わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月06日 13:33

【書評】『なぜ税理士は経営者の期待に応えられないのか』

 会社経営において税理士はきっても切れない関係にある。タイトルはいささか挑戦的な感じもするが、それだけ士業に誇りをもっていただきたいという著者からのメッセージだと思う。
 以下、私なりに感じたことを3つの目線で記してみる。

【税理士の目線から…】

 本書で何度も触れているが、税理士業は国家資格・士業であるにも関わらず顧客の獲得が熾烈を極めているようだ。そんな中でも健闘している税理士や、税理士法人は当然あり、生き残り戦略のヒントが随所に見受けられる。著者はただ税理士業界を批判しているわけではなく、顧問先企業と「同床異夢」の先細り状況に陥らないためにも…と書き綴っているように思える。
 顧問先の業種を確実に把握し、円滑なビジネスマッチングを構築できる…。税理士業は創造的かつファンタスティックで楽しいということも本書では綴られている。

【経営者の目線から】

 税理士にまつわる数々の勘違いエピソードは一見の価値があるだろう。
 元融資担当銀行マンの経験・実績があるからこそ書ける内容だけに、リアリティがある。同じような問題があれば、経営者は今一度、税理士と向き合うことにしたほうが良いのは間違いない。判断材料は「税理士さんは銀行からお金を取ってこれますか?」だ!
 だが本書で言いたいことの根本は、税理士の怠慢もさることながら、経営者の勘違いが引き起こしている事態についての注意喚起にあると思う。
 経営者・役員が今年度は事業をどのように進めたいか、拡大したいかを区切りごとにしっかり説明していない。申告グレーゾーンもたくさんあり、毎年税務調査官によって見解も異なる。
 税理士に対しての説明不足や価値観・情熱の相違から、歪みが起きてしまう。人材育成、会社の成長についても同じことがいえよう。
 税理士をお金の専門家、経営コンサルの一部と思いこみ、安心しきっている経営者こそぜひ同書を読んでいただきたい。
 「税金を払わずにお金を借りたい」という虫のいい話はどこにもないのだということを肝に据えるべきだ。

【元融資担当銀行マンの目線から】

 本書が秀逸なのはまさにココからである。つまり、「借りたいときに借りられる決算書を正しくつくる」方法が描かれており、税務署でYES!銀行ではNO!と言われない決算書作成の方法が見どころである。
 それは、かつてあったようなルール違反のズルイ方法ではなく、「税理士による積極的な経営サポートの原則によるもの」と同書では説明している。
 一緒に銀行にいく税理士さんがいるのはあたりまえではないのか?銀行マンの金融審査スキル低下を勘案して対応する税理士さんがいてくれたらどれだけ心強いか!そして、さらに税理士さんがつくる決算書ではなく、最終的に銀行側が思案した決算書で融資が決まるというのは当然のことなのかもしれないが、目から鱗だった。
 経営者だけでなく、営業マン、ビジネスマンであれば経営者とのコミュニケーションツールとして、このくらいの知識があっても損はないと感じた。

【最後に】

 税理士のことを書いた本だが、私がこの本で一番響いたフレーズは「社長の仕事は“ジャッジすること”」という部分。確かに税理士の無知も罪なのだが、それ以上に社長が税理士に頼りすぎているのが「悪」だと感じた。
 同書は税理士のことを書いているが、実は社長への警告・メッセージが散りばめられている。

【青木 義彦】


 NetIB編集部では、先着5名さまに『なぜ税理士は経営者の期待に応えられないのか』をプレゼントする。応募の詳細は下記。

■プレゼント『なぜ税理士は経営者の期待に応えられないのか』
 メール、もしくはFAXで、
1.氏名
2.郵便番号
3.住所
4.電話番号
5.年齢
6.職業(会社名、所属)
7.NetIBNewsの感想
 をご記入のうえ、件名に『なぜ税理士は経営者の期待に応えられないのか』と明記し、下記メールアドレスまたはFAXにてお送りください。
お申込み専用アドレス→ hensyu@data-max.co.jp
FAXの場合はこちら 092-262-3389(読者プレゼント係宛)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月26日 13:57

山本太郎氏が都知事選擁立を「一切聞いてない」、長妻発言に敬意と警戒

 立憲民主党の長妻昭選対委員長が7月5日投開票の東京都知事選にれいわ新選組の山本太郎代表を野党統一候補として擁立する可能性に言及したことについて、山本氏は24日、「そ...

2020年01月26日 07:00

フットワークの良さを武器に100周年を目指す老舗企業

 福岡地区で老舗として知られる博多電設工業(株)は、1936年11月に西嶋要次郎氏が西嶋電気商会として創業した電気工事業者である。54年1月に(有)博多電設鉱業所とし...

2020年01月26日 07:00

福岡の街づくりに青春を全力投入されたら如何ですか

  福岡では天神再開発、博多周辺開発で中心部の街づくりが進行している。博多の街は1587年に豊臣秀吉による区割りで現在の基盤が形成された。そして第二次世界大戦で度重な...

2020年01月26日 07:00

お客さまの健康を第一に考え『最善主義』を貫く健康食品業者

 東京製薬(株)は2016年11月に設立された医薬品および健康食品の製造販売業者。代表取締役社長を務める森本匡豊氏は薬剤師の資格をもち、主に高齢者を対象に、古くから生...

2020年01月25日 15:56

「メイト黒崎」が自己破産~負債総額約25億円

 北九州市の商業施設「クロサキメイト」(北九州市八幡東区)を運営する「株式会社メイト黒崎」は、下資料の通り、1月24日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し、同日付で保...

2020年01月25日 07:30

国内中核港をより進化させ地域活性化に挑む

 博多ふ頭(株)は、1993年4月に設立された港湾企業である。福岡市が51%、地元の海運会社など港湾業界関係企業が49%出資した第3セクターである。“管理型から経営型...

2020年01月25日 07:00

企画・開発・販売、そして管理まで 高価値マンションの提供により安定成長を実現

 競合他社を見るのではなく、常に顧客を見る。そうしたスタンスで実に手堅いビジネスを繰り広げているのが(株)ネストだ。2007年の「ネストピア大濠公園」を手始めに、現在...

2020年01月25日 07:00

マンションベースにさまざまな建物を企画 運用では新サービスにも挑戦

 2012年3月の設立から投資マンション「モダンパラッツォ」を供給してきた(株)モダンプロジェ。設立からわずか7年半にも関わらず、10月末時点で100棟(木造含む)の...

2020年01月24日 18:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~ゴーン効果

 日本の刑事司法の違法性・犯罪性が外国からの情報によって次々に世界に発信され始めた。日本国民はいつも最後に真実を知らされる破目になっている。

2020年01月24日 17:13

東京・有楽町のランドマーク「東宝ツインタワービル」が解体へ

 東京都千代田区有楽町にある「東宝ツインタワービル」が、建替えにともなう解体工事に着工したことがわかった。 同ビルは1969年5月開業。屋上に見える2基の屋上広告塔...

pagetop