• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月17日 16:42

凸版印刷が仕掛ける「キャンパスラボ」とは何か?(前)

凸版印刷(株)

 凸版印刷(株)には、「キャンパスラボ」というユニークなプロジェクトがある。ミスキャンパスの女性(学生)がメンバーとなり、社会課題に主体的に取り組むプロジェクチーム。10代・20代の若年層のマーケティングから商品開発、PRやプロモーション立案まで一貫して考え、企業や自治体と共創し課題を解決する。同社はなぜ、キャンパスラボをプロデュースするのか。キャンパスラボは何をつくり出してきたのか。九州、福岡で新たなコラボは実現するのか。

中山柚希さん(凸版印刷社員、左)と糠信ひなのさん(駒沢大学学生、右)
中山柚希さん(凸版印刷社員、左)と糠信ひなのさん(駒沢大学学生、右)

イチジク製薬とコラボし、便秘解消の啓発活動を実施

 キャンパスラボ(以下ラボ)の発起人であり、代表・プロデューサーを務める中山柚希さんは、青山学院大学学生のころ、自らミスキャンに出場した経験がある。その結果、惜しくもグランプリを逃した。「悔しさや自分への嫌悪感などに悩まされた」そうだ。そんなとき、たまたま企業と一緒に商品開発をする機会があり、社会人とビジネスとして関わっていくなかで、「女性視点を活用した課題解決という新たなチャレンジの場に立つことができた」と振り返る。

 2015年3月、都内のミスキャンパス(以下、ミスキャン)などに声をかけ、7名のメンバーでラボを立ち上げ、このときから凸版印刷(株)(以下、凸版印刷)のオフィスを借り、同社のプロジェクトとして活動を始める。同社のサポートのもと、初代リーダーとして、自治体や企業と共創し、若年層向けの商品開発や啓発プロモーション企画など、さまざまなプロジェクトに携わった。

 その学生時代にイチジク製薬(株)と取り組んだ「カラダの中からキレイラボ」では、若い人に向けたセルフケアとして、「便秘」を問題提起し、早く治す大切さの啓発活動を行った。メンバー自身、開始時点では便秘解消に対する意識はそれほど高くなく「そもそもなぜ便秘を解消する必要があるのか?」という疑問を薬剤師にぶつけるところから企画がスタートした。

リアルターゲット、インフルエンサーの視点で伝える

2016年1月、キャンパスラボが企画した便秘解消啓発アドトラックに自ら乗車し、啓発活動を行った
2016年1月、キャンパスラボが企画した便秘解消啓発アドトラックに自ら乗車し、啓発活動を行った

 薬剤師と話をしていくなかで、実は子どもの便秘が社会問題になっていることや、若い女性でも便秘を「自分ごと化」していない人が多いこと、自分が便秘だと気づかず放置している人がいることがわかった。また、便秘が「肌の調子」や「体臭」にも強くかかわっていることを知り、「便秘解消や腸内環境を整えること=美容に関わること」も含めて、「カラダの中からキレイ」になることの重要性を実感した。

 その後、メンバー自身が1日に1.5Lの水を飲むなど自ら腸内環境改善チャレンジを行って発信したり、女性が楽しく便秘解消に取り組むための便秘解消スムージーレシピを研究したりと、同世代にどのようにして伝えていくかを考え、実行した。

 さらに、若い世代が目に留める、人に話したくなる便秘解消啓発アドトラックを企画し、メンバー自らがアドトラックに乗車し啓発活動を実施。それまでSNSなどに登場する機会が少なかった「イチジク浣腸」に関する情報を拡散。メディアなどにも取り上げられるようになった。

 「単にSNSなどを使って呼びかけをするのではなく、ミスキャンが本気で社会課題を学び理解し、リアルターゲットかつインフルエンサーの視点で、わかりやすく、若い世代に興味をもってもらえるかたちで伝えていくことがラボのこだわりであり、強みだ」と話す。

