• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月17日 14:40

電撃的なヤフーによるZOZO買収の主役 孫正義が範を垂れた「これがM&Aだ!」(前)

 電撃的なヤフーによるZOZO買収の主役は、ヤフーの親会社であるソフトバンクグループの孫正義会長兼社長だった。アスクルの買収で不始末を仕出かしたヤフーに「これぞM&Aだ!」と極意を伝授したのである。

孫氏がゲストとして登壇

 ソフトバンクグループ(SBG)の傘下のヤフーは9月12日、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOを子会社化すると発表した。ZOZOに対してTOB(株式公開買い付け)を実施し、過半数の株式取得を目指す。

 TOB開始は10月上旬を予定。1株あたり2,620円で、発行済み株式の50.1%を上限に買い付ける。総額は4,007億円になる見込み。

 ZOZOの創業者の前沢友作氏は発行済みの株式の約37%をもつが、約30%を売却し、経営権を手放す。前沢氏は同日付でZOZO社長を退任し、後任に沢田宏太郎取締役が就いた。

 10月に社名を「Zホールディングス」に変更するヤフーの川邊健太郎社長とZOZOの前沢友作ファウンダー、沢田宏太郎新社長兼CEO(最高経営責任者)の共同記者会見に、孫正義SBG会長兼社長がゲストとして登壇。ZOZOのTシャツを着た孫氏と前沢氏の2ショットが翌日の紙面を飾った。主役は孫氏である。

「ヤフーとZOZOと提携してやってみるか」

 孫氏と前沢氏の会見模様は、すぐにネットで取り上げられた。孫氏はこう語っている。

 前沢君に前から親しくて。もう本当に経営者としても、1人の男としても、僕の大好きな前沢君が「孫さん、ちょっと話があるんだ」ということで「相談に乗ってください」と。

 「なに?」って聞いたら、「新しい人生をもう一度過ごしたいんだ」と、こういう話でありました。「えっ、どういうこと?」って聞いたら「月に行くんだ!」と。「えっ?」と。「月に行くのは雑誌で読んで知ってるけど、どういうこと?」って聞いたら、「もうZOZO社長は引退して、そして新しい人生を過ごしたいんだ」ということでありました。

 「え、じゃ会社はどうすんの?」「そこで相談なんです」ということになったんですけれども。いろいろ話を聞いているうちに、「そうか、じゃあヤフーとZOZOでなにか提携してやってみるかね」という話を一緒にしたら、「それがいい」と。「ぜひそういうことで、ヤフーとZOZOと一緒になって力を合わせて、これから第2の飛躍をするようにやっていきたい」

「そう、わかった」と。

 孫氏は前沢氏をヤフーの川邊健太郎社長に紹介したという。

ヤフーの手法に異を唱えた孫氏が模範を見せた

 孫氏の発言は、側にいる川邊氏に聞かせたかったものであろう。

 ヤフーは子会社のアスクルと対立の末、8月にアスクル創業社長・岩田彰一郎氏と岩田社長を支持したという理由で、3人の独立社外取締役の解任に踏み切った。独立社外取締役の最大の責務は、支配的な大株主から少数株主の利益を守ることにある。気に入らないからと、そのクビを大株主自身が切るのはタブー中のタブー。これが、大問題に発展した。

 ことの重大さに、親会社のSBGは孫氏のコメントを発表した。

 「孫個人は投資先との同志的な結合を何よりも重視するため、今回のような手段を講じる事について反対の意見を持っておりますが、このたびの件はヤフーの案件であり、ヤフー執行部が意思決定したものです」

 さらに、決算説明会で、この問題について質問されると、孫氏は「私が裏で引いたとか、忖度させた覚えはない」と怒りを爆発させた。

 ヤフーの大チョンボに、M&A(合併と買収)は、「相手先との友好な関係があってこそうまくいく」と、ZOZOの買収をまとめた孫氏は範を見せたのである。

(つづく)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)NEW!

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”NEW!

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop