• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月06日 17:05

たった10円の時給アップが大赤字を生む 耳より情報 

 深刻な人手不足のなか、どの業界も人が集まらず、悲鳴をあげている。きつい仕事は敬遠され、「いかに楽をして稼ぐか」を仕事選びの条件にしている求職者が多いのも事実だ。

 今月、企業や大学などの食堂経営を受託していた「太平洋興業(株)」(東京都)が倒産した。食堂そのものの閉鎖にともなう減収もあったというが、「なによりも響いたのは人件費の高騰だろう」と業界関係者はいう。

 「そもそも食堂などの受託事業は赤字になりにくいビジネスのはずだった。食堂に人を派遣するようなもの。コストの大半を占める人件費さえ、読み間違わなければ薄利でも利益は出ていた」と話す一方で、「ここ数年、状況は激変している」と嘆く。

 手堅かったはずの事業が、大きく揺れている。その要因の1つが、最低賃金の上昇にあるという。

 人手不足のなか、企業は人を集めるために好条件を出すしかない。パート・アルバイトでいえば、時給である。多くの企業が求人募集をかけており、求職者は10円でも高時給の仕事先を選ぶ。当然、時給を上げないと人は集まらないのだが、パートを1,000人単位で雇用する企業では、たった10円でも時給を上げると、年間で数千万円の人件費アップにつながってしまう。

 パートが集まらなければ、仕方なく融通の利く人材派遣会社に頼むことになる。そうなれば、時給の1.5倍ほどの支払いが待っており、悪循環に陥ってしまう。

 さらに、社員食堂や学生食堂などは、一般的に低価格なのがウリだ。ワンコインで食べられる手軽さが利用者のニーズである。社員食堂で一食1,000円のランチを提供するわけにはいかず、上昇する人件費を価格に反映させるのは難しい面もある。

 「この状況下では、新規受託はリスクが高すぎる。取れば取るほど赤字になる」という業界関係者もいる。さらに地方での受託になれば、人手確保は厳しくなり、より一層リスクが高まるようだ。被雇用者にとっては、たった10円かもしれないが、雇用者にとっては莫大なコスト増になる。ロボット導入やセントラルキッチンでの前処理などで、省力化はいくらか対抗策になるだろうが、抜本的な対策は見当たらない。毎年、最低賃金改定のニュースが報じられる時期になると、経営陣のため息も増えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月09日 07:00

相次ぐマンションの設計偽装

 構造設計一級建築士の仲盛昭二氏は、発覚が相次ぐ耐震偽装マンションに関し、マンション販売会社・設計事務所・行政に対して質問書を送付した。なぜ、この時期に仲盛氏が耐震偽...

2020年08月09日 07:00

復活の道が見えない日産自動車の研究(2)

 指名委員会の次なる仕事は、代表執行役の選任。指名委員会は2019年10月8日、西川氏の後任の社長兼CEOに内田誠・専務執行役員を起用すると発表した...

2020年08月09日 07:00

2019年度九州流通企業売上高ベスト10~4位までの順位は昨年度と変わらず

 2019年度の九州流通企業売上高ベスト10が決まった...

2020年08月08日 07:00

経営者が考えておくべきハラスメント対策とは

 新型コロナウイルス関連の報道に埋もれた感じがありますが、今年6月からいわゆる「パワハラ防止法」(労働施策総合推進法の改正)が施行されました...

2020年08月08日 07:00

生まれ変わった交流拠点、糸島ファームハウス「UOVO」(後)

 UOVOではファミリー層向けに、子どもが遊べるようにと芝生スペースも整備中。日射しの強い夏は、散水用のスプリンクラーがそのまま“涼”を感じられるアイテムになる...

2020年08月08日 07:00

コロナ禍に揺れる新大阪駅~都市機能不足、リニアにも暗雲(後)

 骨格に関してはもう論ずることがないので、地方創生回廊中央駅構想について見ていくことにする...

2020年08月07日 18:24

【8/8~21】お盆期間の飲み会は1次会、2時間まで 福岡県が要請

 福岡県は8~21日、県民に対して、接待をともなう飲食店、居酒屋など酒類を提供する飲食店やカラオケでの滞在を2時間以内とし、1次会のみの利用を要請する...

2020年08月07日 18:23

新型コロナウイルスが直撃~旅客運輸会社は生き残ることができるのだろうか

   来週、お盆を迎える。「今年は帰省を控えるべきか、それとも帰省すべきか」と、ぎりぎりまで迷っている人が多いといわれているが、旅客運輸業界の株価、経営状況などをみて...

2020年08月07日 17:55

【横田一の現場レポート】〈解散・総選挙は今秋〉説が無視できない理由 維新人気で「Go To改憲」

 コロナ禍にあってもなお、今秋の解散・総選挙説が永田町では囁かれている。7月15日には維新副代表の吉村洋文・大阪府知事が、地方分権の超党派勉強会「新しい国のかたち(分...

2020年08月07日 16:57

厚生労働省公表の「ブラック企業」 7月31日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年7月31日に公表(20年6月30日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

pagetop