• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月07日 10:50

まちづくりの総仕上げには40年かかる~シャンポール大名から学ぶ

シャンポール大名
シャンポール大名

シャンポール大名のデビューに衝撃

 福岡市の中央区役所正面には、地域の象徴ともいえる歴史あるマンション「シャンポール大名」が静かに存在感を主張しながら佇んでいる。建設されたのは、昭和56年(1981年)のことである。

 中央区役所と同マンションとの間をはしる明治通りの地下には地下鉄が走っており、ようやく都市・福岡でも地下鉄が完成し、モダンな街並みが登場しようという矢先の時期でもあった。

 同マンションを企画・販売したのが、東京に本社がある大蔵屋である。同社は一時、業界のリーダー格を担っていた時期もあったのだ。

 何が衝撃だったかというと、同マンションは天神のど真ん中まで徒歩5分の場所に位置していたのである。巷では「はたして350戸の共住マンションが売れるのか?需要があるのか?」という疑問が蔓延していたのだが、同マンションは即日とまではいかなかったが、短期間で完売した。結果、不動産関連業者たちは「福岡でも職・居接近の生活パターンを求める需要が高まっていたのだ」と認識。己の浅はかさを知り、衝撃を受けたのである。

 東京ではそのころ、たしかに「職・居接近」のライフスタイルが流行しはじめていた。だが「福岡で流行するには、いましばらく時間を要するだろう」という見立てが主流だったので、完売という事実に直面し、衝撃を受けた専門家たちは「いよいよ福岡も東京並に最先端のものが流行する大都市に変貌した」と溜息をついたものだ。

 しかし、現実は、この「職・居接近」のメイン通りへと様変わりするまでに40年という歳月を要している。

大蔵屋は苦しまぎれに売り出す

 当時、大蔵屋九州支店の課長に就いていたのが、ユニカ社長・緒方寶作氏だった。同氏の話を総合すると下記のようになる。

(1)もともと、この不動産は緒方竹虎氏の邸宅で1,000坪あった(同氏は朝日新聞社副社長、自由党総裁、自由民主党副総裁の要職に就き、ジャーナリスト・政治家という華麗なるキャリアがある)。

(2)大倉屋が買収する前は港湾土木の会社が所有していた。昭和48年当時、坪25万円で買収していたらしい。政令都市になったばかりの福岡市中心部の一角が、この価格で取引されていたとは驚きである。

(3)同社がこの土地を手にしたのが昭和52年のことである。坪60万円で取得したとか。現在、現地の最大価格評価は坪900万円となる。42年経過して15倍に高騰したことになる。

(4)この場所に「職・住接近のモデルを築こう」という野心的な構想のもとに企画されたものではないことは事実のようである。スタッフ一同、「都心のど真ん中に350戸のマンションを建てても売れるわけがない」と不安いっぱいだったとか。

(5)不安となる根拠として、社内全体でも350戸の販売実績が無かったことが挙げられる。大蔵屋の全国での実績を見ても東京でも都心部においても300戸以上の大型物件の売出実績がなかったのである。

 同社九州支店の販売ノルマは400戸だったとか。緒方課長は「1年分の販売戸数に匹敵する物件を、この大名で売り出すのだぞ。効率的ではないか!」と社員たちをなだめすかせつつ、鼓舞した結果、「シャンポール大名」が誕生したのである。

40年してようやく追いつく

 平成の始めに「けやき通り」が有名となった。地名でいえば警固・赤坂に該当するゾーンである。メイン通りの明治通りに比較すると格としては2番目にあたる通りとなる。しかし、「けやき通り」という先行イメージの割には、それに相応しい建物は稀有であった。多少話題となるマンションは建ったが――。

 現在、「けやき通り」の木々は太くなり、木自身の風格が漂う雰囲気は心地良い。ただ街並みのブランドイメージを向上させるような建物が増えた様子はない(多少のリッチ層が定住した功績はある)。

