わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月19日 10:52

JR九州、ハイエナファンドの餌食になる!~ファンドの圧力に屈して、100億円の自社株買い(前)

サバンナに生息するハイエナは時速65kmを超える俊足と並外れたスタミナを併せ持つ優秀なハンターである。短時間で仕留めることは想定しておらず、群れをなして、時間をかけ獲物を疲れさせたところで仕留める。アクティビストと呼ばれる「物言う株主」は経済界のハイエナである。九州旅客鉄道(JR九州)がハイエナファンドの餌食になった。

ハイエナの手法:青柳社長の首を人質にとる

 JR九州は11月5日、発行済み株式の2%に当たる320万株、取得額100億円を上限に、自社株を取得すると発表した。同社の「自社株買い」は初めて。市場に出回る株式の数が減り、投資家が株価の上昇が期待できる手法で、米投資ファンドが提案していた。

 大株主の米投資ファンド、ファーツリー・パートナーズは6月の定時株主総会で、最大720億円かけて10%の自社株買いを行うよう提案。JR九州側は「駅ビル開発などに資金が必要」「将来の成長を犠牲にする」などと反対し、提案を退けていた。

 JR九州は一転して、自社株取得に踏み切った理由について、株主総会でファーツリー社の提案に一定数の株主が賛同したことや、欧米の投資家との意見交換で、効率的な資本運用を求められたことを挙げた。

 いささかきれいごとすぎる。ハイエナファンドの手口は生やさしいものではないからだ。

 株主総会では、ファーツリー社の株主提案はすべて否決されたが、自社株買いには34.10%の賛成があり、賛成率のあまりの高さに、JR九州は肝をつぶした。

 JR九州の海外投資家の保有比率は18年3月期末の38.01%から19年3月期末には44.71%と6.7ポイント増加した。

 自社株買いの支持率の高さ、海外投資家の多さで、ファーツリー社とJR九州の力関係は逆転。そこで、ファーツリー社は奥の手を出した。自社株買いの要求を呑まなければ、来年の株主総会では青柳俊彦社長の不信任を突き付けるぞと揺さぶりをかけたのではないか。ハイエナファンドの常套手段だ。青柳社長の再任が拒否されることさえあり得る事態だ。

 青柳社長の首を人質に取られたJR九州は譲歩するしかなかった。それが100億円の自社株買いだ。元手は、12月に発行する200億円の社債や、傘下の事業の売却益を充てる。

 JR九州は借金や資産の切り売りに追い込まれた。しかし、720億円の自社株買いを要求しているハイエナファンドが100億円の株主還元策で引き下がるとは思えない。「もっと吐き出せ」と迫ることになるだろう。

鴨がネギを背負ってきた

 JR九州は2016年10月、悲願の株式上場をはたした。実質的な官営企業から完全な民営化への転換だ。ハイエナファンド軍団は「鴨がネギを背負ってきた」と舌なめずりした。

 かつて株式を公開する場合、安定株主として取引銀行や取引先に株式をもってもらうのが慣例であった。だが今日、投資家の利益を損なうとして、株式の相互持ち合いはご法度。

 安定株主を確保できないまま株式上場したJR九州は丸腰で、ハイエナの群れとの“荒野の決闘”に臨まざるをえなくなった。

 一番バッターとして登場してきたのが、米投資ファンドのファーツリー社。1994年に設立され、預かり資産は約60億ドル。日本企業には5社投資しているそうだが、その名を高めたのはJR九州とのド派手な攻防戦だ。

 ファーツリー社はJR九州の株式公開時に株式を取得、その後も株を買い進めた。保有比率が5%を超えたのはJR九州が初めてだという。

 ハイエナファンドは苦戦している鉄道を救済するために、投資しますという心優しき手合いではない。「鴨がネギを背負っていた」から投資した。

 JR九州の稼ぎ頭は、不動産・ホテル事業だ。2019年3月期の連結営業利益は638億円。そのうち不動産・ホテル事業のそれは254億円。儲けの4割を叩き出している。なかでも不動産賃貸が206億円と大半を占める。

 不動産賃貸とは、駅ビルのこと。博多シティ、小倉シティ、長崎シティ、大分シティ、鹿児島シティがある。駅ビルは、地元の商業地図を一変させた。

 ファーツリー社にかぎらず、海外の投資家が、JR九州に群がった理由ははっきりしている。JR九州を“ポッポ屋”(鉄道会社)ではなく、駅ビル会社と見なしているからだ。駅ビルで稼いだ分け前を我々にも寄こせということだ。

(つづく)
【森村 和男】

キーワードタグ:JR九州  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(18)〜茶番の名誉顧問会か?NEW!

 既報の通り、2019年12月9日にライオンズクラブ(以下LC)337-A地区の「名誉顧問会」が開催された(開催場所不詳)。LCの名誉顧問会とは、現ガバナーが任命した...

2019年12月10日 17:01

まちかど風景・西区~旧マルタイ本社側にマンションNEW!

 福岡市西区周船寺3丁目、旧マルタイ本社・福岡工場跡地側にマンションが建設される。計画されているのは「(仮称)ブレス周船寺新築工事」で、建築物の概要は、RC造の地上1...

2019年12月10日 16:37

福岡クリスマスマーケット主催者 (株)サエキジャパン・佐伯岳大社長 インタビューNEW!

  福岡クリスマスマーケットの主催者である(株)サエキジャパンの佐伯岳大社長に、各会場の特徴や、今後の意気込みなどを聞きました...

2019年12月10日 16:12

【パチンカー代の『釘読み』】マルハン、20年3月期中間決算は減収増益NEW!

 全国でパチンコホール「マルハン」を300店舗以上展開する(株)マルハンが2020年3月期中間決算(連結)を発表した。

2019年12月10日 15:03

【凡学一生のやさしい法律学】さくら疑獄事件(7)NEW!

 筆者は「桜を見る会」の不適切者招待について、安倍晋三首相の刑事責任は問えないとしましたが、読者から公職選挙法の供応接待罪(同法221条1項)に当たるのではないかとの...

2019年12月10日 14:15

スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(17)~生産背景が変わる青果

 青果物にはすでに際立った変化が表れている。それは生産背景の変化だ。農家の高齢化がいわれて久しいが、それは今後、農家の消滅の危機をはらむ。団塊の世代がリタイアするからだ。

2019年12月10日 13:28

中国経済新聞に学ぶ~長江デルタ一体化 活気あふれる成長源に

 12月1日に発表された「長江デルタ一体化発展計画綱要」は、長江デルタ一体化発展の「早送り」を押した。台頭中の世界6位の都市クラスタ、「一帯一路」及び長江経済ベルトの...

2019年12月10日 13:00

「手続的正義」どっちが大悪?~東名高速あおり運転事故(後)

 米国経済では信用の低い企業の貸付債権を担保に発行されたCLOのリスクが注目を集めている。2007年の世界金融危機がCDOに端を発しているとしたら、今回はCLOが経済...

2019年12月10日 12:20

北九州に「辛麺屋桝元 八幡店」オープン

 新たな麺文化として人気が高まっている「辛麺」元祖の店として知られる(株)桝元(本社:宮崎県延岡市、長曽我部隆幸社長)は10日、北九州市八幡西区に「辛麺屋桝元 八幡店...

2019年12月10日 12:00

民法改正で変わる時効期間 飲み屋のツケにも影響あり?

 前回(民法改正で変わる 賃貸契約の保証人)は、およそ120年ぶりの大改正となる民法の債権関係に関する規定のなかから、賃貸借契約についてご説明いたしました。今回は、「...

pagetop