 ラボの活動は順調に拡大していった。その活動によって、中山さんは自分の視野を広げることができ、周りのメンバーの成長や変化を肌で感じ、より多くのミスキャンにラボを通してやりたいことを見つけてもらいたい、女性が楽しく輝けるきっかけをつくる仕事をしていきたい、と思うようになった。卒業が近づくにつれ、「卒業後もラボの活動を続けたい」という思いが強くなり、凸版印刷への入社を考え始めた。学生団体に場所や時間を貸す懐の深さに魅力に感じ、自分のやりたいことを実現するための場として同社を選び、入社した。

(つづく)
【大石 恭正】

CAMPUSLAB
代 表:中山柚希(なかやま・ゆずき)
凸版印刷(株)情報コミュニケーション事業本部ビジネスイノベーション推進本部 事業創出推進部(同社の新規事業として運営)
所在地:東京都新宿区西五軒町13-1
URL:http://www.campuslab.jp/


<COMPANY INFORMATION>
代 表:麿 秀晴
所在地:東京都千代田区神田和泉町1
創 業:1900年1月
資本金:1,049億円
売上高:(19/3連結)1兆4,647億5,500万円
従業員数:5万1,712名
URL:https://www.toppan.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月26日 17:41

久山温泉を飯塚市の土木工事業者が取得

 昨年6月末に閉館したTKPレクトーレ博多 久山温泉の土地建物が、売却されていたことがわかった...

2021年01月26日 17:09

ブッシュパイロットを目指し、クラウドファンディングで支援呼びかけ~インドネシアで人助けを

 オーストラリア出身で、10歳から福岡県柳川市で過ごした藤木キアさん(20歳)。キアさんは現在、インドネシアのジャングルに住む人々に食料や医薬品を運ぶため、ブッシュパ...

2021年01月26日 16:45

政府債務論のコペルニクス旋回、日本は反省せよ~イエレン・パウエル連携は強力な株式支援に(1)

 NetIB‐Newsでは、(株)武者リサーチの「ストラテジーブレティン」を掲載していく。 今回は2021年1月25日付の記事を紹介...

2021年01月26日 16:28

『脊振の自然に魅せられて』大雪の脊振山へ(前)

 1月7日から3日間、日本全土に寒波が襲来して福岡市の道路も積雪に見舞われ、タイヤにチェーンを巻いて走るバスや車を見かけた。筆者の住むマンションの敷地にも積雪があり、...

2021年01月26日 16:04

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(2)

 折口雅博氏は、少年工科学校から防衛大学校に進学した。防衛大学に進学できるのは、せいぜい400人中10人前後。消灯後に、教官に見つからないように毛布にくるまりながら受...

2021年01月26日 15:37

【3/2】商工会議所オンライン講演会「コロナ禍での感動のおもてなし」

 福岡商工会議所情報・文化・サービス部会は3月2日、Withコロナ、Afterコロナ時代に必要とされる部会事業の一環として、「福商おもてなしコンクール」の発案者でもあ...

2021年01月26日 15:14

【福岡県に緊急事態宣言】(15)緊急事態宣言と飲食店主・現場の声(1)

 政府が緊急事態宣言を発出して2週間以上が経過した。新型コロナウイルス感染症の鎮静化の動きが不透明ななか、同宣言により悪影響が直撃しているのが、飲食店である。業界大手...

2021年01月26日 14:45

【政権崩壊序章】北海道2区補選で自民候補擁立を断念 「スガーリン」の姑息なねらいが見え見え

 菅政権(首相)は、1月15日に収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛・元農水大臣(北海道2区)の汚職事件の早期幕引きに躍起だ。疑惑発覚後に吉川氏はすぐに入院、説明責任をまっ...

2021年01月26日 14:05

【企業研究】「凋落するメディア事業」〜西日本新聞社

 ブロック誌の雄として九州地区に君臨してきた(株)西日本新聞社だが、近年の業績は下降推移だ。20年3月期では本業の新聞発行を中心としたメディア関連事業で営業赤字に転落...

2021年01月26日 13:58

【特別インタビュー】再分配機能の強化で貧困をなくす コロナ禍で「小さな政府」は終焉(中)

 『安倍政権において経済が順調だという印象になったのは、株価が高かったからだと思います。しかし、それは官製相場で無理やりつり上げてる部分がありますし、株価と連動して景...

pagetop