに沿ったMDを展開しております。これまで以上に、百貨店だから買える商品・サービスそして空間を提供していきます。また、同業他社はインターネット関連での事業展開や不動産関連など事業の多角化を行っておりますが、当社はそれを目指すことはありません。これまで行ってきた百貨店業の本流を歩んでいくのみです。

(了)
【文・構成:河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)NEW!

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)NEW!

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

pagetop