• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月07日 13:19

ついに捉えた!謎のトラックの真相~「世界のクボタ、九州の農業を運送で支える老舗企業」

(株)吉福運送

 皆さんは、(株)吉福運送をご存知だろうか?それでは「敬客愛品」と書かれたトラックはどうだろう。車を運転する方なら、何度か目にしたことがあるはずだ。

 私が知人らに、同じ話題を振ると「知ってる、知ってる。中国からの物資を運んでるんじゃない?」「よく、走ってるのは見かけるけど。停まってるところは見たことがない」「そういえば子どものころから走ってるよね」などなど意外にも反響が多いことに驚いた。

 まるで、都市伝説のようだ!ということで、早速調査を開始した。

「敬客愛品」と書かれたトラック

 今回、「敬客愛品」と書かれたトラックを所有する(株)吉福運送に突撃取材を敢行し、「トラックは有名なのに、何を運んでいるのか知られていない」という疑問をぶつけてみた。

永利会長(左)と吉福社長(右)

 取材に快く応じていただいたのは、代表取締役会長・永利英巳氏、代表取締役社長・吉福史諒氏という経営トップのお二方だった。

 少々、恐縮しながらも両氏に対し「ズバリ、何を運んでいるのですか?」と尋ねると、笑顔で、「クボタです。クボタの農機具を山口県と沖縄を除く九州全域に運んでいます」と答えてくれた。

 ――トラックに赤い文字でペイントされた「敬客愛品」とは?何を表しているのですか。

 「敬客愛品」とは1954年の創業時からの弊社のモットーで、創業社長が西郷隆盛の座右の銘でもある「敬天愛人」を弊社になぞらえて「お客さまを敬い、運ぶ品を愛する」との思いをあらわした言葉です。

 クボタ工場より、博多港に海運されてきたさまざまな農機具を山口・九州一円のディーラーへ運送するのが弊社の役割です。運んでいる品は、車で表すと新車ですから当然、傷などがつかないように細心の注意をはらい輸送しています。また長い間、この事業に専念していますので「敬客愛品」と書かれた弊社のトラックを幼いころからご存知なのでしょうね。ということ。すべての謎は直ぐに解き明かされた。

日本の農業とともに歩んだ65年

 創業後、わずか2年で(株)クボタの専任運送会社に選ばれた同社。オイルショックもバブル崩壊もリーマン・ショックもともに歩んできた、その功績を称え、2016年に世界のクボタより「永年取引」の感謝状の寄贈を受ける程の評価を受けている。

 四代目社長である現会長の永利英巳氏に、その努力と苦労を尋ねた。永利会長は「努力するのは当然のことで別に苦労などありませんよ」と笑いながら答えてくれた。

 続けて永利会長は「農産業も時代とともに変化し続けています、クボタが耕うん機の製造販売を始めたのが1947年、それまでは人が田畑を耕していました。農機具の無人化は目前でしょう。

 大型ドローンによる輸送も近い将来可能になると考えています。弊社は、時代背景や道具が移り変わっても「敬客愛品」の精神で運び続けるだけです」と答えてくれた。

将来を見据えた、世界戦略も

吉福社長

 弊社は運送屋です、農機具を開発しているワケでも、製造しても居ません。運送業者として、さまざまなニーズやオーダーに的確に応えられるようにチャレンジを続けています。と答えてくれたのは、五代目で現代表の吉福社長。

 今後、物流のボーダレス化はますます進みます、弊社では国内から海外へ、海外から国内へ脈々と流れる貨物の動きを、よりスムーズにお客さまに提供できるように国際物流事業も行っています。たとえば、輸出入に必要な通関業務や保税倉庫業務など、これから海外に輸出をお考えの方々や、海外からの商品の輸入を検討している販売店様からのニーズへのソリューションを行っています。

 時代背景や文化やツールが変わろうとも、弊社にはその変化に寄り添い継続してきた65年の実績があります。弊社の理念を、創業時から守り続け、時代の変化に対応する知恵と困難にも揺るがない信念を社員一同、家族のように共有しています。その知恵と信念と実績に対する信用が、弊社の将来へのチャレンジを後押ししてくれています。

人材難といわれるなかで

 あらゆる企業が頭を抱える問題が人材確保である。売り手市場と呼ばれる採用状況が長らく続く中で、中小企業の「人手不足倒産」も増加傾向にある。その点について吉福社長に訊ねてみた。

 確かに弊社でも、人手不足は深刻な問題です。とくにドライバーの人材確保は急務と捉えています。安全な運送、運行、現在の社員の健康などを守る為にも随時募集しています、年齢や職歴は問いません。

 運送業も劇的に変革しています、弊社は創業時より生涯雇用を守っています。いま、弊社が欲しいのはともに創業100年を目指していただける人材です。弊社は皆さまのおかげで創業65年を迎えることができました。感謝に堪えません、ありがとうございます。

 私は、現在26歳、弊社が創業100年を迎える年には、61歳。私には未来ではなく将来として、とても現実的な目標です。

敬客愛品の会社理念を、支える社員と環境

倉庫に並ぶ小型農機具

 突然の取材にも関わらず、フランクに対応していただいた永利会長と吉福社長に、社内を案内していただいた。そこには、出荷を待つクボタの農機具が整然と並んでおり壮観でもあった。  

 壮大な屋内倉庫には、トラクターやコンバイン、家庭用農機具が、所狭しと並んでおり、出荷ヤードでは、フォークリフトやトラックが音楽を奏でるように動き回り、作業が進んでいる。

 通常、新車などは屋外のモータープールで保管するものだが屋内倉庫で、大型農機具を保管するのも吉福運送の品質基準との事。

 作業する社員に声を掛け、勤務環境の実態を訊ねた!

