• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月17日 16:42

凸版印刷が仕掛ける「キャンパスラボ」とは何か?(前)

凸版印刷(株)

 凸版印刷(株)には、「キャンパスラボ」というユニークなプロジェクトがある。ミスキャンパスの女性(学生)がメンバーとなり、社会課題に主体的に取り組むプロジェクチーム。10代・20代の若年層のマーケティングから商品開発、PRやプロモーション立案まで一貫して考え、企業や自治体と共創し課題を解決する。同社はなぜ、キャンパスラボをプロデュースするのか。キャンパスラボは何をつくり出してきたのか。九州、福岡で新たなコラボは実現するのか。

中山柚希さん(凸版印刷社員、左)と糠信ひなのさん(駒沢大学学生、右)
中山柚希さん(凸版印刷社員、左)と糠信ひなのさん(駒沢大学学生、右)

イチジク製薬とコラボし、便秘解消の啓発活動を実施

 キャンパスラボ(以下ラボ)の発起人であり、代表・プロデューサーを務める中山柚希さんは、青山学院大学学生のころ、自らミスキャンに出場した経験がある。その結果、惜しくもグランプリを逃した。「悔しさや自分への嫌悪感などに悩まされた」そうだ。そんなとき、たまたま企業と一緒に商品開発をする機会があり、社会人とビジネスとして関わっていくなかで、「女性視点を活用した課題解決という新たなチャレンジの場に立つことができた」と振り返る。

 2015年3月、都内のミスキャンパス(以下、ミスキャン)などに声をかけ、7名のメンバーでラボを立ち上げ、このときから凸版印刷(株)(以下、凸版印刷)のオフィスを借り、同社のプロジェクトとして活動を始める。同社のサポートのもと、初代リーダーとして、自治体や企業と共創し、若年層向けの商品開発や啓発プロモーション企画など、さまざまなプロジェクトに携わった。

 その学生時代にイチジク製薬(株)と取り組んだ「カラダの中からキレイラボ」では、若い人に向けたセルフケアとして、「便秘」を問題提起し、早く治す大切さの啓発活動を行った。メンバー自身、開始時点では便秘解消に対する意識はそれほど高くなく「そもそもなぜ便秘を解消する必要があるのか?」という疑問を薬剤師にぶつけるところから企画がスタートした。

リアルターゲット、インフルエンサーの視点で伝える

2016年1月、キャンパスラボが企画した便秘解消啓発アドトラックに自ら乗車し、啓発活動を行った
2016年1月、キャンパスラボが企画した便秘解消啓発アドトラックに自ら乗車し、啓発活動を行った

 薬剤師と話をしていくなかで、実は子どもの便秘が社会問題になっていることや、若い女性でも便秘を「自分ごと化」していない人が多いこと、自分が便秘だと気づかず放置している人がいることがわかった。また、便秘が「肌の調子」や「体臭」にも強くかかわっていることを知り、「便秘解消や腸内環境を整えること=美容に関わること」も含めて、「カラダの中からキレイ」になることの重要性を実感した。

 その後、メンバー自身が1日に1.5Lの水を飲むなど自ら腸内環境改善チャレンジを行って発信したり、女性が楽しく便秘解消に取り組むための便秘解消スムージーレシピを研究したりと、同世代にどのようにして伝えていくかを考え、実行した。

 さらに、若い世代が目に留める、人に話したくなる便秘解消啓発アドトラックを企画し、メンバー自らがアドトラックに乗車し啓発活動を実施。それまでSNSなどに登場する機会が少なかった「イチジク浣腸」に関する情報を拡散。メディアなどにも取り上げられるようになった。

 「単にSNSなどを使って呼びかけをするのではなく、ミスキャンが本気で社会課題を学び理解し、リアルターゲットかつインフルエンサーの視点で、わかりやすく、若い世代に興味をもってもらえるかたちで伝えていくことがラボのこだわりであり、強みだ」と話す。

