• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月19日 16:04

NHK抜本改革が必要不可欠であるという真実 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回はNHKの放送を最低限に圧縮し、労働コストを適正化するべきだと訴えた8月14日付の記事を紹介する。


 「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏が参議院議員に当選し、同党が政党要件を獲得したことを契機にして、NHK問題に対する主権者の関心が高まっている。

 本ブログ、メルマガでは4月25日付記事に
「御用NHKが震撼「NHKから国民を守る党」大躍進」
「御用機関に成り下がる「NHKをぶっ壊す!」」
を掲載した。

 NHKが「公共放送」としての役割を果たしているなら受信料徴収の義務化はあり得ない選択ではない。英国のBBCは公共放送と位置付けられ、受信料支払いは義務化されている。しかし、日本のNHKは「公共放送」ではなく「御用放送」に堕している。

 このNHKの受信料支払いの義務化は適正でない。現状を是正するには二つの方法がある。第一は、NHK放送を適正化すること。そのためには、NHKのあり方を定める放送法を抜本的に改正する必要がある。

 第二は、NHK放送をスクランブル化することだ。NHKと受信契約を締結した人だけがNHK放送を視聴できるようにする。つまり、NHKとの受信契約締結を「任意制」に移行させるのだ。

 日本国憲法は基本的人権を財産権として保障している(第29条)。同時に、思想及び良心の自由を保障している(第19条)。NHKとの放送受信契約を強制し、受信料支払いを強制することは違憲である疑いが強い。最高裁が合憲の判断を示しているが、最高裁自体が政治権力の支配下に置かれており、最高裁の判断が法理上の絶対基準にはならない。

 私たちは裁判所判断を「一つの判断」として相対化する必要がある。戦後民主化の過程で、抜本的なNHK改革が試みられた。このNHK改革が実現していたなら、NHKの御用放送化は防げたはずである。

 日本の戦後民主化が実行されたのは1945年から1947年前半までの1年余の極めて短い期間だった。この短い期間に日本国憲法が制定された。その憲法が施行されたときには、すでにGHQの占領政策の基本方向は転換していた。いわゆる「逆コース」に転換したのである。

 NHK改革の根幹は、NHKを政治権力から切り離すことだった。しかし、この改革は中断され、結局、NHKを政治権力の支配下に置く法体系が整備された。この法制化を実現したのが吉田茂内閣である。

 NHK法体系のどこに問題があるか。根幹は二つだ。

 第一は、NHKの人事権が政治権力に握られていること。

 第二は、NHKの予算承認権が国会に置かれていること。

 これが、NHKが「御用放送」になる必要条件だ。しかし、これだけではNHKは「御用放送」にならない。十分条件が必要だ。それは、内閣がNHKを支配する意思を持ち、権力を濫用することだ。安倍内閣はこの十分条件を満たし、結果として「あべさまのNHK」が形成されている。したがって、放送法を改正して、NHKを政治権力から切り離すことがひとつの対処法になる。NHKを「公共放送」の担い手として存立させるには、この方法を採るしかない。しかし、現状ではその法改正はまったく道筋が立たない。

※続きは8月14日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」「N国の是非でなくNHK現状の是非が重要」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月01日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(後)NEW!

 新幹線を所管する国土交通省鉄道局は、「現時点で、整備新幹線のスキームを見直すことは検討していない」という。新幹線整備にともなう地元負担をめぐっては、過去にもいろいろ...

2020年06月01日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(後)NEW!

 福岡市においては高島宗一郎市長が19年4月の市長会見で、スーパーシティ構想への意欲を示している。

2020年05月31日 07:00

ストラテジーブレティン(252号)~「コロナパンデミック中間総括」(後)

 コロナ以前から3つの歴史的趨勢が起きていた。1. ビジネス、生活、金融、政治のすべてを覆いつくすIT・ネット・デジタル化、2. 財政と金融の肥大化による大きな政府の...

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

pagetop