• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月12日 07:00

人材育成のカギは「風通しの良さ」右肩上がりの成長を続ける総合安全商社 一樹百穫 

安全機材・保安用品の販売、レンタルほか
(株)グリーンクロス

同社代表取締役社長 久保 孝二 氏
同社代表取締役社長 久保 孝二 氏

創業50周年の老舗

 (株)グリーンクロスは1969年1月に「交通標識製作所」として創業され、71年7月に法人化した。工事現場の安全用品などの販売・レンタル、看板・サインメディアの製作・販売を柱に総合安全商社として、今や業界トップクラスのシェアを誇るリーディングカンパニーに成長。2019年4月期連結決算は売上高154億5,090万円、経常利益12億4,451万円、当期利益7億8,214万円を計上した。営業基盤を西日本エリアから全国に拡大し、業績は右肩上がりの状況で、今期で10期連続の増収増益となった。

 同社の柱は安全用品の販売・リース事業と2つに分けられる。安全用品の販売・リース事業では、工事現場で使用される「ストロングコーン」や「工事看板」などの定番商品から「人型の安全バリケード」「まる見えコーン」まで多岐にわたる商品をとりそろえている。

注目商品の「まる見えコーン」
注目商品の「まる見えコーン」

 成長著しいレンタル需要のシェア拡大に向け、提案型営業の増強や回転率の引き上げなどにも注力している。また、看板・サイン事業では、子会社の(株)トレードが看板製作・施工のポータルサイト「キュービックシティ」を開設。「デジタルサイネージ掲示板」など、屋外広告物や各種ディスプレイ商品を取り扱っている。

働きやすさを追求

 近年では自社商品の開発に注力しており、部署や職種を問わず社内から広くアイデアを募集。現在までに、ご当地衣装の着せ替えができる「バリコレクション」や透明で設置したまま中身が確認できる「まる見えコーン」など、社員の遊び心や現場の声をかたちにしたヒット商品を生み出している。とくに「まる見えコーン」は東京オリンピックなどの大型イベント時のテロ対策として注目を集めている。

 単純に商品開発をする社員だけではきっと生み出されなかったであろう商品をかたちにすることができたのは、異なる部署の社員のさまざまな視点・ひらめきを取り入れることができる土壌があったからこそだ。風通しの良い社風は社員たちのモチベーションアップにつながっている。加えて、会社の利益を社員にしっかりと還元するところも同社の魅力だ。年2回の賞与、毎期の決算賞与、住宅手当制度、休暇制度などを充実させている。

 また、社内インフラの再構築や業務の分業化、生産性向上のための全社午後7時退社も徹底。企業理念である「仕事を通し社会に正しく貢献してゆく過程で、自己を創り、意義と価値のある人生を創ってゆく」を全社員で共有し、見事に実践している。

全国72拠点網構築を掲げる

2018年8月に開設した本社営業部
2018年8月に開設した本社営業部

 11年3月にグリーンクロスロジスティクス(佐賀県鳥栖市)を、14年2月には関東ロジスティクス(埼玉県久喜市)に開設し、15年9月にはトレードの子会社化など、M&Aや営業所・物流センターの拡充を行っている。そして、18年8月には本社営業部を福岡市東区多の津に移転。グリーンメディア事業部本部とトレード福岡営業所も集約した。さらに北関東に営業所を、中国四国、関西エリアに物流センターを開設する予定だ。

 全国72拠点網構築を掲げる同社は、18年5月に導入した新基幹システムを軸に、全営業拠点ネットワーク網を有効活用し、より専門性を生かした積極的提案営業活動を行うとしている。

 今後は従来市場である建設関連市場への深耕開拓はもとより、官公庁、学校、病院、一般企業など時代に沿ったあらゆるニーズに応えられる体制を目指す。顧客の「安全」に関わるさまざまな要望に社員1人ひとりが真摯に応えることが「企業使命」であり、あらゆる「安全対策」を提案し、社会に貢献することが同社の「存在価値」だ。その「企業使命」と「存在価値」は全国各地にまで手が届く目標へとなりつつある。

人が育ちやすい環境

 19年4月末時点で社員数は648名(連結)の大所帯となった同社。全国に続々と拠点を拡充しているのだが、人材面ではどうだろうか。多くの企業が人材不足で悩むなか、同社には高い提案力をもつ社員がそろっている。それは人材教育への投資を惜しまなかった創業者の故・青山明氏の姿勢が今も引き継がれているからだろう。注目したいのは人材が育ちやすい環境が整っていることだ。

 その1つに、業界トップレベルの営業ノウハウを体得できることが挙げられる。人材が育つまでには時間がかかるということを念頭に置き、一人前の営業に育てるため、新人研修や新商品の説明などを充実させている。どの年代にも満遍なく先輩社員がいることも強みだ。

 あまりに歳が離れていると萎縮してしまいがちだが、気軽に顧客との信頼関係の築き方や仕事のノウハウを聞けるのは新人にとってはありがたい。そのほかにも社員のスキルアップを応援するため、資格取得にも積極的だ。試験に合格すれば試験費用は全額会社で負担し、さらに昇給の対象にもなる。個人の頑張りがきちんと評価される体制が整っているからこそ、人材流出も少ない。勤続年数が10年以上の社員も多数いることから、社内環境や人材育成の良さがうかがえる。

年齢の近い社員が丁寧に教育

<COMPANY INFORMATION>
代 表:久保 孝二
所在地:福岡市中央区小笹5-22-34
設 立:1971年7月
資本金:6億9,726万円
TEL:092-521-6561
URL:http://green-cross.co.jp/contact/form_recruit/

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月23日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(10)NEW!

 中川氏は「米中貿易戦争」に関して、ソ連や日本が経験した「トゥキディデスの罠」に言及した...

2020年09月23日 07:00

独自性を高める事業構築NEW!

 2015年1月に設立された総合建設業(株)スエナガ。同社は設立して5年の新鋭企業である。同社の企業スローガンとして『土地に夢を、建物に想いを』を掲げ、賃貸マンション...

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

pagetop