• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月21日 09:55

「たまねぎ男」辞任の韓国 大統領のレームダック化は必至(前)

 チョグク法相の突然の辞任は、韓国社会に衝撃を与えている。無理もない。「検察改革」を掲げていた人物が、あえなく敗退したからだ。なぜ、辞めたのか。理由は簡単だ。世論調査で文在寅大統領の支持率が過去最低を記録し、与野党の支持率が拮抗した。さらに法務部国政監査が国会で始まる。嘘をいえば、処罰される。記者懇談会や人事聴聞会で、チョグク氏は嘘を重ねてきたが、そういうわけにいかない。

「朴槿恵赦免」が切り札

 オウンゴールが相次ぐ文大統領の権威は失墜している。来年の総選挙まで後半年。文政権としては「朴槿恵赦免」を切り札に、野党攻勢を切り崩す作戦に出るだろう。野党は朴槿恵支持派と不支持派に分裂しており、総選挙での野党統一候補を阻止する戦術として、朴槿恵を赦免して街頭に放逐するのが有効だからだ。

 韓国には、嘘に騙される国民と、嘘を見破る国民がいる。チョグク氏は嘘がバレて、退陣に追い込まれた。次は大統領の嘘に気がつく国民がどれほど増えるのか。それが現在の大韓民国の問題である。

 嘘つきの二重人格は、「江南左翼」の特性だ。プチブルの巣窟であるソウル江南区の高級マンションに住みながら、社会主義者を自称する。辞任の弁も「私は焚き付け役に過ぎない」「1人の市民に立ち帰る」と美辞麗句に満ちていた。ヒロイックな自己陶酔に同調した有名作家がいる。コンジヨンさん。韓国フェミニズムの代表的な作家だ。「胸が張り裂ける」。こういう感性の作家を、日本でもある種の人々が持ち上げてきた。

 西江大学現代政治研究所と韓国リサーチらが実施した10月初めの世論調査で、文大統領の国政運営に対する支持率は、すでに32.4%しかなかった。1月の調査では支持率39.1%だった。興味深いのは、政権支持率が比較高く出るメディアリサーチの調査(11日発表)でも、42.5%と最低を記録したことだ。支持率が40%前後というのは、中間層が離脱したことを意味する。昨年、南北首脳会談を実現したころの文在寅バブルは完全に消え去った。

 10月3日に、ソウル光化門広場一帯で行われた保守派の「チョグク退陣」要求集会が分水嶺だった。主催者発表は300万人だが、実質的には50万規模だったと見られている。それは朴槿恵前政権を退陣に追い込んだ「ろうそく集会」以来の大集会だった。

 一方、文政権の支持派は、検察庁前で大衆集会を開いたが、20万人規模であり動員規模は反政権集会を下回った。「チョグク守護」というスローガンが、国民的共感帯を形成できなかったのである。だが、文大統領は「国民の期待は『検察改革』にある」として、チョグクを抱えたまま全面突破の構えを崩していなかった。それが数日後には、崩壊したのである。

(つづく)

<プロフィール>
下川 正晴(しもかわ・まさはる)

 1949年鹿児島県生まれ。毎日新聞ソウル、バンコク支局長、論説委員、韓国外国語大学客員教授、大分県立芸術文化短大教授(マスメディア、現代韓国論)を歴任。現在、著述業(コリア、台湾、近現代日本史、映画など)。最新作は『日本統治下の朝鮮シネマ群像~戦争と近代の同時代史』(弦書房)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月25日 16:38

スーパーゼネコン決算好調も受注は減少傾向 コロナ影響も不透明

 清水建設は25日、延期していた2020年3月期の決算発表を行った。同期は売上高1兆6,982億円、経常利益1,379億円を計上...

2020年05月25日 16:31

「広報いとしま」、全国広報コンクールで初の入選2席

 糸島市の広報紙「広報いとしま(2019年5月15日号 / No.225)」が、「令和2年全国広報コンクール広報紙市部」(日本広報協会主催)で入選2席に選定された...

2020年05月25日 16:23

中国外相が全人代で記者会見~香港への統制強化を正当化、米国からの新型コロナ損害訴訟をはねつけ

 24日、全国人民代表大会(全人代)で王毅・国務委員兼外交部長(外相)による記者会見が行われた。外相の記者会見は全人代でとくに注目されるイベントの1つ。今年は新型コロ...

2020年05月25日 16:11

【政界インサイダー情報】安倍一強政権末期、またまた墓穴を掘る

 エリート中のエリートである黒川弘務・東京高検検事長の「賭けマージャン」発覚に加え、卓を囲んだメンツが検察担当の新聞記者という癒着の発覚。さらに、黒川氏の辞任騒動に伴...

2020年05月25日 15:33

コロナで明暗 サイバーが電通の時価総額を上回る

 5月20日、(株)サイバーエージェント(東証一部、藤田晋代表)の時価総額が、終値ベースで(株)電通グループ(東証一部、山本敏博代表)を初めて上回った。サイバー社の6...

2020年05月25日 15:11

ゼロから農福連携を目指す 福の浦ファーム

 新たな挑戦に年齢は関係なし――70歳を目前にして農業経営をはじめた、福の浦ファーム代表の高木教光氏。高木代表は家業のガソリンスタンド経営に携わったのち、病気のためや...

2020年05月25日 14:52

ロイヤル・ボックスの藤堂和子ママ~中洲の灯の「復活宣言」

 自粛解除により、いよいよ6月1日から中洲のクラブも一斉に営業を再開する。そこで5月22日、弊社取材ルームにて「ロイヤル・ボックス」の藤堂和子ママにインタビューを行っ...

2020年05月25日 14:44

経産省、新型コロナウイルスに有効な洗剤120商品を公表

 経済産業省と(独)製品評価技術基盤機構(NITE)は22日、新型コロナウイルスに有効と判断した界面活性剤を含む家庭用洗剤の商品リストを公表した...

2020年05月25日 14:06

カテキンや緑茶による新型コロナの効果についての根拠なし~標ぼうする広告宣伝に注意!

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は21日、お茶などに含まれるカテキンに、新型コロナウイルス感染症があるといった広告宣伝に対し、現時点でそのような効果は確認されてい...

2020年05月25日 13:24

コロナ禍で大量失業の“泥沼”にはまった世界経済(前)

 目に見えない小さな存在でありながら、ウイルスが人々を混乱に陥れ、既存の制度を崩壊させ、新しい制度にとってかわるような結果を招くこともある。歴史を振り返ってみると、伝...

pagetop