• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月21日 07:00

住む人の生活を考えた住空間づくりが好評 地域トップクラスの不動産デベロッパー 一樹百穫 

不動産デベロッパー
(株)タイヘイ

新しいライフステージを提案

 1964年3月、貸家および建築工事を目的に設立された伊藤組が原点となっている(株)タイヘイ。77年から参入したマンション事業では、「サンライフ」シリーズという自社ブランドの分譲マンションシリーズがユーザーの高い支持を得て、現在まで180棟・1万1,000戸を供給しています。80年7月にはグループ会社に泰平建設(株)を設立。88年から現商号を使用しています。

 福岡支店を開設した94年からは、「サングレート」シリーズという新しいコンセプトの分譲マンションを手がけるようになりました。2016年に泰平建設(株)を合併。現在、事業としては注文住宅用地・建売住宅の「サンタウン」シリーズや賃貸マンション、店舗テナントまで取り扱う総合不動産デベロッパーとして展開しています。

 当社が提供しているマンションや住宅は、お客さまに常に新しいライフステージを提案することを基本としています。物件の1つひとつにこだわり、お客さまに本当に住んで良かったと思っていただける住空間づくりを進めています。お客さまに選ばれることで実績を築くことができ、知名度も高まり、経営の継続的な安定性にもつながっています。

あたたかな社風が特徴

本社社屋
本社社屋

 お客さまからご好評いただいているものの、1つに社員1人ひとりのあたたかな接客があります。その接客態度はアットホームな社風から生まれているのだと考えます。

 当社では大半の社員が長く勤めており、定着率が高い会社です。全員がプロフェッショナルな意識をもち、大きな裁量で仕事に取り組んでいるため、社内では揉め事がほとんどありません。お客さまにとってマンションや住宅は一生に一度の大きな買い物。そんなお客さまに安心してご検討いただけるように、お客さまの立場に立ったアドバイス、丁寧で柔らかな接客を皆心がけています。そんな社員の柔らかさやあたたかさがそのまま社風に現れているのではないでしょうか。

 社員教育のテーマも「自分がされたら喜ぶことを教える」こと。社員の顔がわかる人数だからこそ実行できる教育研修だと思いますが、日ごろから重視しているのがコミュニケーション。仕事だけでなく、年1回の社員旅行も貴重なコミュニケーションの時間です。当社では、日ごろ、業務を助けてくださっている業者さんもお呼びして一緒に社員旅行を行います。海外に旅行することも多く、社員同士、社内外の関係者の皆さまとの絆を深める機会となっています。

お客さまに信頼をお届けする

 当社が地元北九州でトップクラスのマンションメーカーになった今でも大切にしているのが、安心と快適性を追求し、長く安心して住まい続けてもらえる住空間をご提供すること。設計では緻密な地質調査から構造図面のチェックまで細心の注意を払って進めます。

 施工では、耐震基準を十分にクリアし、さらに強度を確保するため地中梁配筋検査や各階の梁・柱・スラブ配筋検査、スランプ・空気量検査など多種の検査を実施しながら進めます。そしてまったくの安心感をもっていただいて物件をお引き渡しへ。お住まいになってからのアフターサービスにも手を抜きません。

 「適切な管理なくして快適な生活は営めない。将来の修繕計画が堅実でなくては安心できない」という理念で独自のフォロー態勢を整備。豊富なマンション運営のノウハウをもつ専門スタッフが適正で無駄のない長期的な修繕計画を立て、お客さまにご提案します。マンションは、いつかは修繕が必要になってくるもの。早期から修繕計画をご提案しておくことで、予算のご準備や常に見守れているという安心感をお客さまにもっていただくのです。そんな真摯であたたかみのある企業姿勢は今後も大切にしていきたいと考えています。

