わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

健康長寿産業連合会

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活動に効率的につなげることを目標に、日本を代表する企業群が「健康長寿」をキーワードとして手を結んだ。

世界一の高齢国家「日本」

※クリックで拡大

 世界各国で高齢化が進むなかで、日本の高齢化率は先進諸国と比較しても、とくに急速に高まり、それとともに医療費が高騰することが見込まれている。内閣府の推移推計によると、2015年時点ですでに65歳以上の割合が26.6%と6カ国中のトップであった日本は、トップの座を保ったまま高齢化率が高まり、2060年には38.1%と、3人のうち1人以上の割合を高齢者が占めると見られている。そのなかで医療・介護にかかわるコストを抑制することは社会的な課題となる。

 定年延長なども議論されているが、高齢化の進行はすなわち生産年齢人口割合の低下で、経済活動にとってもマイナスの影響をもたらすことになる。

 高齢化の進行は避けられないものとすると、「健康長寿の延伸」、すなわち健康的に長生きすることを、社会的に支援していけば、実質生産年齢が拡大するとともに、医療・介護コストの減少につながる。また、その活動を産業として成立させ、大きなマーケットとなれば日本経済全体にとってもプラスに働くというわけだ。

 今後、一大産業となることが希求される「健康長寿産業」に道すじをつけるべく8月28日に、日本を代表する企業4社によって「健康長寿産業連合会」を発足させることが発表された。

健康長寿の延伸へ向け活動を開始

 「日本における健康長寿産業の振興」を目的として、同会は企業・業界団体が主体となった産業間交流の場として提供されるという。

 10月1日予定にて「健康長寿産業連合会」の設立を発表したのは、下記の4社だ。

・日本電信電話(株)(本社:東京都千代田区、澤田純社長、以下NTT)
・三菱地所(株)(本社:東京都千代田区、吉田淳一社長)
・(株)ルネサンス(本社:東京都墨田区、吉田正昭社長)
・凸版印刷(株)(本社:東京都千代田区、麿秀晴社長)

 連合会の前身となる「次世代ヘルスケア産業協議会」は、2013年に経済産業省を事務局として発足し、ヘルスケア産業の育成などに関する課題と解決策を検討してきた。2016年には、丸の内の大手企業21社による「丸の内健康経営倶楽部」が発足し、「丸の内WELL-BEING宣言」を公表するなど活動が広がった。その後、各企業・業界団体から健康長寿の延伸に向けた「交流の場」を求める要望が上がるようになったという。

 これを受けて設立に至った「健康長寿産業連合会」では、NTT(株)・澤田社長が会長を、残り3社が副会長を務めるほか、関連企業や関連団体の会員参加を想定し、会員企業のなかから、理事や事務局、ワーキンググループなど組織する。10月中に体制の決定を予定している。

※クリックで拡大
※クリックで拡大

産業成立へ向けた4つの活動テーマ

 具体的な活動テーマとしてあげられている案は4つだ。

 まず「1.健康都市モデルの検討」では、特定の地域を対象に、健康づくりにモデル的に取り組み、その課題や効果の検証を行うとしている。すでに大手町・丸の内・有楽町地区では、三菱地所が中心となり健康推進アプリ「丸の内ヘルスカンパニー」をリリースするなどの活動が行われている。

 つぎに「2.健康関連データの活用促進」では、パーソナルデータの保有者、活用方法の方針などの検討・提言を行うという。学校や企業健診、医療機関のデータを共有し相互活用することができれば、個人に対して、質の高い予防や治療を行えるとともに、企業側にとっても効率的なサービス提供ができるのではないか、というわけだ。

 さらに「3.健康経営の推進」では、企業単位でのユーザーの需要創出における課題やニーズを共有することで、マーケットを拡大したいとしている。

 スポーツクラブなど運動施設の需要は年々高まる一方だが、今後は企業や地域など団体での健康維持への取り組みも増えるとともに、新たな需要が出てくることが見込まれる。この過程で情報交換や情報共有を行い、ニーズに合ったマーケットを拡大していく考えだ。

 これらの活動に加え、「4.その他」のなかで業界ガイドラインや啓発活動などを挙げることからも、この連合会が官民一体の活動として、今後国内の健康長寿産業の中心となってくることは間違いないだろう。

 黎明期でありながら、今後急速に重要性を増すとみられる「健康長寿産業」を、業界団体を越えた官民一体で振興することで、高騰を続ける医療・介護コストの削減の一手となるか、今後の活動に注目が集まる。

【吉田 誠】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月25日 15:56

「メイト黒崎」が自己破産~負債総額約25億円

 北九州市の商業施設「クロサキメイト」(北九州市八幡東区)を運営する「株式会社メイト黒崎」は、下資料の通り、1月24日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し、同日付で保...

2020年01月25日 07:30

国内中核港をより進化させ地域活性化に挑む

 博多ふ頭(株)は、1993年4月に設立された港湾企業である。福岡市が51%、地元の海運会社など港湾業界関係企業が49%出資した第3セクターである。“管理型から経営型...

2020年01月25日 07:00

企画・開発・販売、そして管理まで 高価値マンションの提供により安定成長を実現

 競合他社を見るのではなく、常に顧客を見る。そうしたスタンスで実に手堅いビジネスを繰り広げているのが(株)ネストだ。2007年の「ネストピア大濠公園」を手始めに、現在...

2020年01月25日 07:00

マンションベースにさまざまな建物を企画 運用では新サービスにも挑戦

 2012年3月の設立から投資マンション「モダンパラッツォ」を供給してきた(株)モダンプロジェ。設立からわずか7年半にも関わらず、10月末時点で100棟(木造含む)の...

2020年01月24日 18:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~ゴーン効果

 日本の刑事司法の違法性・犯罪性が外国からの情報によって次々に世界に発信され始めた。日本国民はいつも最後に真実を知らされる破目になっている。

2020年01月24日 17:13

東京・有楽町のランドマーク「東宝ツインタワービル」が解体へ

 東京都千代田区有楽町にある「東宝ツインタワービル」が、建替えにともなう解体工事に着工したことがわかった。 同ビルは1969年5月開業。屋上に見える2基の屋上広告塔...

2020年01月24日 17:07

(株)ラック社長・柴山文夫氏「お別れ会」~約1,400人参集!故人の人柄を慕った方が数多く

 2019年12月17日に満78才で永眠されたラック社長・柴山文夫氏のお別れ会が同社の結婚式場「RIT5」で行われた。参列者は1,400人を超え献花の時間は40分にも...

2020年01月24日 16:21

武漢市ってどんなところ? 三国志の舞台 桜の名所

 新型コロナウイルスの発生地・武漢市。同市の日本での知名度はこれまで高かったとはいえず、中国ビジネスを行っている諸氏には知られているという程度であろう。

2020年01月24日 15:30

加盟者の契約更新率トップはセブン~コンビニ3社比較

 データ・マックスが、コンビニ加盟者が本部との契約更新時期を迎え、契約更新をした件数とせずに契約終了した件数を調査したところ、19年2月期で契約の更新率が最も高かった...

2020年01月24日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 12月27日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop