わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月20日 09:52

西日本新聞の柴田建哉社長殿、貴方は社を復活させる覚悟がありますか?(2)

生きるためには迅速さが求められる

 弊社発刊のI・B2019夏季特集号のタイトルを要約すると「激変時代・生滅の分かれ目は?」というものになる。「時代にどう適応する組織が発展していくのか、どのような判断ミスをしたものが消滅するのか」というテーマに沿って記事をそろえた。

 「すばらしいタイトルをつけたものである」と自己陶酔していたのだが、編集から印刷、発刊までの3週間での世の中の激変ぶりを目の当たりにして狼狽えるばかりだ。

 アメリカVS中国・ロシア同盟との核戦争勃発のリスクが高まった。日韓の政治対立はインバウンドの先行きを暗くしている。日本の人口減少速度は異常に速い。各地方ではさまざまな支障・歪みが発生しだした。

 柴田社長殿!!新聞を必要としない層が格段のスピードで増えていますぞ!

 「改革・改革」と空念仏を唱えていても事態は悪化するばかりです。さあ、どういう覚悟で臨みますか?状況はお互い様、我々も迅速に対応しないと消滅する運命が待ち構えています。

貴社の広報マンは何様か!

 柴田社長!おそらく耳に入っていなかったと思いますので、経緯をお知らせしましょう。このシリーズを企画し、事前に秘書室経由で柴田社長への取材申し込みを行いました。その後、問い合わせをすると広報部からメールが届きました。その内容は「秘書部から用件は引き継いだ。取材項目を教えていただきたい」というものでした。

 早速、取材項目をメール送信。その後、返答がないので再度、メールで「いつ取材できるのか?」と問い合わせると「現時点でコメントするものがないからお断りする」というので、勝手に取材して連載を始めた次第です。

 この広報担当者は記者の経験がないのか!取材する者は断られれば、意地になって取材し、核心レポートを作成するものである(もちろん柴田社長の指示とは思いませんが――)。

 一昔前は経営者たちの間に次のような格言があった。

(1)金融機関とは低姿勢で付き合うこと
(2)新聞社・調査会社を敵に回すな!
(3)しっかりした弁護士を掴まえること

というものである。

 今の時代、新聞社も調査会社も経営者たちから一目置かれる存在ではなくなったことは認識すべきだ。

 この時代錯誤の広報マンの配置換えを行うのが、柴田社長の身のためだと御忠告します。今後、首切り、給料カットという決断が迫られる事態となったとしましょう。この広報マンのような連中は掌返しで会社の悪口(経営者に対する)を公言しはじめるはずです。

所詮、書き屋は評論家に過ぎない

 この広報マンも西日本新聞社の看板を盾にして「自分は偉いんだ」と錯覚している。しかし、社の看板がないと何もできない輩である。

 記者の使命は十分に理解している。優秀な記者諸君は使命感をもって記事発信に励んでいるのだが、社を退職してまで情報発信を生涯の使命とする者は稀有である。そのクラスの記者は御社では1割しか存在しないと思うが――。所詮、評論家集団なのだ。

 筆者は記者レベルまでは到達できなかった。表現を換えれば「ふつつかな情報営業マン」と自己規定している(営業実績では年商1億3,000万円を超えていたのは自慢であるが――)。それでも筆者は本質において評論家の域をでていないと自己分析する。

 設立25年を迎え、経営者として、いかに時代の激変に対応するかを不眠不休で考えている。だが、後手後手になっているのが現実だ。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月26日 13:57

山本太郎氏が都知事選擁立を「一切聞いてない」、長妻発言に敬意と警戒

 立憲民主党の長妻昭選対委員長が7月5日投開票の東京都知事選にれいわ新選組の山本太郎代表を野党統一候補として擁立する可能性に言及したことについて、山本氏は24日、「そ...

2020年01月26日 07:00

フットワークの良さを武器に100周年を目指す老舗企業

 福岡地区で老舗として知られる博多電設工業(株)は、1936年11月に西嶋要次郎氏が西嶋電気商会として創業した電気工事業者である。54年1月に(有)博多電設鉱業所とし...

2020年01月26日 07:00

福岡の街づくりに青春を全力投入されたら如何ですか

  福岡では天神再開発、博多周辺開発で中心部の街づくりが進行している。博多の街は1587年に豊臣秀吉による区割りで現在の基盤が形成された。そして第二次世界大戦で度重な...

2020年01月26日 07:00

お客さまの健康を第一に考え『最善主義』を貫く健康食品業者

 東京製薬(株)は2016年11月に設立された医薬品および健康食品の製造販売業者。代表取締役社長を務める森本匡豊氏は薬剤師の資格をもち、主に高齢者を対象に、古くから生...

2020年01月25日 15:56

「メイト黒崎」が自己破産~負債総額約25億円

 北九州市の商業施設「クロサキメイト」(北九州市八幡東区)を運営する「株式会社メイト黒崎」は、下資料の通り、1月24日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し、同日付で保...

2020年01月25日 07:30

国内中核港をより進化させ地域活性化に挑む

 博多ふ頭(株)は、1993年4月に設立された港湾企業である。福岡市が51%、地元の海運会社など港湾業界関係企業が49%出資した第3セクターである。“管理型から経営型...

2020年01月25日 07:00

企画・開発・販売、そして管理まで 高価値マンションの提供により安定成長を実現

 競合他社を見るのではなく、常に顧客を見る。そうしたスタンスで実に手堅いビジネスを繰り広げているのが(株)ネストだ。2007年の「ネストピア大濠公園」を手始めに、現在...

2020年01月25日 07:00

マンションベースにさまざまな建物を企画 運用では新サービスにも挑戦

 2012年3月の設立から投資マンション「モダンパラッツォ」を供給してきた(株)モダンプロジェ。設立からわずか7年半にも関わらず、10月末時点で100棟(木造含む)の...

2020年01月24日 18:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~ゴーン効果

 日本の刑事司法の違法性・犯罪性が外国からの情報によって次々に世界に発信され始めた。日本国民はいつも最後に真実を知らされる破目になっている。

2020年01月24日 17:13

東京・有楽町のランドマーク「東宝ツインタワービル」が解体へ

 東京都千代田区有楽町にある「東宝ツインタワービル」が、建替えにともなう解体工事に着工したことがわかった。 同ビルは1969年5月開業。屋上に見える2基の屋上広告塔...

pagetop