(左)MJR赤坂タワー、(右)プレミスト天神赤坂タワー
(左)MJR赤坂タワー、(右)プレミスト天神赤坂タワー​​​​​​

 肝心の大名の明治通りはどうなったのか!「シャンポール大名」は添付写真の通り、改修工事を行っている(権利者が多数存在しており、建替えについて困難視されている)。その西隣(JT九州支店跡地)に大和ハウス工業が都心部中心型マンション「プレミスト天神赤坂タワー」を販売した。さらに一件隣にはセキスイハウスがホテル建設に奔走している。その西側にはJR九州がマンション「MJR赤坂タワー」を売り出し、完売の様相である。

 ここに至って繁華街型「職・居」のメイン通りが誕生した。いや、一部には都市中心シルバーゾーンの誕生ともいわれている。「ニューリッチ層」が大名地区に定住することになったのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月23日 07:00

【11/25】「fabbit Conference 全国大会」オンラインで開催~元駐日米国大使・キャロライン・ケネディ氏が特別講演

 スタートアップ企業の創業支援やコワーキングスペース・レンタルオフィス「fabbit」の運営などを行うfabbit(株)は11月25日に、毎年恒例の「fabbit C...

2020年11月23日 07:00

黎明期から戦国時代に突入 シェアオフィス業界に求められる変革(後)

 「当社は、2月に入ってからすぐにイベント等の中止を決定するなど、緊急事態宣言が実施される前から対応してきました。イベントなどは3月以降、オンライン開催に切り替えたほ...

2020年11月23日 07:00

ホームセンター大手6社の今期、軒並み過去最高更新へ 巣ごもり消費警戒で下期は控えめ

 ホームセンター上場大手6社の2,3期決算は巣ごもり消費の恩恵で軒並み過去最高になる見通しだ。増収効果に加えDIYや園芸用品などの高採算商品の売上好調で粗利益が改善し...

2020年11月22日 13:00

【高速道手抜き工事】自民党支部の真相究明会議に宮内副大臣が猛烈抗議 文書で「政治活動の妨害」

   中央自動車道の耐震補強工事をめぐる橋台のコンクリートに鉄筋が入っていなかった問題で、工事を請け負った宗像市の建設・運輸業者「大島産業」との癒着関係が取...

2020年11月22日 07:00

黎明期から戦国時代に突入 シェアオフィス業界に求められる変革(中)

 「それまでは大都市、もしくはビジネス街といわれる地域を中心に拠点を開設することが多かったのです。宗像市で開設に至ったポイントの1つとしては、やはり自治体としてスター...

2020年11月22日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~塘栖古鎮で想ったこと、古鎮ツーリズムの夢

 もともと、余杭は梅花で有名な土地で、超山という海抜260mの山があり、そこには中国五大古梅のうち、唐梅と宋梅の2本が今なお元気に生存している...

2020年11月22日 07:00

【流域治水を考える】流域治水への転換とは何を意味するのか?(後)

 今年10月、球磨川で流域治水協議会が設置され、議論がスタートした。新たな会議体に場所を移したとしても、球磨川流域の治水を考えるうえで、川辺川ダムが焦点なのは変わりな...

2020年11月22日 07:00

いつまで続くコロナ特需 ホームセンター大手中間決算、軒並み過去最高

 長く鳴かず飛ばずの状態の続いたホームセンターがコロナ特需に湧いている。上場大手6社の8、9月中間決算は軒並み大幅な増収増益を計上。今期決算では過去最高を更新する企業...

2020年11月21日 07:00

黎明期から戦国時代に突入~シェアオフィス業界に求められる変革(前)

 アメリカで生まれ、日本でもニーズが高まっているシェアオフィス業界。東京や大阪などの大都市を中心に供給エリアが拡大するとともに、外資系企業や国内企業の新規参入もあって...

2020年11月21日 07:00

ストラテジーブレティン(266)2021 年の景気拡大前に、投機化する米国金融~日本株式の相対優位鮮明に~(後)

 鍵となる米国長期金利は8月に0.5%であり、ボトム長期上昇トレンドに入ったとみられる。米金融緩和は弾力的でありプラグマテックである。景気とワクチンおよび財政による経...

pagetop