高品質の住空間をこれからも

サンライフ戸畑センターステージ
サンライフ戸畑センターステージ
サングレート平尾山荘
サングレート平尾山荘

 現在、当社で手がけているのは「サンライフ桃園公園」「サンライフ下曽根駅サウスコート」「サンライフ戸畑センターステージ」「サングレート平尾山荘」「サングレート博多ロイヤルプレイス」など。どこも人気の立地で交通の便利さが特徴です。好ロケーションに加え、デザイン、設備の仕様などさまざまな点でこだわりをもってつくり、質の高い住空間をご提案しています。

 これら当社のマンションのこだわりを実感していただけるのが、北九州市小倉北区にある常設展示場「TAIHEI Intelligent Life Gallery」。お客さまがマンションでのくらしをイメージしやすいようにお客さま目線に立った展示をしており、また現在当社が北九州市内で手がけているすべてのマンションの情報を入手できるようになっています。

 さらに展示場内では住宅設備機器や省エネ・エコ設備なども設置しており、環境に優しい生活をしたいとお考えのお客さまに大変好評です。単にマンションを建てて販売する、のではなく、真に豊かな住空間をお届けしていくことが、当社のミッションです。またそのテーマを実現していくために、社員1人ひとりが高い意識をもって、業務に取り組んでいきたいと考えています。

TAIHEI Intelligent Life Gallery
TAIHEI Intelligent Life Gallery

<COMPANY INFORMATION>
代 表:伊藤 俊樹
所在地:北九州市小倉北区片野4-20-3
設 立:1969年5月
資本金:4,900万円
TEL:093-931-6626
URL:http://www.web-taihei.co.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月05日 07:00

プラスチック製レジ袋の有料化 各社各様でスタート

 7月1日から全国で一律にプラスチック製レジ袋の有料化が始まった。持ち手のない袋やバイオマス素材25%以上配合の袋は対象外となる...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(4)

 そもそも7年前に導入が決まった時点では、1基の建造費は800億円と言われていた。それが、あれよあれよという間に2倍以上に膨れ上がり、2基併せて4,500億円になって...

2020年07月04日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】関電責任取締役提訴事件(3)真実隠蔽過程の序章

 かつて「関電疑獄」として、関電収賄事件の解説記事を連載した。そのとき、不祥事を引き起こした取締役会自身の手によって、ヤメ検を中心とした真相究明を目的とする「第三者委...

2020年07月04日 07:00

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(後)

 「単純作業の自動化が重要だと思っています。たとえば、営業で問い合わせを受けたときに必ず行うルーティン業務があります...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(3)

 実は、EMP攻撃のリスク分析はアメリカでは20年前から行われている。というのも、国防総省そのものが、仮想敵国を標的にしたEMP兵器の開発に取り組んできたからだ...

2020年07月03日 16:57

この世界、どうなる?(8)「マイアミ・ナイス」

 私が学生のころ、日本のテレビでは「マイアミ・バイス」というアメリカ製のテレビドラマが流行っていた。ドラマ・アナリストによると、「よくできたシリーズ」だったそうだ...

2020年07月03日 16:45

加熱処理乳酸菌FK-23は抗ガンに高い効果 酵素処理乳酸菌LFKはインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制

 DEVNETは、ニチニチ製薬と提携して、FK-23を免疫強化や抗ガンなどに、LFKをインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制、花粉症などのアレルギー対策などに役立ててい...

2020年07月03日 16:15

6月、九州北部地方の月平均気温が過去最高の24.9℃に

 福岡管区気象台によると、6月の九州北部地方(山口県を含む)の地域平均気温平年差は、1946 年の統計開始以降最高となり、もっとも暑い6月となった...

2020年07月03日 16:02

手ぶらでBBQ!カリフォルニアバーベキュービーチでアイドルが体験レポート

 福岡のアイドルグループ、ふくおか官兵衛Girlsの白石ありさと、NEO☆学院の望月琉菜が「California B.B.Q BEACH」(福岡市西区今宿)をレポート...

筑後商事(株)(旧・(株)マミーズ)(福岡)/スーパー「マミーズ」経営

 同社は6月22日、福岡地裁柳川支部から特別清算開始決定を受けた...

pagetop