• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月17日 07:00

働く人が幸せを感じる職場づくり 障がい者、外国人も積極雇用 一樹百穫 

リネンサプライ
玉屋リネンサービス(株)

リネンサプライのパイオニア

代表取締役社長 田中丸 昌宏 氏
代表取締役社長 田中丸 昌宏 氏

 玉屋リネンサービス(株)は、リネンサプライ、総合クリーニング業を手がける。リネンサプライ業は同社設立の2年前、1962年に病院寝具設備・洗濯が外部委託できるようになってからクリーニングの新しい分野として生まれた。つまり、同社は福岡におけるリネンサプライのパイオニア的存在でもある。

 リネンサプライは、一般的なクリーニング業とは違い、リネンサプライ事業者がリネン(麻などの織物全般)製品の在庫をもち、それを契約者に貸し出すサービスである。貸し出したリネン類は、定期的に回収・洗濯・仕上げをして納品する。ホテルや病院など契約者は、リネンの購入、洗濯、仕上げ、補修、保管などに対する設備投資や人的な投資を必要としないことから、リネンサプライ事業者である同社も着実に成長を遂げてきた。

 「ヒルトン福岡シーホーク」「ホテルオークラ福岡」「ホテル日航福岡」「西鉄グランドホテル」や「福岡山王病院」「福岡市民病院」などといった福岡でも著名なホテルや病院といった大型施設を中心に業務を受託している。インバウンドの大幅な伸びでホテル開業が相次ぐことから、ホテル需要はさらに拡大すると見込んでいる。

みんなが働ける職場を提供

本社工場
本社工場

 国は「一億総活躍」を謳い、就業を希望するすべての人が働ける環境づくりを推し進めている。一定規模以上の企業に対して障がい者雇用を義務付ける施策も強化されるようになった。

 同社が障がい者雇用をスタートしたのは1986年、30年以上も前である。「社員の身近に障がい者がいたことから、『障がい者にも働く場を与えてあげたい』という声が挙がったのがきっかけ」と田中丸昌宏社長は当時を振り返る。現在は、11人の障がい者が工場で働いている。さまざまな障害をもった人が働きやすい環境をつくりために試行錯誤を繰り返しながら現在の環境をつくり上げた。

それぞれの力を発揮できる適材適所を重視
それぞれの力を発揮できる適材適所を重視

 また、工場では海外からの留学生や技能実習生、高齢者も働いている。国が推進する人材の受け入れに積極的に取り組むなど、雇用分野においても大きく貢献しているのだ。

 30年以上前から障がい者雇用を始め、それぞれの障がいの種類や程度に合わせて、仕事の内容や進め方などの仕組み、一緒に働くことの意義を現場で共有し、人に優しい風土をつくり上げてきたことで、言葉や風習が違う外国人など、いろいろな立場の人が生き生きと働くことができる職場環境をつくってきた意味は大きい。

利益率の高い企業へ

 リネンサプライ事業において大切にしているのは「品質の向上」「安定供給」「サービスの充実」である。品質の向上については、管理者の国家資格取得業務(クリーニング師)、工場施設・機械設備などを適切に配置、衛生的で適正な処理を徹底している。

 高品質のリネンを安定供給するためには、従業員を増やすとともに大型の機械設備を導入するなどの企業努力を重ねている。1日の取扱量は45tから50tに上るが、近年増え続けるホテルの開業で需要はさらに伸びた。「残業などで対応しようとしましたが、それでも需要の増加に応えられないことから、今年夏には大型の洗濯機と仕上げのロールアイロンなどを導入し、生産量を20%アップした」とうれしい悲鳴を上げた。

 サービスの充実については、ホテルへリネンを配送する際、リネンの納品と回収をスムーズに行うことができるようスタッフを配置。きめ細かな対応で、配送時間の短縮とホテル側の業務負担の軽減などにつながるとして高い評価を得ている。

 今後は増加を続けるホテル需要をさらに取り込みながら、生産性の向上と効率化を追求し、利益率の向上を図る考えだ。

シーツシェイキング乾燥機
シーツシェイキング乾燥機

完全週休2日制を導入

 リネンサプライ事業は、一度契約すると長い付き合いになることが多い。そのため、次年度の数字が読みやすいという強みがある。安定した経営基盤の上で、田中丸氏が目指すのは働く従業員の満足度、幸福度を追求し続けることだ。

 給与水準の引き上げができるよう現場での残業を減らしながら生産性を高めていく。併せて福利厚生の充実にも取り組む。昨年、それまでの隔週週休2日制から完全週休2日制へと移行した。この効果は大きかった。「それまで、転職サイトで求人を出しても集まらなかったものが、完全週休2日制を打ち出すと、比べものにならないほど、応募が増えた」と手応えを感じている。

 障がいの有無や国籍、年齢、性別に関係なく、働く皆が、それぞれがもてる力を発揮できるよう「適材適所」の考え方を重視しているのも同社の企業風土といえる。誰もが喜びや幸せを感じることができる職場づくりに努めてきたノウハウを生かし、ゆくゆくは障がい者自立支援法による障がい福祉サービス事業所(就労継続支援事業など)の運営も視野に入れているという。今後の取り組みに注目したい。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:田中丸 昌宏
所在地:福岡市博多区博多駅南4-6-3
設 立:1964年8月
資本金:5,000万円
TEL:092-431-131
URL:http://www.tamayalinen.co.jp/company_recruit.html

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop