• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月21日 07:00

HIS、ユニゾHDの敵対的買収に発展~それぞれが抱える表に出せない裏事情(後)

澤田氏の痛恨事、50億円の投資詐欺事件

 澤田秀雄氏が、ユニゾHD採りに動いたのは、ある不祥事の汚名返上と受けとられた。

 大型リゾート施設ハウステンボス(長崎県佐世保市)は5月21日に臨時株主総会と取締役会を開き、澤田秀雄社長(HIS社長)の退任を決定、澤田氏は代表権のない会長に退いた。

 澤田氏の退任のために臨時株主総会を開いたわけだから、事実上の解任といえる。M資金まがいのリクルート株50億円投資詐欺事件が関係しているとみられた。

 澤田氏が50億円の詐欺被害に遭った事件とはこういうものだ。昨年2月、HTBで金に裏付けられた電子通貨(テンボスコイン)を企画した際、金の調達を一手に引き受け、澤田氏に高く評価された金取引会社社長・石川雄太氏のもとに、こんな話がもちかけられたことがきっかけだった。

 「リクルート創業者の江副浩正氏が安定株主対策として預けた株が財務省に大量に保管されている。財務省とリクルートの承諾があれば、ワンロット50億円といった大口に限り、市価の1割引き程度で供給される」といった内容。

 瞬時に5億円の利益がもたらされる。およそ眉唾ものの話だが、よほどセールストークがうまかったのか、石川氏はワンロットの購入を決め、澤田氏に相談して資金提供を受けた。

 リクルート株投資は昨年5月から3回に分かれて行われたが、そもそもが詐欺話。50億円を騙し取られてしまった。

 石川氏は18年11月、約58億円の支払いを求めて、投資話に関与した8人を東京地裁に提訴した。現在公判中だ。その石川氏に50億円を提供したのが、HTBの澤田秀雄氏だった。

 東証上場へ向けて準備を進めているHTBとしては、詐欺被害の原資が、澤田氏の要請でHTBから出ていることは、上場審査が不合格にされかねない不祥事だ。

 澤田氏は3月1日、HIS株120万株を売却、約53億円を得て、HTBに返済。HTBに実害はなかった。

 旅行業界の“風雲児”と賞賛されてきた澤田氏にとって、50億円の詐欺被害に遭ったのは、実業家人生の最大の汚点となった。「詐欺師に手玉に取られるとは、澤田氏もヤキが回った」と評価を下げた。

 「投資家・澤田、健在なり」。それをアピールするため、ユニゾHDのM&Aを仕掛けた。「ホテル王」への野望を達成できるだろうか。

ユニゾ、米ファンドをホワイトナイトに招く

 ユニゾHDは8月16日、HISから仕掛けられた敵対的TOBへの対抗策を発表した。

 ソフトバンクグループ傘下の米国の不動産投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループがホワイトナイト(白馬の騎士、友好的な第三者の買収者)としてHISのTOB不成立を担う。

 発表によると、フォートレスは最大でユニゾHD株を100%買い付ける。買い付け価格は1株4,000円。HISのTOB価格3,100円を29%上回る。投資額は最大で1,368億円にのぼる。買い付け期間は8月19日から10月1日までを予定。全株を取得して上場を廃止する。

 フォートレスはソフトバンクグループが17年に3,700億円で買収し、傘下に収めた。09年以降、東京ディズニーリゾートにあるシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルなどに約6,000億円を投資した。

 ユニゾHDはHISに対抗するため水面下でホワイトナイトを探していた。企業や投資ファンド16社と接触。最終的に4社が残ったが、「フォートレスは当社の経営方針を尊重しており、オフィスビルやビジネスホテルへの投資の豊富な実績がある」ことから、フォートレスに絞り込んだと説明している。

 今回のM&Aのポイントは、フォートレスが全株取得して、ユニゾHDを上場廃止にすること。ユニゾHDは旧興銀(現・みずほ銀行)系の不動産会社。同じみずほ系の不動産会社ヒューリックなどが対抗TOBを実施して、みずほ系不動産会社の再編につなげるのではないか、という観測があった。

