わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
~姪浜特集~次世代にまちなみを残していくために
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月04日 07:00

~姪浜特集~次世代にまちなみを残していくために

唐津街道姪浜まちづくり協議会 会長 田中 大士 氏

町屋のある景観

 ――姪浜の良さはどこにあると考えられますか。

 田中 意外と知られていないのですが、姪浜は福岡市内で最も町屋が残されている地域です。白壁の古い町家が80軒以上現存しており、なかには築100年以上のものもあります。古くから受け継がれている伝統行事も多く、歴史あるまちだといえます。都市化が進むなかで、古き良きまちなみも残されている、ここに姪浜の良さを感じます。

 ――唐津街道姪浜まちづくり協議会(以下、まちづくり協議会)についてお聞かせください。

代表取締役 岩堀博隆氏
田中 大士 氏

 田中 まちづくり協議会は現在約20名体制で、月1回例会を開き、意見交換を行っております。唐津街道沿いには町屋や寺社仏閣が複数残っており、こうした景観を大切にしながら、地域の活性化を図っていこうという思いのもと、日々活動を行っています。たとえば、春と秋の年2回、唐津街道を中心にガイドツアーを実施しています。毎回コースも時間帯も変え、ときにはガイド中に地元の飲食店で食事をするなど、参加者を飽きさせない工夫を行っています。

 また、姪浜の歴史をクイズ形式で楽しみながら学べる、子ども向けのイベントも行っています。遊びの要素を取り入れることで、子どもたちもまちの歴史に興味をもってくれると考えてのことです。姪浜の各小学校で講師となり、姪浜の歴史について話すこともあります。このほか、地元商店にご協力いただき、かまぼこつくり体験、コンサートや講演会も開催しています。

 ――まちづくり協議会の活動を通じて、世代間交流も促進されそうですね。

 田中 実際に町屋に住んでいる方からすれば、老朽化にともなう補修工事の必要性など、住みづらいと感じることも少なくないはずです。しかし、ガイドツアーに参加された方からは、やはり町屋のある景観が愛される。ツアー中、町屋のなかに招き入れて下さる住民の方もいます。まちづくり協議会の活動を通じて、町屋の良い面を知ってもらうことで、姪浜の歴史を感じられる景観を生かしたまちづくりを行っていければと考えています。

町屋の持つ可能性

 ――姪浜の魅力は何だと考えられますか。

 田中 やはり交通利便性の高さだと思います。また、姪浜駅を起点に、北と南でそれぞれの特色があるところも魅力ではないでしょうか。駅南側は再開発によって都市化が進み、職住近接で住み良い場所です。対して駅北側は、町屋や海など、観光に適した古き良きまちなみが残されています。小戸も姪浜駅から徒歩圏内ですから、マリノアシティ福岡などの大型商業施設の存在感も大きいと思います。

 ――まちづくり協議会として、今後どのような活動を行っていく予定でしょうか。

 田中 建築士の方も呼び込み、専門家の目で町屋のあるまちづくりをどう展開していくかを一緒に考えていきたいですね。地元住民の方にも参加していただく、ワークショップの開催も視野に入れています。まちづくり協議会の半数は姪浜外のメンバーですので、地元の方たちと一丸となって取り組んでいけるまちづくりを推進していきます。

 目指しているのは、姪浜で生まれ育った子どもたちが、大人になって姪浜を出ていった後でも、姪浜のことを思い出し、また足を運んでくれる、住んでくれる―そういうまちにすることです。

 また、町屋に関しては、空いている町屋はあるのですが、借りるのが難しい状況です。店舗として利用しようと思ったら、補修や改修、大家さん用の通路の整備など、相応の費用がかかりますし、家主の方だけでなく、そのご家族にも納得していただく必要があります。まちづくり協議会では今後、家主と町屋を活用したいという方の間を取り持つ活動も、視野に入れています。最近では、町屋を民泊として活用したいという事業者からの相談を受け、現在話が進んでいます。うまくいけば、まちづくり協議会の活動の幅も広がっていくでしょう。

【代 源太朗】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月22日 07:30

競争激化の調剤市場に新風 「未病予防」で新事業参入NEW!

 堤薬局は1989年に元製薬大手の協和発酵工業(株)(現・協和キリン(株))の社員だった堤滋久氏が佐賀県神埼郡で創業。神崎地区を中心に鳥栖エリアまでの調剤薬局事業を展...

2020年01月22日 07:00

お客さま第一主義で「技術」と「信頼」を獲得 人にやさしい快適住環境空間を創造NEW!

 中原工務店は、1964年1月に故・中原義人氏が創業、65年2月に設立した。93年3月に中原賢勝氏が2代目に就任。2013年1月には賢勝氏が代表取締役会長に就任、3代...

2020年01月22日 07:00

時代に合わせて変化&成長 社員の力を結集し、新たな事業への挑戦NEW!

 (株)ダックスは1995年の設立以来、まもなく四半世紀を迎える業歴のなかで、自社ブランド「パレストマンション」を始めとする新築分譲マンションの販売を中心に事業を展開...

2020年01月21日 17:35

協力業者の作業員が事故により死亡~明電舎に6週間の指名停止措置

 国土交通省関東地方整備局は1月20日、(株)明電舎(東京都品川区、三井田健代表)に対し、6週間の指名停止措置を下した。指名停止期間は、2020年1月20日から3月1...

2020年01月21日 17:14

「デフレ脱却のため政策転換を!」三橋貴明氏講演「2020年の日本経済の見通し」

 元自民党副総裁の山崎拓氏が主宰する政経フォーラム(第30回)が20日、福岡市中央区の「天神スカイホール」で開催され、作家・経済評論家の三橋貴明氏が特別講演の講師とし...

2020年01月21日 16:35

医者があきらめた疾病を完治~身体が本来もつ機能を高め、リウマチ患者の症状を改善

 リウマチは免疫の異常により関節を裏打ちしている骨膜という組織に炎症が生じる疾患だ。炎症が続くことで関節が徐々に破壊され、やがて変形したり固まったりして動かなくなる。...

2020年01月21日 16:30

天神ビッグバンで一体開発を検討 福岡地所と住友生命

 福岡市・天神2丁目の2棟のビルが一体開発される見通しであることがわかった。一体開発されるのは、福岡地所(福岡市)が所有する天神西通りビジネスセンター(旧・福岡天神第...

2020年01月21日 15:00

高まる労災の訴訟リスク 問われる企業の健康管理(前)

 電通の過労死事件の報道以来、企業の健康管理が注目されるようになった。多くの大手・中堅企業は、過労などの労働災害の訴訟リスクを抱えることに敏感になってきている。働く人...

2020年01月21日 14:30

中国経済新聞に学ぶ~中国産の米国テスラ車第1弾が引渡し

 米テスラ社の上海ギガファクトリーで12月30日午前、中国産テスラ車の第1弾が正式に引き渡された。テスラがこれまで中国公式サイトで予告していた引き渡し時期は2020年...

2020年01月21日 14:16

「いつも通り薄っぺらい」、山本太郎が施政方針演説を批判

 れいわ新選組の山本太郎代表は20日、安倍首相の施政方針演説について「いつも通り薄っぺらい」と表現し、7年かけてもデフレ脱却できない経済財政運営を酷評するとともに、障...

pagetop