• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月23日 07:00

直面する人手不足と採用 解決のカギは健康経営(後)

東宝タクシー(株) 代表取締役社長 大野 慶太 氏

健康経営の成果は?

 タクシー運転手は、座る時間が長く、夜中にまとめて食べるなど不規則な食生活になりやすく、入社して半年から1年で体重が増えてしまうこともある。だが、毎日、出発する前に自分の体重を測ることで、食生活を気づかうようになる。健康に気を付けるようになることで、「体調が悪くならないように防ぐ」効果が少しずつ出ている。

 また食生活のサポートをすることで、血圧が高いと医者から言われている人が、血圧を下げられるように後押しできている。禁煙したいけれども、なかなか止められないと健康のことが気になっているができていないと感じる人の「背中を押す」こともできているという。

 同社が健康経営に取り組んでいるのは、事故を防ぐためでもある。タクシー運転手が「安全」のカギを握るためだ。だが、「健康」に関心のある人とない人のギャップが大きく、健康に関心がない人に興味をもってもらうことは今もなお課題だ。

 健康を害すると交通事故につながることから、「事故を防ぐ」ために健康管理に取り組んでいることを社員に伝えて、理解してもらえるように努めている。禁煙できた人の成功事例を掲示するなど、前向きに取り組んでいるが、人の意識を変えるのはすぐには難しい。時間をかけてじっくりと進めていくと大野氏は話す。

 健康のことは、禁煙でもそうだが、成功体験を共有するのが一番良い方法だという。たくさん歩いた人を表彰する、野球部の活動を積極的に支援するなど地道な取り組みを進めている。

働きたい人が集まる会社をつくる

 今のタクシー業界は、深刻な人手不足のため、タクシーを利用したい人が待っている場所に必要な台数を配車できていない。ニーズがあるのに満たせていない機会損失を解決するため、採用活動にも工夫を重ねている。

 そのためには、「この会社で働きたい」と思ってもらうことが大切だ。健康経営に取り組むことで、社員を大事にしているというメッセージを伝えることができる。会社がどのような経営をしているかという評判は人から人に伝わるものだ。だから、働きたい人が集まる会社がいい会社だと大野氏は話す。健康経営に前向きに取り組んでいることなど、企業としての考えを前面に出すことで、共感する人に働いてほしいと大野氏はいう。人あってのタクシーなので、このビジョンは揺らぐことはない。

その人ならではのサービスができる企業でありたい

代表取締役社長 大野 慶太 氏

 運転手が直接乗客とコミュニケーションをするのは、公共交通機関ではタクシーだけだと大野氏は話す。タクシーの運転手は顧客と話すため、乗る人の運命を変えることもあるという。ATMに行きたいという人の話を聞いて、振り込め詐欺を毎月のように防いでいたり、沖縄県浦添市の光タクシーの運転手は、自殺しようとした人の兆しを察知して防いだという事例もある。だから、これからの時代は、人を乗せて運ぶことから、人ならではの「コミュニケーション」や「地域インフラの活性化」に事業の軸を移していく。

 これから車の自動運転が広がっても、高齢者や障がい者の乗り降りを手助けする「介護タクシー」や子育て中の人や子どもの送り迎えをサポートする「子育てタクシー」など、人が役割を担うサービスを続けていきたいという。

 今のタクシー利用者は高齢者が多く、病院や買い物に行く時の手伝いや付添い、声かけなど、人だからこそできるサービスのニーズが高まってきている。これらのニーズを満たせるようにしたいと考えており、この意味でも、これからも健康経営の方針を変えることはない。そして、コミュニケーションのサービスをさらに広げるため、顧客の声などから今まで気付かなかったニーズを探っている。

 一方で、人と対面するタクシーのサービスを、付加価値のあるものとして差別化することはほとんどできていないのが現実だ。タクシー業界は国が運賃を定めていることや、タクシー運転手は運転だけが仕事という意識を、「人とコミュニケーションする仕事」に変えることも大きな課題だ。すぐに変えられることではないが、これから目指す方向性を見つめて、時間をかけて取り組んでいきたいと大野氏は話す。

(了)
【石井 ゆかり】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:大野 慶太
所在地:神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2-6-27
設 立:1953年6月
資本金:1,000万円
売上高:(18/3)7億8,600万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年09月23日 07:00

「価格」「機能」「素材」がキーワード~イオンPB「ホームコーディ」

 「HOME COORDY(ホームコーディ)」は、イオンのホームファッションのPB(プライベートブランド)。ホームコーディは、シンプルで飽きのこないデザインをコンセプ...

2019年09月22日 07:00

ラグビー・イタリア代表チーム、福岡市内の小学校で交流イベント実施

 ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場しているイタリア代表チームは本日(22日)、ナミビア代表チームとの初戦を迎える。

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(4)

 地球上の生命は水を介してすべてが循環している。この水の流れを滞らないようにすることが、生命体である人間にとっても地球にとっても欠かせない。水そのものを大切にするのは...

2019年09月21日 07:00

【9/28】横断歩道のルールを学ぶ~横断歩道マナーアップキャンペーン2019

 日本自動車連盟(JAF)福岡支部は9月28日(金)、エルガーラ・パサージュ広場(福岡市中央区)で「横断歩道マナーアップキャンペーン2019」を開催する。

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(3)

 欧米の水メジャーが仕掛ける大規模な水ビジネスのなかで、日本は単なるパーツの提供、納入業者の地位に甘んじてきた。言い換えれば、最も儲かる水道事業の管理、運営の部分はこ...

2019年09月20日 17:10

トランプ大統領が狙う北方領土カジノ構想(後編)

 筆者は以前、自著『ハゲタカが嗤った日』(集英社インターナショナル)で、イ・アイ・イ・インターナショナル社長・高橋治則氏のことを書いた事がある。彼は「日本のドナルド・...

2019年09月20日 16:37

【交通取締情報】9月24日、北九州市八幡西区とみやま市で実施

 福岡県警は9月24日(火)、北九州市八幡西区とみやま市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年09月20日 15:22

えんHDの新本社ビル「えん博多ビル」で上棟式

 (株)えんホールディングス(えんHD)が福岡市博多区住吉で建設中の新社屋「えん博多ビル」で20日、上棟式が行われた。同社の原田社長が関係者や近隣住民へ感謝の辞を述べ...

2019年09月20日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 8月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年09月20日 14:33

地域との共生のため~しっかりとした顧客対応が必要に

 暑さも峠を過ぎて朝晩めっきり涼しくなり、野菜を植えるシーズンの到来となった。私もわずかばかりの畑にシソ、ピーマン、大根、キャベツ、白菜、人参、ジャガイモ、ニンニク、...

pagetop