 ラボの活動は順調に拡大していった。その活動によって、中山さんは自分の視野を広げることができ、周りのメンバーの成長や変化を肌で感じ、より多くのミスキャンにラボを通してやりたいことを見つけてもらいたい、女性が楽しく輝けるきっかけをつくる仕事をしていきたい、と思うようになった。卒業が近づくにつれ、「卒業後もラボの活動を続けたい」という思いが強くなり、凸版印刷への入社を考え始めた。学生団体に場所や時間を貸す懐の深さに魅力に感じ、自分のやりたいことを実現するための場として同社を選び、入社した。

(つづく)
【大石 恭正】

CAMPUSLAB
代 表:中山柚希(なかやま・ゆずき)
凸版印刷(株)情報コミュニケーション事業本部ビジネスイノベーション推進本部 事業創出推進部(同社の新規事業として運営)
所在地:東京都新宿区西五軒町13-1
URL:http://www.campuslab.jp/


<COMPANY INFORMATION>
代 表:麿 秀晴
所在地:東京都千代田区神田和泉町1
創 業:1900年1月
資本金:1,049億円
売上高:(19/3連結)1兆4,647億5,500万円
従業員数:5万1,712名
URL:https://www.toppan.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月01日 17:48

福岡で人気のお弁当をドライブスルーで提供~医療施設への寄付も

 福岡の外食、食品販売企業の有志で構成する「ドライブスルーふくおか実行委員会」が、5月30~31日、お弁当の提供サービス「ドライブスルーふくおか in PayPayド...

2020年06月01日 17:32

新型コロナウイルスの患者が首都圏で急増(前)

 前回の記事で、梨泰院(イテンウォン)のナイトクラブ発の新型コロナウイルスの感染拡大で、韓国政府が神経を尖らせていることにはすでに触れた。 5月28日、新型コロナウイ...

2020年06月01日 17:07

【福岡県】北九州市以外の外出自粛要請、休業要請を解除

 福岡県は6月1日から北九州市を除く地域での外出自粛要請、休業要請を解除した。しかし、依然として感染リスクがあることから以下の対応を行う...

2020年06月01日 17:02

(株)豊田ほか1社(東京)/寿司店チェーン「寿し常グループ」運営

 同社と関連の益子食品(株)は、6月1日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。破産手続き申請の準備に入った...

2020年06月01日 16:36

九州地銀の20年3月期決算を検証する(2)

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の当期純利益順位表である。 ~この表から見えるもの~ <1位~9位> ◆1位は福岡銀行...

2020年06月01日 16:29

【銀座・秋葉原・渋谷・東京など】賑わいを取り戻しつつある東京~エリアごとの違いも

 政府は5月25日、新型コロナウイルス感染拡大にともなう緊急事態宣言を東京など主要都市でも解除した。4月7日の宣言から約7週間、企業、店舗、自治体、教育機関など多くの...

2020年06月01日 15:33

新型コロナウイルスで工事現場は変わるのか(前)

 建設業界に目を向けると、感染拡大の発端となったのが「世界の工場」中国だったこともあり、建築資材の流通が一部で停滞。工事を中断せざるを得ない現場が頻出した...

2020年06月01日 14:30

【政界インサイダー情報】安倍政権急激な支持率低下で内部崩壊の危機

 過去なら支持率回復のターニングポイントになる筈のコロナ"緊急事態宣言の解除会見"と自信満々のそれに対する"二次補正予算"内閣決定会見...

2020年06月01日 14:00

ふくや、アイスキャンデーに大腸菌検出で自主回収

 (株)ふくやは29日、同社が販売する「アルプスアイスキャンデー ミルク味」の一部商品に微量の大腸菌群が検出されたとして、対象商品牡の自主回収を行うと発表した...

2020年06月01日 13:18

福岡の中学校、高校 新型コロナウイルスの影響による修学旅行の見通し

 今年度の修学旅行実施の見通しについて、福岡市立中学、福岡県立高校、県内の私立高校の担当者に聞いた...

pagetop