• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月29日 07:00

経常赤字幅縮小~イオン九州8月中間、営業収益は下方修正

 イオン九州は8月中間決算の予想を修正する。

 営業収益は7月の集中豪雨で小郡店を19日営業休止した影響などで当初予想を17億3,000万円下回る1,102億7,000万円(前年同期比1.2%減)と一転減収になる。

 一方、営業損益の赤字幅は予想から1億3,000万円少ない3億7,000万円、経常赤字は2億2,000万円少ない1億8,000万円に縮小する。

 前年同期はそれぞれ15億1,800万円、13億4,800万円の赤字だった。粗利益が改善されるほか、営業収入が伸び、営業総利益が増加する。

 集中豪雨にともなう災害損失や店舗の閉鎖損などの特別損失を7億3,600万円計上する一方で、確定済みの受取保険金4億円を特別利益に計上する。この結果中間純損失は予想から3,000万円少ない4億7,000万円になる見通し。

 来年2月期通期の予想は据え置く。

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop