• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月27日 14:34

中国経済新聞に学ぶ~「90後」若者 節約して投資(前)

 「90後(1990年代生まれ)といえば、金遣いが荒く、毎月の給料をその月にすべて使いはたす、『月光族』だ」。親世代の多くの人や、70後(1970年代生まれ)、80後(1980年代生まれ)の目には、90後のお金の使い方は、典型的な「若気の至り」タイプにみえるが、本当にそうだろうか。

 中国新経済研究院が支付宝(アリペイ)と共同で7月29日に発表した「90後蓄財報告」によると、90後の92%が「毎月、お金が残る」といい、80%は「残ったお金を資産運用に回している」とした。アリペイ傘下の資産運用商品「余額宝」(ユアバオ)とクレジットサービス「花唄」の90後の利用状況をみてみると、余額宝で毎月稼ぐ金額は、平均すると花唄で利用する金額の4.5倍になる。また90後は親世代よりも10年早く資産運用を始めているという。

得する機会は見逃さない貯めたお金は余額宝や投資へ

 1990年生まれの李耀さんは、大学院を修了し、働き始めてもうじき4年になる。この間に18万元(約270万円)を貯めたほか、投資してギターショップも開いている。

 李さんは、「働いて1年目の収入は12万元で、そのうち4万元を貯めた。その頃の出費は、毎月1500元の家賃のほか、小型車の維持費用、彼女と食事したり映画を見たり服を買ったり。正月には両親に1万元あげた」と話し、どうやってお金を貯めたのかとの質問には、「少しでも得をする機会があれば絶対に見逃さなかった」と答えた。

 李さんは、「たとえば食事に行くならまず(生活情報サイトの)大衆点評網で割引きや団体購入があるかどうかをみる。映画に行く時は映画カードを買い、優待価格の上にさらに会員割引きを利用する」と説明。李さんは同年代の若者と同じようにトレンドを追いかけるのが好きで、アディダスの「イージー」もナイキの「エアジョーダン」も何でも持っているが、「そんなに買っていない。経済的に可能な範囲内で1年に買うのは1足だけ」といい、貯めたお金は余額宝に回すという。

 収入が増えると、李さんは残ったお金を他の投資ルートに回すようになった。現在投資しているギターショップは、開店から2年が経つ。李さんは、「今年は黒字になりそうだ。これに毎年貯めてきた給料の一部を合わせて、別の投資をしてみようと思う」とうれしそうに話した。

 支付宝によると、李さんのような余額宝と花唄を同時に利用する「宝唄青年」を見ていてわかるのは、使うより貯める方が多いということだ。彼らの消費は世間で思われているよりもっと理性的で、調査研究では90後の90%が、「生活必需品以外のものを買う時は、経済状況をよく考えることにしている」と答えている。しかし一方で、自分を向上させるためなら出費をいとわない一面もある。過去1年間に90後が花唄を利用して教育類の商品やサービスを購入した金額は前年比87%増加した。

 また、90後は非常に細かくそろばんをはじく。調査研究によると、90後の90%が、「花唄を利用するのはクレジット消費が目的ではなく、節約と得をするのが目的」と答えた。90後の多くが、「まず花唄の限度額を利用して消費し、手元のお金は貯金に回す。こうすれば1カ月分の収益を余分に手にすることができる」と述べた。ネットユーザーによると、「90後が8元の送料や15元の会費を惜しむことで、人気検索ワードになるのももっともだ。どうやら細かく計算しているようだ」という。

(つづく)


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
■(株)アジア通信社
所在地:107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop