• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月26日 07:00

お客さまの健康を第一に考え『最善主義』を貫く健康食品業者 一樹百穫 

医薬品および食品の製造販売
東京製薬(株)

こだわりの商品を提供

厳選された原材料
厳選された原材料

 東京製薬(株)は2016年11月に設立された医薬品および健康食品の製造販売業者。代表取締役社長を務める森本匡豊氏は薬剤師の資格をもち、主に高齢者を対象に、古くから生薬的に使われている植物やたしかな機能性をもつ天然素材を用いた健康維持増進・疾病対策の商品開発および販売を展開している。

 同社の理念は「コストや手間をかけてでも、できるだけ良いものをつくりたい」というもの。森本代表は「健康食品業界では激しい価格競争の結果、過度なコストカットが行われているケースも少なくありません。価格が下がることはお客さまにとって喜ばしいことですが、その結果、配合成分の品質が下がったり、有用成分の種類や含有量が減ったりしてお客さまの健康にほとんど寄与しない製品になってしまうと何の意味もありません。安かろう悪かろうの製品をつくるくらいならコストをかけてでも真剣な悩みを抱えている方々にしっかり効果を実感していただける製品を届けたい」と語る。

 主力商品は国内でも限られた山林にしか自生しない幻のキノコと呼ばれるヤマブシタケの抽出物のほか、欧米で医薬品原料として広く使われているイチョウ葉エキスなどを配合した健康食品「アルツブロック」だ。

認知症予防に貢献

 脳における「記憶」を訴求した「アルツブロック」の開発には医療・薬業界のスタッフが監修しており、製造においては国内のGMP認証工場で行っている。医療機関にも採用されていることや消費者に安心して摂取してもらえるよう、コールセンターにも薬剤師を配置させるなど、薬業出身ならではのサポート体制で顧客から高い支持を得ている。

 「長く健康を維持する秘訣は、『体に良いものをできるだけたくさんとる』ということです。弊社では医師や薬剤師などを積極的に採用し、専門家の監修を受けながら製品の品質や安全性を高めています」(森本代表)。同社では新たな取り組みとして、体感をさらに高めるため、リニューアル品を開発するとともに九州大学や近畿大学などと組み、臨床試験を実施している。効果が確認されれば論文化とともに機能性表示食品の届出・公表を進めていく。

 同社の商品数は多くはないが、これは1つの商品において、妥協を一切しないという姿勢を貫くためだ。複数の種類の成分を1つのパッケージとしてメーカーに発注することで、結果として価格を抑えた状態でこだわりの商品を提供することを可能としている。商品の開発・販売のほか、同社では認知症患者への支援として、認知症予防研究協会や認知症特化型の介護施設へ「アルツブロック」を通じた寄付活動を行い社会貢献もはたしている。

健康食品「アルツブロック」
健康食品「アルツブロック」

自信をもって勧められる商品

 顧客が直接口に入れるものだからこそ、生産過程でも手は抜かない。同社の商品は一貫して国内生産で行っている。素材はできる限り農薬を使わずに育てた原料を厳選して使用。素材メーカーに対しても採用基準を設置し、信頼できると原料メーカーの原材料のみを使用して製造している。

 また、高齢者向けの商品のため、DHA・EPAで「製品の小粒化」を実現させたことで飲みやすさにも工夫を施している。さらに「自分の両親にも自信をもって勧めたいサプリメントをつくる」「自分が飲めないサプリメントは人さまに売らない」という信念を社員全員が共有するため社内販売制度を設置。任意にもかかわらず多くの社員やその家族がサプリメントを愛飲しているのも特徴だ。

 少子高齢化という問題に直面している日本では、今後さらに高齢者は増えていく。近年では未病予防という言葉も少しずつ浸透しているが、実際に病気予防対策をしている人はまだまだ少ない。また、健康食品を摂取している人でも「食事のたびにたくさんの粒やカプセルを飲まないといけない」という声も多い。そこで、「理想的なバランスのサプリメントをつくりたい」との想いから生まれたのが「アルツブロック」というわけだ。誰だって人生の最後まで笑顔で過ごしたい。死ぬまで健康でいたいと願う人々に愛される商品として今後も愛飲されるだろう。

認知症関連は優先・優遇採用

職場風景

 こだわりの商品を提供する同社だが、それを支えるのは社員たちだ。現在、医師・薬剤師・一般事務のほかに、開発業務を担当する認知症予防関連および有資格者を募集している。

 求人募集について森本代表は「原則、実務経験を前提とした選考になりますが、実務経験がない場合も必要なスキルや知識をお持ちの方であれば受け付けています。もちろん外国籍の方でも採用の対象となります。現在、認知症関連を専門にされていた方は優先・優遇採用をさせていただいております。給与改定に関しては毎年4月に行っていますし、住宅補助として家賃の半分を補助しています(職種により上限は異なる)」と語る。

 コストや手間をかけてでも、品質の高い商品を提供していくー。利益を追求していくだけでは決して愛される商品を提供し続けることはできない。人々の健康を真剣に考えられる方は一度同社に問い合わせてみてはいかがだろうか。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:森本 匡豊
所在地:東京都港区港南2-16-4
設 立:2016年11月
資本金:869万円(首都製薬を含む)
TEL:03-6863-4653
URL:https://tokyo-pharma.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開NEW!

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)NEW!

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

2020年09月18日 16:45

新型コロナワクチンの開発に成功したと豪語するプーチン大統領と世界の反応(後)

 とはいうものの、「スプートニクV」に限っていえば、すでに触れたように、あまりにも少ない治験データであり、その効果の程は「神のみぞ知る」といったところかもしれない...

2020年09月18日 16:30

ユニバ裁判、創業者の控訴が棄却に

 パチンコ・スロットメーカー大手、(株)ユニバーサルエンターテインメントは、17日、同社の創業者で、元取締役会長・岡田和生氏との裁判において、岡田氏の控訴が棄却された...

pagetop