2024年04月14日( 日 )

久留米市の外郭団体理事、酒気帯び運転の疑いで逮捕

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 福岡県警は9月1日、酒気帯び運転の疑いで、(公社)「久留米広域勤労者福祉サービスセンター」の常務理事で事務局長を務める深川弘成容疑者(63)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は9月1日午前11時52分頃、飯塚市片島2丁目付近の道路において、酒気を帯びた状態で自動車を運転したというもの。アルコール検査の結果、呼気1Lあたり0.38mgのアルコールが検出された。

 同センターの職員によると、9月2日に家族から連絡があり事案が発覚。その後、本人から理事長に対し、正式な報告を行ったという。今後の処遇として、常務理事と事務局長職については解任の手続きを進めており、後任の人事は「現在人選中」としている。

 同センターは中小企業の福利厚生(主に給付金関係)を取り扱う久留米市の外郭団体。深川容疑者は久留米市職員を歴任し、退職後、今年6月から同センターの常務理事および事務局長を務めていた。

【長谷川 大輔】

関連キーワード

関連記事