わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月12日 14:25

曖昧な株式管理が生んだ名門ゴルフクラブの経営権争い(前)

 ゴルフ場創業者の死後、株式の所有をめぐり、裁判が続いている。舞台は、福岡県糸島市にある「ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ(以下、クイーンズ)」だ。

 高速ICから車でわずか1分の好立地にあり、開業後すぐにプロツアーが開催されたゴルフ場だ。地場屈指のマンションデベロッパー・ソロンが手がけたのはよく知られているが、創業者・田原學氏亡き後、株式をめぐり、争いが生じていることはあまり知られていない。裁判記録からわかったのは、中小企業経営者に警鐘を鳴らすものでもあった。

 裁判は平成28年に始まっていた。訴状が提出されたのは、田原學氏が亡くなる前からである。原告はソロン創業者でクイーンズを建設した故・田原學氏の長男、司氏。被告が運営会社(株)ザ・クイーンズヒルゴルフ場。請求内容は「株主権確認等請求事件」であった。原告の田原司氏が被告のゴルフ場運営会社に求めたのは、原告にゴルフ場の経営権があり、過去の役員人事については無効であるというもの。

 株主が亡くなれば、親族を筆頭に誰かが相続しているはずだが、会社の株をめぐって、争いが起きているというのは事実。被告の法人登記を確認すると、不可解なことにいまだに故人である田原學氏が取締役として登記されたままになっている。亡くなったのは、平成29年3月10日であるから、もう2年半以上が過ぎている。取締役が死亡した場合、変更登記が必要になるが、そのままになっていることからも、異常事態であることは推測できる。

 現在の登記上の取締役を確認すると、取締役は3名。ソロン創業者故・田原學氏と代表取締役で総支配人A、取締役・副支配人Bもともにソロン出身だ。関係者から話を聞いたところ、ここ10年ほどの役員の移り変わりもわかってきた。過去10年で取締役に名前が出てくるのは、計6名。學氏は長期に渡り、闘病していたため、役員として在籍していたが、現場での指揮監督はこのA・B2人が行っていたと考えるのが自然だ。創業者の子息とはいえ、突然「株式は私のものだ」と主張されても、会社側は了承するわけにはいかない。法廷の場で、争うことになった。

 現経営陣からすれば、司氏の「乗っ取り」とも取れる行為であり、請求通りになれば、自らの立場は失われるということになる。全株式は自分のものであると主張する司氏。一方で会社側の主張は、あくまでも株主は田原學オーナー1人だけであり、100%株主であるというものだ。學氏が全株保有することになって以降、株式は誰にも譲渡されていないと反論している。

(つづく)
【東城 洋平】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(18)〜茶番の名誉顧問会か?NEW!

 既報の通り、2019年12月9日にライオンズクラブ(以下LC)337-A地区の「名誉顧問会」が開催された(開催場所不詳)。LCの名誉顧問会とは、現ガバナーが任命した...

2019年12月10日 17:01

まちかど風景・西区~旧マルタイ本社側にマンションNEW!

 福岡市西区周船寺3丁目、旧マルタイ本社・福岡工場跡地側にマンションが建設される。計画されているのは「(仮称)ブレス周船寺新築工事」で、建築物の概要は、RC造の地上1...

2019年12月10日 16:37

福岡クリスマスマーケット主催者 (株)サエキジャパン・佐伯岳大社長 インタビューNEW!

  福岡クリスマスマーケットの主催者である(株)サエキジャパンの佐伯岳大社長に、各会場の特徴や、今後の意気込みなどを聞きました...

2019年12月10日 16:12

【パチンカー代の『釘読み』】マルハン、20年3月期中間決算は減収増益NEW!

 全国でパチンコホール「マルハン」を300店舗以上展開する(株)マルハンが2020年3月期中間決算(連結)を発表した。

2019年12月10日 15:03

【凡学一生のやさしい法律学】さくら疑獄事件(7)NEW!

 筆者は「桜を見る会」の不適切者招待について、安倍晋三首相の刑事責任は問えないとしましたが、読者から公職選挙法の供応接待罪(同法221条1項)に当たるのではないかとの...

2019年12月10日 14:15

スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(17)~生産背景が変わる青果NEW!

 青果物にはすでに際立った変化が表れている。それは生産背景の変化だ。農家の高齢化がいわれて久しいが、それは今後、農家の消滅の危機をはらむ。団塊の世代がリタイアするからだ。

2019年12月10日 13:28

中国経済新聞に学ぶ~長江デルタ一体化 活気あふれる成長源に

 12月1日に発表された「長江デルタ一体化発展計画綱要」は、長江デルタ一体化発展の「早送り」を押した。台頭中の世界6位の都市クラスタ、「一帯一路」及び長江経済ベルトの...

2019年12月10日 13:00

「手続的正義」どっちが大悪?~東名高速あおり運転事故(後)

 米国経済では信用の低い企業の貸付債権を担保に発行されたCLOのリスクが注目を集めている。2007年の世界金融危機がCDOに端を発しているとしたら、今回はCLOが経済...

2019年12月10日 12:20

北九州に「辛麺屋桝元 八幡店」オープン

 新たな麺文化として人気が高まっている「辛麺」元祖の店として知られる(株)桝元(本社:宮崎県延岡市、長曽我部隆幸社長)は10日、北九州市八幡西区に「辛麺屋桝元 八幡店...

2019年12月10日 12:00

民法改正で変わる時効期間 飲み屋のツケにも影響あり?

 前回(民法改正で変わる 賃貸契約の保証人)は、およそ120年ぶりの大改正となる民法の債権関係に関する規定のなかから、賃貸借契約についてご説明いたしました。今回は、「...

pagetop