 だが、ユニゾHDの小崎哲資社長は、古巣のみずほとは犬猿の仲。「脱みずほ」を推し進めてきた。フォートレスをホワイトナイトに招いたのは、HISの買収を防ぐのと同時に、非上場化して、みずほのくびきから抜け出すことにある。力点は明らかに後者。「脱みずほ」の総仕上げだ。

 みずほ時代に、「二重持株会社」や「1兆円増資」という奇策でみずほを救った小崎氏ならではの大胆な策だ。希代の策士と評される小崎氏の面目躍如である。

 HISはTOBを8月23日まで実施中。期間を延長して、TOB価格を引き上げるのか。

 ユニゾHD株の2~3割を保有しているとされるみずほグループ系の企業は、フォートレスのTOBに応じて全株を売却するのか。それとも、売却に応じず、TOBの不成立を狙うのか。取得株式が3分の2を下回ると、TOBは不成立となるからだ。

 キャスティングボードを握るのが、ユニゾHD株の9.9%を保有している「物いう株主」の米エリオット・マネジメント。フォートレス=ユニゾHD側のTOBに応じ高値で売り抜けるのか、HIS側にTOB価格の大幅な引き上げを求め共闘するのか。あるいはフォートレス側のTOB不成立に手を組み、みずほ側に貸しをつくるのか。TOB期間の10月1日まで、それぞれの思惑が交差して、虚々実々の駆け引きが繰り広げられる。

(了)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

(株)じゅう(福岡)/マンション分譲ほかNEW!

 同社は、2月24日、福岡地裁より破産手続開始決定を受けた。

2021年03月09日 17:33

【3/13】「吉塚市場リトルアジアマーケット」グランドオープンNEW!

 博多区の吉塚商店連合組合は昨年12月1日、「吉塚商店街」を「吉塚市場リトルアジアマーケット」としてリニューアルオープンさせた。同マーケットは老朽化したアーケードの改...

2021年03月09日 17:22

積水ハウス、吉崎執行役員が退任NEW!

 積水ハウス(株)は4日、執行役員の異動を発表した...

2021年03月09日 17:13

コロナで明暗企業~日本たばこ産業(JT)が日本から脱走(1)NEW!

 日本たばこ産業(JT)は本社機能をスイスに移転する。たばこ事業は、国内はJT本社、海外はジュネーブに拠点を置くJTイーターナショナル(JTI)が担ってきたが、来年1...

2021年03月09日 17:00

新型コロナワクチン接種の死亡事例、因果関係を「評価不能」と報告NEW!

 自民党は3日、新型コロナウイルスに関するワクチン対策プロジェクトチーム(PT)の会合を自民党本部で開催した。その報告内容を以下に紹介する...

2021年03月09日 16:35

カーボンプライシングを検討、炭素税やCO2排出量取引の導入を視野に~環境省NEW!

 環境省は2日、「カーボンプライシングに関する小委員会」を開催し、炭素税の導入やクレジット取引などの導入について議論した。年内に方向性を取りまとめる...

無理のない経営戦略、顧客の立場で 物事を考える柔軟性を兼ね備えた企業NEW!

 (株)タイヘイの販売力の源泉は社員だという。たとえば、誰もが認める人柄の良さは、マンション販売において大きな強みだ。いうまでもないがマンションや住宅は、顧客にとって...

中小企業の課題・問題解決で成長 IT化支援で顧客サポート力を強化NEW!

 ビジネスにおける企業の成長は、多くの顧客を獲得し、その顧客からいかに長く支持され続けられるかにあるといえる。その根源となる力の1つが、顧客の抱える課題や問題を解決す...

2021年03月09日 15:24

【凡学一生の自戦体験記3】警察官の身分証明方法も問題NEW!

 南署の警察官が、「正式な手続きをして出直してくる」と捨て台詞を吐いて立ち去ってから1週間が経った。その間、凡学の携帯電話に非通知着信が2度届いた。非通知着信に応じる...

2021年03月09日 14:59

巨大地震とマンションの耐震性NEW!

 間もなく東日本大震災から10年となります。ニュージーランドでは2011年2月22日にクライストチャーチ市付近でM6.3の地震が発生し、日本人留学生を含む185人の死...

pagetop