• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月23日 16:56

意外と守られていない道路法とそのワケ

 車両は普通車両と特殊車両に大別され、ある一定の基準(サイズや重さなど)を超えた車両は特殊車両とみなされる。トレーラーや海上コンテナ、クレーン車などがその代表だが、このような特殊車両が自由に道路を走れるかといえば、そうではない。

 道路は公共のものであり、特殊車両が通行することで路面に破損が生じるほか、事故が起きれば重大事故につながりかねない。行政はどの特殊車両がどこを走っているかを把握しておく必要があるため、許可制度を設けている。それが道路法で定められた「特殊車両通行許可制度」である。特殊車両を走行させる場合は道路管理者に申請し、手数料を納付。許可証が交付されれば、それを車両に携帯しなければならない。
詳しくはコチラ→特殊車両通行許可制度について

※クリックで拡大

 実際の申請状況はどうなっているのか――。特殊車両を走行させている九州地方の企業5社について、九州地方整備局に対し各社の「特殊車両通行許可証」の開示を求めたところ、2社は通行許可が確認できたのに対し、ほか3社は「文書不存在」で申請を行っていないことがわかった。サンプル数は少ないものの、ルールが徹底されていないことはたしかなようだ。

 運送や建設の業界団体で周知活動を行うなど、いまや常識となっている制度ではあるが、コンプライアンスの観点からはまだまだ普及は進んでいない。近年、道路管理者や県警などの合同取り締まりが強化されているが、違反が発覚しても口頭での注意や文書指示にとどまることが多いという。是正されないと罰則が適用されるが、全国的にみてもそのような事例は聞いたことがない。

 このような見えない部分にこそ、企業倫理が表れるのだろうが、上述のように申請はタダではない。使用台数やルート数によって申請手数料は異なるが、一度の申請に「数十万円かかる」と答えた企業もあった。

 ある企業経営者はこう語る。「これだけの費用をかけて許可を取っても、正直あまり意味がない。取り締まりが厳しくないので、取得していなくても何ら変わらない。次は更新しないと思う。」――あくまでルールはルールだ。遵守するのが当然ではあるが、道路の保全など本来の目的を果たそうとするなら、取り締まりの強化は必要だろう。

 一方で、申請から許可証の交付まで数週間かかることも問題視されている。突発的な仕事の受注で特殊車両を走行させなければならない場合も出てくるが、許可証の交付を待つわけにはいかない。当然、許可証なしでの走行をせざるを得ない状況も発生する。こんなとき、取り締まりに遭ってしまうのは「運の尽き」というしかないのか。

【東城 洋平】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月01日 09:00

NTTとトヨタ自動車の業務資本提携で動き出す「スマートシティプラットフォーム」NEW!

 3月24日、NTTとトヨタ自動車(株)との業務資本提携の締結が発表された。両社は「スマートシティ構想」の実現のため、プラットフォームを共同で構築・運営する方針だとい...

2020年06月01日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(後)NEW!

 新幹線を所管する国土交通省鉄道局は、「現時点で、整備新幹線のスキームを見直すことは検討していない」という。新幹線整備にともなう地元負担をめぐっては、過去にもいろいろ...

2020年06月01日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(後)NEW!

 福岡市においては高島宗一郎市長が19年4月の市長会見で、スーパーシティ構想への意欲を示している。

2020年05月31日 07:00

ストラテジーブレティン(252号)~「コロナパンデミック中間総括」(後)

 コロナ以前から3つの歴史的趨勢が起きていた。1. ビジネス、生活、金融、政治のすべてを覆いつくすIT・ネット・デジタル化、2. 財政と金融の肥大化による大きな政府の...

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

pagetop