• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月01日 07:35

治験・臨床試験事業を通じて医療サポート・健康増進に寄与 一樹百穫 

医薬品、健康食品、化粧品の治験人材派遣サービスおよび臨床試験受託
(株)EAS

臨床試験におけるトータルサポート

 (株)EASは2019年8月に設立。企業が新たな医薬品・ジェネリック医薬品、健康食品・サプリメント、化粧品を開発するにあたり、機能性と安全性の担保として求められる、臨床試験での検証・サポート事業を展開している。

 代表の二分茂礼氏は長年の治験業務のノウハウを生かし、病院などの医療機関を始め、CRO(Contract Research Organization:受託臨床試験機関)、SMO(Site Management Organization:治験施設支援機関)、各大学との連携で、被験者を募る業務や、産学連携による臨床試験の受託業務を請け負う。

 治験モニターについては、安全・安心を軸に被験者募集のノウハウを生かし、試験参加希望者への啓発活動やプロモーションを行うことで被験者募集を進めている。治験については厚生労働省が定める被験者の安全や人権保護を定めた「医薬品の臨床試験の実施の基準」(GCP)に基づいて行っている。モニターの対象は基本的に現在疾患、治療中、経過観察中、過去に大きな病歴や手術歴がない、治験参加期間中に被検物以外の医薬品などを使用する可能性がないことが条件とされており、「被検物について事前に予想される効能効果や副作用などのリスクがある場合、その説明を十分に伝えたうえで、参加の有無を確認している」としている。

 最近では外国人対象の治験モニター募集もあり、治験対象の範囲が広がっていることから、「募集条件については非常に細分化されている」と話す。また、治験で得たデータの個人情報については厳格に管理されており、治験を行った医療機関および依頼先の製造販売企業のほか、厚生労働省や消費者庁などの行政に対し、認可の届出や輸入・製造のための申請用の資料として使用され、個人を特定した情報は「守秘義務」として法で規定されていることから、外部に漏れることはないとしている。

需要高まる治験需要

 同社は「臨床試験については、これまで医薬品を主体とした受注が多かったが、昨今はたしかなエビデンス(科学的根拠)をそろえるために健康食品や化粧品の原料や最終製品による需要が年々高くなっている」と話す。

 その背景には行政の表示規制強化の影響が大きい。とくに健康食品・サプリメントにおいては「薬事3法」といわれる、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」「健康増進法」による行政の取り締まりは年々厳格化。

 特定保健用食品や機能性表示食品制度の届出書類で求められる根拠データの方法として「最終製品による臨床試験(二重盲検試験)」が必要(機能性表示食品についてはこのほか、関与成分の臨床試験の研究レビューでも届出可能)とされていることも、臨床試験の需要増加の要因だといい、とくに機能性表示食品制度の発足後、届出資料に学術論文や投稿などのサポートも必要とされるため、各大学などの教育機関の連係を深めた体制を敷き、健康食品・化粧品部門での受注を伸ばしていく。

治験領域を広げ業容拡大へ

 医薬品だけでなく健康食品や化粧品の臨床試験の需要が拡大することで、今後は専門性をもった人材確保のほかに、CRO受託企業との連携も拡大させていく。

 それ以上に必要とされているのが被験者の確保だという。「現状でも十分な被験者をそろえているが、業容を広げるにあたり、幅広い年齢層の被験者を確保したい」という。

 臨床試験について、特定保健用食品や機能性表示食品制度というだけでなく、一般加工食品や機能性がある食品原材料など、幅広い捉え方で取り組む姿勢であるとし、とくにバイオマーカーについてリーズナブルに提供できるサービスを構想として考えているという。

 バイオマーカーとは、血液や尿などの体液や組織に含まれる、タンパク質や遺伝子などの生体内の物質で、病気の変化や治療に対する反応に相関し、その指標となるものを解析・検証するもの。現状の機能性が期待できる食品素材はバイオマーカーによる検証はされていないものが多いとし「機能性原料を取り扱う企業では試験金額が高額でなければ必要と考える企業は多く、ニーズの高さを感じた」と今後注力するとしている。

治験解明が企業支援に

 同社は「医療・健康においてこれまで解明されなかった部分で治療や維持増進に役立つような取り組みをしたい」と話す。

 「臨床試験は健康食品のエビデンス確保で事業者の認識も向上し必要性が増した。しかし、試験内容やコスト、質の部分でCRO各社に大きな差が生まれている。評価が適切でないものやほとんど考察がなされていない論文など、業界自体のコンプライアンスや健全化がなされていない部分がある」とし、「正しい臨床試験を設計・実施し、確かな検証により、消費者・企業にとって不利益にならないような取り組みをしていく」としている。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:二分 茂礼
所在地:神奈川県横浜市金沢区洲崎町1-10
設 立:2019年8月
資本金:100万円
TEL:070-5415-3051
URL:https://chiken-net.site

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月06日 07:00

年間700万人が日台間を往来 教育、歴史など広がりを見せる文化交流(前)NEW!

 台北駐福岡経済文化弁事処(以下、福岡弁事処)は中華民國駐長崎領事館を前身とし、1970年の福岡移転を経て、台湾の代表機関として日台間の交流促進などの役割をはたしてい...

2020年06月06日 07:00

主要11社の経常利益率ランキング タイヨーなど5社が上昇NEW!

 これまでに判明した主要流通企業11社の2020年2~3月期決算によると、期間のもうけ具合を表す経常利益率(経常利益÷営業収益)は前年度から5社が上昇、6社が低下した...

2020年06月05日 17:05

【みやき町】「元なでしこ」海堀ディレクター委嘱式・女子サッカーチーム・ユニフォーム発表

 佐賀県みやき町こすもす館において、5日、海堀あゆみ氏のみやき町スポーツ政策ディレクター委嘱式および「みやきなでしこクラブU-15」のユニフォーム発表会が行われた...

2020年06月05日 16:58

コロナ危機の裏で深刻化する食糧問題と加熱する種子争奪戦争(中編)

 あまり知られていないが、アフガニスタンは40年前には豊かな農業の輸出国であった。アメリカ軍はアフガニスタン侵攻に際し、「2007年までには同国が再び食糧に関して自給...

2020年06月05日 16:00

伊都きんぐの感謝の0円販売、あっという間に終了

 「どらきんぐエース」、「どらきんぐ生(期間限定商品)」などを販売する伊都きんぐ。同店は公式Twitterを通じてあまおう苺入りチョコレート「いちごの卵」の「訳アリ大...

2020年06月05日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」6月1日発表 福岡労働局分

 6月1日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

2020年06月05日 14:51

国家インフラに「負担金」不可解(前)

 遅々として進まない整備新幹線を尻目に、JR東海が手がけるリニア中央新幹線は着実に整備が進んでいるように見える...

2020年06月05日 14:40

今できることに堅実に挑む~(有)金谷洋瓦工事店

 屋根工事一筋53年の社歴を有し、福岡県内だけでなく、県外でも多くの受注実績を有する(有)金谷洋瓦工事店。金谷宏之代表を始めとした熟練した技術者および同社専属職人の高...

2020年06月05日 13:30

「博多廊」「星期菜」などが1日より営業再開~IMD Allianceの取り組み

 営業再開にあたってのあいさつと同社の感染予防対策についてのメールが寄せられたので、以下に紹介する...

2020年06月05日 13:00

【政界インサイダー情報】いよいよ、アベノミクスの目玉IR誘致開発も危険水域

 誰も予想もしなかった、今回の世界的なコロナ感染拡散問題で、この危機管理に対応できず、傷だらけになっている今の政府、強かった筈の安倍一強政権...

pagetop