• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月21日 07:00

住む人の生活を考えた住空間づくりが好評 地域トップクラスの不動産デベロッパー 一樹百穫 

不動産デベロッパー
(株)タイヘイ

新しいライフステージを提案

 1964年3月、貸家および建築工事を目的に設立された伊藤組が原点となっている(株)タイヘイ。77年から参入したマンション事業では、「サンライフ」シリーズという自社ブランドの分譲マンションシリーズがユーザーの高い支持を得て、現在まで180棟・1万1,000戸を供給しています。80年7月にはグループ会社に泰平建設(株)を設立。88年から現商号を使用しています。

 福岡支店を開設した94年からは、「サングレート」シリーズという新しいコンセプトの分譲マンションを手がけるようになりました。2016年に泰平建設(株)を合併。現在、事業としては注文住宅用地・建売住宅の「サンタウン」シリーズや賃貸マンション、店舗テナントまで取り扱う総合不動産デベロッパーとして展開しています。

 当社が提供しているマンションや住宅は、お客さまに常に新しいライフステージを提案することを基本としています。物件の1つひとつにこだわり、お客さまに本当に住んで良かったと思っていただける住空間づくりを進めています。お客さまに選ばれることで実績を築くことができ、知名度も高まり、経営の継続的な安定性にもつながっています。

あたたかな社風が特徴

本社社屋
本社社屋

 お客さまからご好評いただいているものの、1つに社員1人ひとりのあたたかな接客があります。その接客態度はアットホームな社風から生まれているのだと考えます。

 当社では大半の社員が長く勤めており、定着率が高い会社です。全員がプロフェッショナルな意識をもち、大きな裁量で仕事に取り組んでいるため、社内では揉め事がほとんどありません。お客さまにとってマンションや住宅は一生に一度の大きな買い物。そんなお客さまに安心してご検討いただけるように、お客さまの立場に立ったアドバイス、丁寧で柔らかな接客を皆心がけています。そんな社員の柔らかさやあたたかさがそのまま社風に現れているのではないでしょうか。

 社員教育のテーマも「自分がされたら喜ぶことを教える」こと。社員の顔がわかる人数だからこそ実行できる教育研修だと思いますが、日ごろから重視しているのがコミュニケーション。仕事だけでなく、年1回の社員旅行も貴重なコミュニケーションの時間です。当社では、日ごろ、業務を助けてくださっている業者さんもお呼びして一緒に社員旅行を行います。海外に旅行することも多く、社員同士、社内外の関係者の皆さまとの絆を深める機会となっています。

お客さまに信頼をお届けする

 当社が地元北九州でトップクラスのマンションメーカーになった今でも大切にしているのが、安心と快適性を追求し、長く安心して住まい続けてもらえる住空間をご提供すること。設計では緻密な地質調査から構造図面のチェックまで細心の注意を払って進めます。

 施工では、耐震基準を十分にクリアし、さらに強度を確保するため地中梁配筋検査や各階の梁・柱・スラブ配筋検査、スランプ・空気量検査など多種の検査を実施しながら進めます。そしてまったくの安心感をもっていただいて物件をお引き渡しへ。お住まいになってからのアフターサービスにも手を抜きません。

 「適切な管理なくして快適な生活は営めない。将来の修繕計画が堅実でなくては安心できない」という理念で独自のフォロー態勢を整備。豊富なマンション運営のノウハウをもつ専門スタッフが適正で無駄のない長期的な修繕計画を立て、お客さまにご提案します。マンションは、いつかは修繕が必要になってくるもの。早期から修繕計画をご提案しておくことで、予算のご準備や常に見守れているという安心感をお客さまにもっていただくのです。そんな真摯であたたかみのある企業姿勢は今後も大切にしていきたいと考えています。

高品質の住空間をこれからも

サンライフ戸畑センターステージ
サンライフ戸畑センターステージ
サングレート平尾山荘
サングレート平尾山荘

 現在、当社で手がけているのは「サンライフ桃園公園」「サンライフ下曽根駅サウスコート」「サンライフ戸畑センターステージ」「サングレート平尾山荘」「サングレート博多ロイヤルプレイス」など。どこも人気の立地で交通の便利さが特徴です。好ロケーションに加え、デザイン、設備の仕様などさまざまな点でこだわりをもってつくり、質の高い住空間をご提案しています。

 これら当社のマンションのこだわりを実感していただけるのが、北九州市小倉北区にある常設展示場「TAIHEI Intelligent Life Gallery」。お客さまがマンションでのくらしをイメージしやすいようにお客さま目線に立った展示をしており、また現在当社が北九州市内で手がけているすべてのマンションの情報を入手できるようになっています。

 さらに展示場内では住宅設備機器や省エネ・エコ設備なども設置しており、環境に優しい生活をしたいとお考えのお客さまに大変好評です。単にマンションを建てて販売する、のではなく、真に豊かな住空間をお届けしていくことが、当社のミッションです。またそのテーマを実現していくために、社員1人ひとりが高い意識をもって、業務に取り組んでいきたいと考えています。

TAIHEI Intelligent Life Gallery
TAIHEI Intelligent Life Gallery

<COMPANY INFORMATION>
代 表:伊藤 俊樹
所在地:北九州市小倉北区片野4-20-3
設 立:1969年5月
資本金:4,900万円
TEL:093-931-6626
URL:http://www.web-taihei.co.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供するNEW!

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)NEW!

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop