• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月09日 14:00

トップアスリートほど意識する 体のパフォーマンスを高める(前)

(株)R-body project

 米国でトレーナー資格を取り、トップアスリートのトレーニングや業界の動向を見つめるなかで、パフォーマンスが高い体づくりの土台となる「コンディショニング」にいち早く注目した代表取締役社長・鈴木岳氏は、2003年に(株)R-body projectを創業した。同社のトレーナー歴10年の高田章史氏に、パフォーマンスの高い体づくりとトレーニング業界の展望を聞いた。

トップアスリートほどコンディショニングを実践

 トップアスリートだけでなく一般の方にも「最高のパフォーマンス」を保てる体づくりを提供したいと(株)R-body project(アールボディプロジェクト)を代表取締役社長・鈴木岳氏が創業したのは、今から15年前のことだ。

 鈴木氏は、スポーツ選手のケガを見たり、リハビリをする「アスレチックトレーナー」の資格を米国で取得した後に、日本でトップアスリートのトレーニングを行ってきた。そしてフィットネス業界の現場では、多くの人が、肩や腰に痛みを抱えながらスポーツやトレーニングをしていることを知る。

(株)R-body project・トレーナーの高田章史氏
(株)R-body project・トレーナーの高田章史氏

 肩や腰など痛くなったところだけを治しても、痛みを引き起こす根本原因を突き止めて治さなければ、また痛くなって治療をすることになる。しかし、その考え方は当時、時代の先を行っていた。そのため、筋トレやダイエットなどの体を鍛えるフィットネスの現場では、痛みの出ない体づくりをするというコンセプトはなかなか理解が得られず、実現できなかった。

 そこで、フィットネス業界に新しい流れをつくりたいと、体の機能を高める施設としてR-body Conditioning Center(アールボディ・コンディショニングセンター)を鈴木氏は始めた。同社のトレーナー歴10年の高田章史氏は、「トップアスリートほど、筋肉の力をつけるだけでなく、ケガの予防のための体づくり=コンディショニングをしている」という。

負担のない体の動かし方を身につける

 たとえば、ゴルフで飛距離を伸ばしたり、腰が張るのが気になる場合はどうしたらいいのだろうか。

 「ゴルフは腰をひねって使うスポーツのイメージがあるが、実際にスイングするときに動かしているのは、首と腰の間にある背骨(胸椎)と、腰と足の境目にある股関節だ。腰の骨は動かないので実際にはひねることができず、無理をして腰を回してしまう人が多い」と高田氏は話す。

 ゴルフのパフォーマンスを上げるには、筋肉の力をつけるのはもちろん大切だが、体に無理をかけない正しい動かし方を身につけているかどうかも大きいという。また、体に負担をかけない動かし方がわかると、運動しても痛みも出にくく、体も使いやすいという。

 肩こりは首の後ろの筋肉が固くなることが原因だ。デスクワークで肩が前に入ると、腕と腕の間にある背中の肩甲骨が左右に広がってしまう。そうすると、背中が丸くなり、頭が前にくるので、首の後ろに力がかかって固くなりがちだ。肩でも腰でも痛みを治すことは必要だが、治した後も負担がかからない体の動かし方を身につけることが必要だ。

メンテナンスは歯みがきと同じ

 今の体調をより良くして、元気でいるためにしていることは、サーフィンなどのスポーツだったり、映画を見ることや読書だったりと人によってさまざまだ。しかし何をするにしても、普段の生活は体を使うこととは切り離すことはできない。だから、痛みなくパフォーマンスの高い体で快適に過ごすためには、「虫歯にならないように歯みがきをして歯医者でメンテナンスをするように、日々体を整えることが欠かせない」と高田氏は話す。

 スポーツをしたり生活をするための土台を整えるのが、「コンディショニング」だ。そのためには自分の体の現状を知り、その改善のためには何が必要なのかを教えてくれる場所に行って体の「整え方」を覚えるのが一番。R-body projectが運営するR-body Conditioning Centerは、すべての人が自分の体と対話できるようになるための学びの場でありたいと考えている。

 

(つづく)
【取材・文・構成:石井 ゆかり】

所在地:東京都渋谷区広尾1-3-14 ASAX広尾ビル2F
TEL:03-5447-1122
FAX:03-5447-1126
URL:http//www.r-body.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

pagetop