• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月24日 15:18

進興設備工業研究(1)~金庫株突出!企業価値の高さ故の苦肉の策

中興の祖=舩津政隆氏の役割

youyaku_t ※クリックで拡大

 進興設備工業(株)は、創業者的野傳氏によって1951年1月に創業された。法人改組したのが59年3月だ。業績は一進一退であった。社員の要望を聞き入れて、創業者の的野氏とは赤の他人である舩津政隆氏が2代目社長に就任したのが84年4月である。この時点で、一族が経営継承をすることにこだわらない風土が確立した。舩津氏は15年間、代表取締役社長として快走して、卓越した会社に仕上げた。

 以前、『会社の企業価値』についての特集を組んだ。金銭勘定で「上村建設は250億円か」「北洋建設は43億円か」「松本組は29億円か」と論じた(もちろん、判明したデータからのグループ企業の金銭勘定価値を類推したので、実態は変動がある)。
 ただ、進興設備工業の場合はシンプルである。2014年2月期の純資産は10億5,000万円。不動産の含みは、手堅く見て1億5,000万円(固定資産土地の簿価9,289万円)。有価証券の含み2億円(この簿価4億円)。合わせると、企業価値14億円になる。
 同社の前期売上高が14億4,800万円であるから、年商売上に迫る企業価値であるのだ(純資産率=自己資本率70%)。建設業に携わる空調・設備業で、年商に匹敵する企業価値として換算されることは特筆すべきことである。ゼネコンからの受注主体で、これだけの内部留保ができるのは、至難の業と評価できる。この業界水準をはるかに卓越させた企業内容に仕上げたのが、2代目社長・舩津氏であったのだ。

 

企業価値高い故に贅沢な悩み

office_ousetusitu 舩津氏自身も、次期後継者を真剣に探していた時期があった。筆者が会社を訪問するたびに、「誰かスカウトしていただきたい」と頼まれた。頼まれた以上、こちらも真剣に探し回ったが、単なる営業部長、積算部長のスカウトではない。進興設備工業の経営を引き継ぐ人材である。大役に対して、こちらも力不足。「ギブアップです。期待に応えられません」と頭を下げた。舩津氏も身内で該当者を育成しようとしたが、成功しなかった。こんな超優良企業を継承することになるのには、誰もが尻込みするのは当然である。

 さらに大変なのは、企業価値が超越する相続税・贈与税に苦しめられるということだ。もともとの株主構成は、創業者・的野傳氏の一族および3代目社長になる的野敢氏、舩津氏などで占められていた。単純に言えば、14年2月期の株主資本10億5,000万円、資本金5,000万円であれば21倍の評価が付く。仮に1,000万円の株主には2億1,000万円の株の値がつく。これを身内に引き渡す際には2億1,000万円に対する贈与税がかかるようになる。贅沢な悩みと言えばその通りであるが、無策でいるわけにはいかない。

 当時の舩津社長、財テクに精通している的野敢氏2人で必死に知恵をめぐらせた。
 その頃、事業継承をめぐる税法が是正されていた(中小企業の事業継承を容易にするためにオーナー一族以外に株を譲渡する場合には譲渡税を取らない取り決めがなされていた)。そこでまず金庫株(自己株式)を増やした。現在、3万3,760株(発行株数の33.8%)である。さらに社員持ち株を増加させた。社員他個人持ち株の占める株数が54%に達している。
 こうなると、誰がオーナーか統治者か、不鮮明になるのだ。持ち株で言えば、『進興設備工業の統治者は社員』となる。
 2代目社長・舩津氏、3代目・的野氏とも、ユートピア的思想の持ち主ではない。激烈な中小企業の戦争に勝ち残ってきた非情な現実主義の経営者であったことは間違いないのだが―。皮肉なものだ。超優良企業に仕上げた故に、オーナー会社を捨てた。この2人の脳裏にある優先順位は、『いかにして企業を存続させるか』である。「資本金の21倍の値が付いた企業価値には自画自賛しても良いが、相続税・譲与税で会社経営に支障をきたすわけにはいかない」という共通した認識だ。結果、『会社の統治者は社員』という株主構成を選んだのである。けっして共産主義者的判断からの処置ではない。

超優良故の自信みなぎる

 4代目の大野史朗社長は、己の役割を明確に披露する。「第1の使命は企業内容を一段と向上させることです。過去の3代の社長が営々と築いてきた企業基盤を毀損したら、腹切りものです。先輩たちに申し訳ない。第2は次の後継者を育て上げることです。もう次期社長は選定しています。もちろん、社内抜擢です。この使命達成のために、少なくとも5年間は全力投入します」。大野社長が全然、意気込むことなく淡々と語ることで、こちらは逆に圧倒される。

 聞くところによると、5代目と目される人材は40歳前後であるとか。同社の財務内容・社風から勘案しても、不測の事態が生じない限り「20年間は事業継続可能」と判断が下される。受注業態も大きく舵取りを変えようとしている。「ゼネコン50%、改修工事直受け50%」という受注形態を、不動のものにしようとしているのだ。同社の強みは、決定したことを完遂することである。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:大野 史朗
所在地:福岡市南区玉川町4-2
設 立:1959年3月
資本金:5,000万円
売上高:決算書参照

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

2019年10月18日 15:32

(株)海商、山本一隆氏が代表取締役社長に就任

  (株)海商(福岡市東区)は、代表取締役社長に山本一隆氏が就任したことを発表した。9月20日に山本峰雄会長が死去したことを受けてのもの。

2019年10月18日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」10月11日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop