• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月17日 16:42

凸版印刷が仕掛ける「キャンパスラボ」とは何か?(前)

凸版印刷(株)

 凸版印刷(株)には、「キャンパスラボ」というユニークなプロジェクトがある。ミスキャンパスの女性(学生)がメンバーとなり、社会課題に主体的に取り組むプロジェクチーム。10代・20代の若年層のマーケティングから商品開発、PRやプロモーション立案まで一貫して考え、企業や自治体と共創し課題を解決する。同社はなぜ、キャンパスラボをプロデュースするのか。キャンパスラボは何をつくり出してきたのか。九州、福岡で新たなコラボは実現するのか。

中山柚希さん(凸版印刷社員、左)と糠信ひなのさん(駒沢大学学生、右)
中山柚希さん(凸版印刷社員、左)と糠信ひなのさん(駒沢大学学生、右)

イチジク製薬とコラボし、便秘解消の啓発活動を実施

 キャンパスラボ(以下ラボ)の発起人であり、代表・プロデューサーを務める中山柚希さんは、青山学院大学学生のころ、自らミスキャンに出場した経験がある。その結果、惜しくもグランプリを逃した。「悔しさや自分への嫌悪感などに悩まされた」そうだ。そんなとき、たまたま企業と一緒に商品開発をする機会があり、社会人とビジネスとして関わっていくなかで、「女性視点を活用した課題解決という新たなチャレンジの場に立つことができた」と振り返る。

 2015年3月、都内のミスキャンパス(以下、ミスキャン)などに声をかけ、7名のメンバーでラボを立ち上げ、このときから凸版印刷(株)(以下、凸版印刷)のオフィスを借り、同社のプロジェクトとして活動を始める。同社のサポートのもと、初代リーダーとして、自治体や企業と共創し、若年層向けの商品開発や啓発プロモーション企画など、さまざまなプロジェクトに携わった。

 その学生時代にイチジク製薬(株)と取り組んだ「カラダの中からキレイラボ」では、若い人に向けたセルフケアとして、「便秘」を問題提起し、早く治す大切さの啓発活動を行った。メンバー自身、開始時点では便秘解消に対する意識はそれほど高くなく「そもそもなぜ便秘を解消する必要があるのか?」という疑問を薬剤師にぶつけるところから企画がスタートした。

リアルターゲット、インフルエンサーの視点で伝える

2016年1月、キャンパスラボが企画した便秘解消啓発アドトラックに自ら乗車し、啓発活動を行った
2016年1月、キャンパスラボが企画した便秘解消啓発アドトラックに自ら乗車し、啓発活動を行った

 薬剤師と話をしていくなかで、実は子どもの便秘が社会問題になっていることや、若い女性でも便秘を「自分ごと化」していない人が多いこと、自分が便秘だと気づかず放置している人がいることがわかった。また、便秘が「肌の調子」や「体臭」にも強くかかわっていることを知り、「便秘解消や腸内環境を整えること=美容に関わること」も含めて、「カラダの中からキレイ」になることの重要性を実感した。

 その後、メンバー自身が1日に1.5Lの水を飲むなど自ら腸内環境改善チャレンジを行って発信したり、女性が楽しく便秘解消に取り組むための便秘解消スムージーレシピを研究したりと、同世代にどのようにして伝えていくかを考え、実行した。

 さらに、若い世代が目に留める、人に話したくなる便秘解消啓発アドトラックを企画し、メンバー自らがアドトラックに乗車し啓発活動を実施。それまでSNSなどに登場する機会が少なかった「イチジク浣腸」に関する情報を拡散。メディアなどにも取り上げられるようになった。

 「単にSNSなどを使って呼びかけをするのではなく、ミスキャンが本気で社会課題を学び理解し、リアルターゲットかつインフルエンサーの視点で、わかりやすく、若い世代に興味をもってもらえるかたちで伝えていくことがラボのこだわりであり、強みだ」と話す。

 ラボの活動は順調に拡大していった。その活動によって、中山さんは自分の視野を広げることができ、周りのメンバーの成長や変化を肌で感じ、より多くのミスキャンにラボを通してやりたいことを見つけてもらいたい、女性が楽しく輝けるきっかけをつくる仕事をしていきたい、と思うようになった。卒業が近づくにつれ、「卒業後もラボの活動を続けたい」という思いが強くなり、凸版印刷への入社を考え始めた。学生団体に場所や時間を貸す懐の深さに魅力に感じ、自分のやりたいことを実現するための場として同社を選び、入社した。

(つづく)
【大石 恭正】

CAMPUSLAB
代 表:中山柚希(なかやま・ゆずき)
凸版印刷(株)情報コミュニケーション事業本部ビジネスイノベーション推進本部 事業創出推進部(同社の新規事業として運営)
所在地:東京都新宿区西五軒町13-1
URL:http://www.campuslab.jp/


<COMPANY INFORMATION>
代 表:麿 秀晴
所在地:東京都千代田区神田和泉町1
創 業:1900年1月
資本金:1,049億円
売上高:(19/3連結)1兆4,647億5,500万円
従業員数:5万1,712名
URL:https://www.toppan.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月09日 07:00

相次ぐマンションの設計偽装NEW!

 構造設計一級建築士の仲盛昭二氏は、発覚が相次ぐ耐震偽装マンションに関し、マンション販売会社・設計事務所・行政に対して質問書を送付した。なぜ、この時期に仲盛氏が耐震偽...

2020年08月09日 07:00

復活の道が見えない日産自動車の研究(2)NEW!

 指名委員会の次なる仕事は、代表執行役の選任。指名委員会は2019年10月8日、西川氏の後任の社長兼CEOに内田誠・専務執行役員を起用すると発表した...

2020年08月09日 07:00

2019年度九州流通企業売上高ベスト10~4位までの順位は昨年度と変わらずNEW!

 2019年度の九州流通企業売上高ベスト10が決まった...

2020年08月08日 07:00

経営者が考えておくべきハラスメント対策とは

 新型コロナウイルス関連の報道に埋もれた感じがありますが、今年6月からいわゆる「パワハラ防止法」(労働施策総合推進法の改正)が施行されました...

2020年08月08日 07:00

生まれ変わった交流拠点、糸島ファームハウス「UOVO」(後)

 UOVOではファミリー層向けに、子どもが遊べるようにと芝生スペースも整備中。日射しの強い夏は、散水用のスプリンクラーがそのまま“涼”を感じられるアイテムになる...

2020年08月08日 07:00

コロナ禍に揺れる新大阪駅~都市機能不足、リニアにも暗雲(後)

 骨格に関してはもう論ずることがないので、地方創生回廊中央駅構想について見ていくことにする...

2020年08月07日 18:24

【8/8~21】お盆期間の飲み会は1次会、2時間まで 福岡県が要請

 福岡県は8~21日、県民に対して、接待をともなう飲食店、居酒屋など酒類を提供する飲食店やカラオケでの滞在を2時間以内とし、1次会のみの利用を要請する...

2020年08月07日 18:23

新型コロナウイルスが直撃~旅客運輸会社は生き残ることができるのだろうか

   来週、お盆を迎える。「今年は帰省を控えるべきか、それとも帰省すべきか」と、ぎりぎりまで迷っている人が多いといわれているが、旅客運輸業界の株価、経営状況などをみて...

2020年08月07日 17:55

【横田一の現場レポート】〈解散・総選挙は今秋〉説が無視できない理由 維新人気で「Go To改憲」

 コロナ禍にあってもなお、今秋の解散・総選挙説が永田町では囁かれている。7月15日には維新副代表の吉村洋文・大阪府知事が、地方分権の超党派勉強会「新しい国のかたち(分...

2020年08月07日 16:57

厚生労働省公表の「ブラック企業」 7月31日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年7月31日に公表(20年6月30日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

pagetop