• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月12日 07:00

人と向き合い“人が集う”会社へ 一樹百穫 

総合建設業
照栄建設(株)

本社社屋
本社社屋

堅固なマネジメントを実践

代表取締役社長 冨永 一幹 氏
代表取締役社長 冨永 一幹 氏

 照栄建設(株)は、47年間地元・福岡のまちづくりに貢献し続け、県内地場ゼネコンのトップクラス企業としての存在感を日に日に増している。福岡都心部を中心にあらゆるジャンルの建築・構造物の実績を有し、今日も業界をリードし続ける。設立以来、赤字を出したことは一度もなく、無借金経営を続ける安定経営は、堅固なマネジメントによって支えられている。

 1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目中村悦治氏、そして2017年7月に3代目の代表取締役社長として冨永一幹氏が就任し、同社の伝統は脈々と受け継がれている。

 同社は設立時より一貫して、地域密着型の総合建設業としての事業展開を行う。顧客の声に耳を傾け、想いをカタチにした建築・構造物を提供し続けている。そのために同社は、専門工事協力会社や職人との強固な関係を構築し、そして何よりも全社員一丸となって、総合力を駆使して地域のまちづくりを実践。同社はその強力な結びつきを生かして、福岡のまちづくりへ貢献している。そこには、「福岡は未来永劫、輝き続けるまちであってほしい。」という、福岡のまちに対する深い愛情を感じることができる。

社員が長く勤め続ける企業風土

 同社は、工事部・営業部・開発営業部・住宅営業部・リフォーム部・ドゥープ事業部(リノベーション)、そして総務部・経営企画部で形成され、各セクションが役割を果たしながら、相互間で連携を密にしている。1つのプロジェクトに対し、それぞれの立場を尊重しながら、きめ細かなコミュニケーションを図り、一体となって進めていく。

 それは同社が顧客に、より満足度の高い建築物・構造物を提供することにすべてのベクトルを向けている証である。その他者を思う心こそ、社員が長く勤め続ける同社の企業風土を創出し、醸成している源泉である。平均勤続年数20年、離職率1%の数値が示す通り、同業他社のどこよりも定着率は群を抜いている。

 同社社員は、「社長の冨永は、私たちとの垣根はなく、どのような話でも耳を傾けてくれます。円滑なコミュニケーションを社長自ら率先されるので、仕事へのモチベーションが高まります」と笑顔で語る。同社内で社員の方々の姿を見ると、皆一様に明るく朗らかな表情で仕事に取り組んでいることがわかる。利他の精神、それは真のチームワークを構築し、全社で邁進するための原動力なのである。

“人が集う”企業風土
“人が集う”企業風土

同志を募る

 同社の社員が長く勤め続ける企業風土は、長年培ってきた英知の結晶である。さらにその企業風土をより進化させるために、同社は新卒採用において独自性の高い採用を実践している。

 冨永代表は、「当社は地場の総合建設業です。国内業界大手と比較して、技術・施工・業績・規模など到底およびません。社員数、つまり企業の規模もしかりです。我々は、国内大手と競争するのではなく地場の建設業の役目をはたしていくことが大切だと思っています。ですから採用活動の際、学生の皆さまには、当社の経営理念についてじっくり話をさせていただいております。

 現在多くの報道などで国内全体の“人材不足”がクローズアップされております。建設業においても“人材不足”が顕在化していることは自明の理です。それでも、次世代の人材を確保することは絶対に必要です。では、当社はどうするのか。“同志を募る”ことを明確にしております。当社の経営理念に賛同し、入社していただくのは限られた方々です。ですが、それで良いのです。大手志向や安定志向・キャリア志向などさまざまな価値観が存在するなか、我々と同じ価値観をもつ方々が、わたしたちの“同志”です」と人材採用について語る。

 同社の採用については、冨永代表が立案・計画そして実施まで先頭に立って行う。その想いは、「同志を募る」の言葉に集約される。「採用なくして未来はありません」と冨永代表は断言する。

内定者研修
内定者研修

誇りと成長と感謝

 同志とは、「弊社に関わるすべての方々です」と冨永代表。同社社員を始め、専門工事協力会社および職人、仕入先、金融機関、そして顧客(施主)が同志である。その冨永代表の経営理念が、同志に伝播・浸透し、相互利益を実現している。前述の通り、冨永代表自ら積極的なコミュニケーションを図り、社内外とも闊達な雰囲気のなか、常にポジティブな環境で仕事に取り組んでいる。冨永代表は、各セクションの会議やミーティングには原則すべて出席し、議論を交わす。リーダー自ら“同志”と膝をつき合わせて、話を聞き、受け入れて自らの提言を行うスタイルを徹底する。

 「建設業は、縮小はあっても、国家が滅びない限り必ず存在します。一方で、半世紀前と比較して、ハード面の進化はあるなか、人の手が必要な仕事においては大きな違いはありません。建物は人の手によって、1つひとつでき上がっていきます。つまり、人の力によって支えられている業界であり、今後もそれは不変です。当社は、“人を集める”ではなく“人が集う”企業として、さらに進化発展させていきます」(冨永代表)

 “人が集う”企業風土で、これからも地域に密着を貫く。

創立45周年感謝の集い
創立45周年感謝の集い

<COMPANY INFORMATION>
代 表:冨永 一幹
所在地:福岡市南区向新町2-5-16
設 立:1972年6月
資本金:7,000万円
TEL:092-566-1249
URL:https://shoei-k.com/recruit

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop