• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月13日 17:40

9万人の救世主となるか~女性の復職サポート会社

■女性の職場復帰における理想と現実

代表取締役 田中 彩 氏
代表取締役 田中 彩 氏

 結婚、妊娠、出産とライフステージが変わるタイミングで離職する女性は以前より減ってはいるものの、第1子の出産を機に4割強が離職(国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査(夫婦調査)」/2016年)と、まだまだ多いのが現状だ。実際、就労希望があるけれども、求職活動をしていない育児期女性の数は、福岡県では4万人、九州では9万人にのぼるという。(2017年就業構造基本調査/総務省)

 ライフステージが変わった女性の職場復帰は、想像以上に難しい。たとえば、子どもが生まれることによって環境や求める労働条件などが変わる見えやすい変化に加え、長期間現場を離れることで自信を失い、再就職する気力すらなくしてしまう女性が多いためだ。

 どうすれば女性のスムーズな職場復帰を実現できるのか。二の足を踏む女性たちを支援・サポートするため、講座やイベントを開催している会社がWork Step(株)だ。2012年に田中彩さんがNPO法人ママワーク研究所として立ち上げ、人材マッチングにも関わりたいと株式会社化した。

 田中さんはベンチャー企業で総務部長を務めていたバリキャリ(バリバリのキャリア女性)だったが、出産を機に退職。子育てをしながら、産業カウンセラー、社会保険労務士、簿記や秘書検定などの資格を取得した。

 しばらく子育てに専念した後に職場復帰したが、子育てと仕事の両立は難しく、体調を崩したためにやむなく退職。悩んだ末に、「同じような悩みを持つ女性がいるのでは」と、子育て中の友人たちにアンケートを取ってみた。すると、退職前に培った能力やスキルを生かせないでいる復職希望者が半数以上もいることがわかったのだ。こうした女性たちと職場復帰における「現実」のミスマッチを解消するために設立したのがママワーク研究所だった。

■ユニークなネーミング戦略~「ママドラフト会議」

 最初に取り組んだのは、仕事を希望する女性への情報提供と自信を回復するための支援だった。Work Stepの支援で特徴的なのは、働く側(女性)だけでなく雇う側(企業)にも積極的にアプローチしたことだ。たとえば「御社にぴったりの人材がいるが、『週3出勤』『短時間正社員』でないと継続して就労することが難しい。何とか対応していただけないか」と打診する。いわば「スキルと経験をもった優秀な人材」と、企業とのマッチングで、眠っている人材の掘り起こしは、人口減少が確実な日本において今後も需要が拡大するとみられている。

 「ママドラフト会議」「ママボランチ」など、ユニークなネーミングが多いのも、戦略的な取り組みだ。女性の職場復帰には男性の協力が必要なため、もっと興味をもってもらおうと、男性メンバーも交えて知恵を絞り野球やサッカー用語からヒントを得た。

 NPO法人として取り組んだネーミング戦略・草の根ネットワークのベースを生かした、こうした取り組みは注目を集めており、メディアで取り上げられることも増えてきた。9月には地上波とBSで同社が紹介される予定だ。

【鍬原 幸恵】

▼関連リンク
テレビ東京 チェンジ・ザ・ワールド―未来を築く志―「子育て中のママの就職支援」 2019年9月15日(日) 17時15分~17時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月20日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(1)NEW!

 2015年4月1日に誕生した機能性表示食品制度は、それまでの「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」の行政主導の動きから、官邸主導の決定となり、食品の機能性表...

2019年10月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(4)NEW!

 関電の取締役会は機能不全となってしまった。かかる場合、虞犯取締役は辞任する他なく、また、関電は直ちに仮役員の選任を裁判所に申請し、適法な取締役で構成された取締役会に...

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

pagetop