 対応していただいたほとんどの社員が中途採用であるが、同社に入社してからの勤続年数は長い。

 社員一同、口にするのは「社内の雰囲気が良く、働きやすい」「子どもの行事などで休暇をいただけた」「育児休暇を2回もとらせてくれた」「さまざまな、資格を取得することができた」など福利厚生の充実に対する評価が高い。

 吉福社長の「弊社は創業時より生涯雇用を守っています。」との自信に溢れた言葉が頭をよぎる。古き良き昭和の企業体質と、百年企業を目指す平成生まれの吉福社長。

 昭和時代と平成時代の融合は令和の時代で、どのような化学反応を起こすのであろう。

 「敬客愛品」の文字を背負うトラックは、今後が楽しみな企業であった。

【相崎 正和】

「生涯雇用」をご希望の方は、一度同社に連絡を入れてみてはいかがだろう。人材は随時募集しており、社内見学も可能とのことだ。

<COMPANY INFORMATION>
社 名:(株) 吉福運送
代 表:吉福 史諒
所在地:福岡県古賀市青柳2866-1
設 立:1970年
資本金:2,000万円
TEL  :092-942-5875
URL  :https://www.yoshifuku-unsou.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月24日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(5)

 ベスト電器は2010年1月、有薗会長、濱田社長が経営責任をとって退任し、深澤政和副会長が代表取締役社長に、井澤信親氏が代表取締役専務となる新人事で年を明けた。しかし...

2021年01月24日 07:00

【年頭所感】コロナ禍の逆風のなかで新たな挑戦、太宰府市をより住みよいまちに〜楠田大蔵市長(後)

 当面はコロナ対策を万全にしていくということに尽きますが、今年はある意味、総決算、集大成の1年になってきますので、積み上げてきた3年間の取り組みを1つの形にしていく重...

2021年01月23日 13:47

【福岡県政インサイダー】データ・マックスの目は節穴、高島市長の脳裏には知事の道はない

 22日、「福岡県政インサイダー」コーナーに「小川知事ついに辞意表明か 後任に高島福岡市長」という記事を掲載したところ、そのわずか30分後に自民党福岡市議団の有力市会...

2021年01月23日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(4)

 1953年9月創業のベスト電器は、当時メーカー優位の家電販売業界にあって、創業者の北田光男氏が辛酸を舐めながらも"安売り"を前面に押し出した販売手法で日本一の会社に...

2021年01月23日 07:00

【年頭所感】コロナ禍の逆風のなかで新たな挑戦、太宰府市をより住みよいまちに〜楠田大蔵市長(前)

 太宰府市は19年に令和の発表で注目をいただいた分、20年にはコロナの影響を非常に強く受け、その落差は日本一大きかったかもしれません。観光客数は4〜5月が前年同期比9...

2021年01月22日 17:18

進展しない第一生命の金融詐欺事件

   下表は第一生命保険(株)が2020年12月22日に発表した「元社員による金銭の不正取得」事案に関する報告の表題である(一部加筆および修正)。 ~この表...

2021年01月22日 16:43

【基山町】トラスト不動産開発と「まちづくりに関する協定」を締結~地方創生の新モデルを

 佐賀県基山町は、25日、トラスト不動産開発(株)と「まちづくりに関する協定」を締結する。トラスト不動産が基山町において18年ぶりとなる分譲マンションを建築することに...

2021年01月22日 16:06

自動運転、事故の責任は誰が負う? メーカーか、運転手か、それともAIか

 自動運転は、4月に「レベル3(条件付き運転自動化)」が解禁され、ホンダが高速道路での自動運転機能を搭載した乗用車を近く発売する予定で、ついに実用化されることになった...

2021年01月22日 15:30

激化する新型コロナ・ワクチンの開発競争:副作用の急増で問われる安全性(後)

 歴史を紐解けば、人類は8000年もの昔から感染症と向き合ってきた。エジプトのミイラからも天然痘の痕跡が発見され、14世紀のペストの流行によってヨーロッパでは人口の3...

2021年01月22日 15:12

【告発/大和ハウス】バイオガスプラント事業でずさん工事 プラント正常化を「投げ出し」の卑劣(1)

 大和ハウスと、福岡県糸島市の養豚農家の間にトラブルが起きている。にわかには信じられないずさんな工事の背景には何があるのか...

pagetop