• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月29日 07:00

116年の伝統を守りながら常に挑戦を続ける 新業態を開発し、「ワクワク」を提供 一樹百穫 

食肉、惣菜などの販売、飲食店経営
橋本食品(株)

専属の料理人「シェフ」を配属したユニークな店「シェフのいる肉屋」
専属の料理人「シェフ」を配属したユニークな店「シェフのいる肉屋」

福岡を中心に17店舗を展開

 弊社は食肉、惣菜・弁当の販売を始め、飲食店を福岡、山口、広島に展開しており、全17店舗を運営しております。

 精肉部は福岡、山口に5店舗展開しており、「お肉のプロ」として100年以上培ったノウハウで、徹底した鮮度管理と豊富な品ぞろえを行い地域の皆さまのご要望にお応えしてきました。また、お客さまとのコミュニケーションを大切にしながら地域に密着した販売を行うことを常に心がけています。

 惣菜部は、いわゆるスーパーに展開している「フル惣菜」のお店が5店舗とショッピングセンターに展開している「お持ち帰りの焼鳥屋」をコンセプトにしたお店が6店舗の計11店舗、2業態を展開しています。季節ごとに旬な食材を取り入れながら、来店頻度の高いお客さまでも飽きを感じさせないよう工夫した商品のご提案に努めています。

 飲食部は現在福岡に1店舗を展開しており、福岡随一の部位を取りそろえたジンギスカン専門店です。厳選されたラム肉にオリジナルの味付けを施すことで、ラム肉が苦手なお客さまにも食べていただけるよう工夫しています。また空間づくりにもこだわっており、カジュアルにラム肉を楽しめる場を提供しております。

「持ち帰りの焼鳥屋」がコンセプトの「とっぽ家」
「お持ち帰りの焼鳥屋」がコンセプトの「とっぽ家」
ジンギスカン専門店「羊狼館」

人間的成長を促す職場

 弊社は100年にわたり地域の人々に高品質でおいしい食肉と惣菜をお届けし、いまや地場における中堅優良企業としての地位を築いております。競合他社が多いなか、真に「お客さまのために」を常に考え続け、実績と伝統を基盤に、変革し続けています。

 地域を代表する企業の1社として、社員全員が思い切り実力を発揮することができ、やりがいを感じ、家族を幸せにできる企業風土を築いてまいりました。

 社員が店の経営者として、お客さまのためにできることはなにか、いかにすればお客さまに満足していただけるか、またパートナーであるパートやアルバイトの皆さまにいかに厳しさと優しさで信頼を得ることができるか、など経営を通じて人間的に成長することができる職場環境づくりに力を入れています。

「ワクワク」提供企業へ

 少子高齢化で今後ますます人口が減少していくなかで、いかにお客さまにご来店いただくか、弊社の商品を手に取っていただくかが重要になってきます。このためには、企業自体も新たなビジネスモデルを構築し成長し続けなければなりません。

 そこで、今後は精肉部、惣菜部、飲食部をもつ弊社だからこそ可能な食の提案ができる店舗づくりや、新業態の開発を進めていきたいと考えています。

 昨今、求められている効率化だけでは得ることのできない「こだわり」や「楽しさ」を、食を通じてお客さまに感じていただける店づくりを目指します。具体的には今秋ごろより、小さなお子さまがいらっしゃるファミリー層をメインターゲットにしたステーキ店を展開します。子育て世代のファミリーが「ワクワク」を感じ、楽しみながら食事ができる空間づくりをコンセプトに、親子のコミュニケーション、育児のコミュニケーションの場として、こだわりの肉、野菜を提供し、「食べる」ことから「ワクワク」を発信できる店を目指します。このロードサイド店の出店を皮切りに、フードコートへの出店、さらにはワークショップ開催も将来的に行い、肉や野菜の魅力を食育の観点から皆さまにお伝えできればと思います。

「想採や」。幅広い品目の惣菜を「手づくり」で提供する
「想菜や」。幅広い品目の惣菜を「手づくり」で提供する

失敗を恐れず価値を創造

 弊社は1903(明治36)年の創業から116年、地域のお客さま、お取引先さまのご愛顧とご支援をいただきながら事業を継続してまいりました。「あなたは私たちの家族です。どんな嬉しいことも、どんな苦しいこともともに分かち合い、ともに取り組もう」という経営理念のもと、常に社員とともに考え、さまざまなことにチャレンジしてまいりました。

 その結果、2018年には新たな業態であるジンギスカン専門店に挑戦し、味はもちろん、常識にとらわれない発想でお客さまにおいしさだけではない「ワクワク」感を提供し、大変好評を得ております。新業態として開発したステーキ店でも、さらに「ワクワク」感を提供してまいります。

 お客さまが本当に求めているものは何かを考え抜き、新しい価値を提案できるチームを目指すとともに、変化・失敗を恐れないチャレンジを今後も行ってまいります。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:兒玉 斉
所在地:北九州市門司区栄町9-23
創 業:1903年4月 設 立:1961年1月
資本金: 4,000万円
TEL:093-331-0298
URL:http://www.hashimoto-foods.sakura.ne.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

面会拒絶をはじめる病院もNEW!

 中国に端を発する新型コロナウイルスの影響は、日に日に増している。病院Aは患者のお見舞いにきた家族に対して、マスクを配布していたが、最近は備蓄分のマスクに余裕がなくな...

2020年02月28日 10:14

LIXILビバ、九州進出本格化~来月水巻町に5号店NEW!

 ホームセンター6位のLIXILビバ(本社:埼玉県)が九州で攻勢を強めている。来月福岡県水巻町に開店予定の九州5号店・水巻店はそれまでイオン九州の商業施設内への出店だ...

2020年02月28日 10:11

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第4章・老夫婦の壮絶な癌との闘い(4)NEW!

 オヤジは家族のために一心不乱に働き、稼いできてくれた。帰宅は連日夜11時ごろ。オヤジのおかげで自分と弟は2人とも大学に通え、卒業できた。 オヤジは無骨といえば、それ...

2020年02月28日 10:00

『脊振の自然に魅せられて』「残雪の道標補修作業と素晴らしきブナ林」(後)NEW!

 ところどころに残る雪を踏みしめ、アップ・ダウンを繰り返しながら、休憩地点となるビューポイントへと進む。ようやく小爪峠と金山の縦走路の中間点にある岩場のビューポイント...

2020年02月28日 09:30

縮むニッポン、健康寿命延伸で「生涯現役社会」は実現するか(後)NEW!

 実は、保険者には個人のレセプトや健診データは集まっているが、運動や食生活等の生活習慣の改善、糖尿病等の重症化予防に向けた具体的な取り組みなどとは十分つながっていない...

2020年02月28日 07:00

不動産とテクノロジーの融合目指し、既存の業界とテック企業を結ぶ(前)NEW!

 2018年9月、(一社)不動産テック協会は不動産とテクノロジーの融合を促進し、不動産に係る事業ならびに不動産業の健全な発展を図るため設立された。これまで協会では、不...

2020年02月28日 07:00

海外の事例から見る有望な不動産テックとは(前)NEW!

 不動産テックでは、海外のさまざまな先進的取り組みが日本に流入していくのは、時間の問題だ。「海外の有望な成果を取り入れることによって、業界全体が盛り上がる」と期待して...

2020年02月27日 17:14

『脊振の自然に魅せられて』「残雪の道標補修作業と素晴らしきブナ林」(前)

 2月21日(金)、「脊振の自然を愛する会」の会員Mを誘い、脊振山系:金山周辺の道標整備に出かけた。Mは私より年上で、かつてF大学の教授をしていた。

2020年02月27日 15:32

餃子計画、本社および大阪事務所を移転

 飲食店の運営と餃子類食品の製造卸を手がける(株)餃子計画が2月25日、本社および大阪事務所を移転した。

2020年02月27日 14:52

九電工が役員人事の変更を発表~失われた信頼を取り戻せるか

 (株)九電工(福岡市南区)は2月26日、代表取締役と役員人事の変更を発表した。代表取締役社長には佐藤尚文氏(現・取締役会長)が就任。西村松次・現代表取締役社長は取締...

pagetop