わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月14日 07:00

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(2)

2位 百貨店の閉店相次ぐ

 ――2位は百貨店の売り場縮小と閉店。今年は井筒屋のコレット店閉鎖と黒崎店の縮小、岩田屋三越の久留米店新館閉鎖と同本店縮小と相次いだ。

 A 人口の少ない地方都市では百貨店が成り立たなくなったことを象徴する。閉鎖・縮小は経営判断としては当然と思う。政令指定都市の北九州でも3店は多すぎた。黒崎店は家賃の引き下げで採算の見通しが立ったため1~3階に縮小して営業を継続するが、契約は22年5月までで、その後は撤退もあり得る。

 C 岩田屋久留米店はそもそも天神と電車で30分しか離れておらず、存立が難しかった。親会社である三越伊勢丹は将来性の見込めない地方百貨店からの撤退を進めており、岩田屋三越も赤字を容認できなくなったということだ。9月中間決算では、経常利益が前年同期の1,000万円の赤字から9億2,100万円の黒字に急回復した。

サービス事業に活路

 ――これで閉店は一段落したことになるか?

 A 必ずしもそうとは即断できない。福岡県を除くとほぼ1県1社に集約されたが、それでも安泰とは言い切れない。長期減収で体力をすり減らしているうえ、取引先の大手アパレルが地方百貨店に商品を供給する余力をなくしつつある。代表例がオンワードで、不採算売り場の大規模な縮小を打ち出した。

 すでに佐賀玉屋は百貨店の体をなしていないし、長崎県の浜屋も137億円の売上高で規模的に百貨店とはいえない。

2019年の主な出来事
※クリックで拡大
増税不況、長期化の恐れ
増税不況、長期化の恐れ

 ――縮小均衡一辺倒なのか。

 C 収益力強化が先決だ。岩田屋三越と井筒屋は店舗閉鎖で収益性が見違えるほど良くなっている。あとはいかに継続的かつ安定的に利益を上げていくかだ。ベンチマークの1つは博多大丸で、早期に人事・給与制度を改革し、売上が伸び悩んでも安定的に利益を出せる仕組みをつくり上げた。

 B トキハが9月、別府店を物販販売から「コト消費」、つまりサービス主体の売り場に改装したのは、今後の百貨店の生き方のモデルの1つになる。劇場を常設したり、足湯をつくったり今までの百貨店にない発想だ。地方百貨店は中央の大手と違い、不動産業などの多角化が難しい。知恵を絞って生き残るしかない。

3位 イオン系3社、統合延期

 ――3位はイオン九州、マックスバリュ(MV)九州、イオンストア九州の経営統合延期。昨年10月統合発表したばかりなのに半年で見直しに追い込まれた。

イオングループ3社統合延期
イオングループ3社統合延期

 A イオン九州の業績改善が想定以上に遅れているためだ。統合を強行すれば新会社の足を引っ張る。今期の業績は増益見通しだが、営業収益2,200億円に対し経常利益3億5,000万円と利益水準は低く、改善には程遠い。と言って、ずるずる先延ばしするわけにもいかず、難しい判断を迫られる。

 B 統合自体は正しい。イオン九州のGMSは新設の余地が減り拡大が難しい。イオンストア九州がダイエーから継承した店舗を建て替えるにしても、自力では限界がある。GMSに代わる小型店事業を展開するにはMV九州との調整が欠かせない。

 C イオンは各地の子会社を地域別に統合し、本部が握っていた権限を移譲することで収益力を強化させるとともに、地域密着の経営を徹底させる考えと思われる。本社主導でやっている物流もその1つで、地方子会社はセンターフィー1つ単独で決められなかった。逆にいうと、本社主導の体制が地方子会社の儲からない大きな原因の1つになっている。

(つづく)

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月21日 11:45

(株)晃陽建設(大阪)/建築工事NEW!

 晃陽建設は、1月18日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。破産手続き申請の準備に入った。

2020年01月21日 11:30

ドラッグイレブン、博多駅前に美容商材を強化した店舗を開店NEW!

 JR九州ドラッグイレブン(株)(本社:福岡県大野城市、今林泰社長)は1月23日、福岡市博多区に「ドラッグイレブン×Bellezza(ベレッツァ)HAKATA」を開店する。

2020年01月21日 11:00

LCCが9社に増え、韓国は世界最多に(後)NEW!

 韓国のLCC市場の状況をみてみよう。昨年11月に5社が新規に免許を申請したことに対して、今年3月に韓国政府はフライ江原と、エアプレミアとエアロケイに申請を許可してい...

2020年01月21日 10:25

壱岐団地建築工事落札者決定、3工区合計で約17.8億円規模にNEW!

 福岡県発注の、「令和元年度事業福岡県公営住宅壱岐団地建築工事」の第1~第3工区の落札者がそれぞれ判明した。

2020年01月21日 10:00

「逃亡者」カルロス・ゴーンの会見を仕切ったPR(広報)会社~仏・イマージュ7と日本のサニーサイドアップ(後)NEW!

 PR(広報)会社というのは、実態のよくわからない不思議な業種である。広告代理店とは違うし、編集プロダクションやイベント企画屋とも違う。口さがない連中からは「記事の揉...

2020年01月21日 09:35

1億超えたPayPay 2月に「40%戻ってくる」キャンペーン開催NEW!

 PayPay(株)(本社:東京都千代田区、中山一郎社長)は2月に、電子決済サービス「PayPay」で大手飲食チェーンの店舗の支払いをすると「40%もどってくる」キャ...

2020年01月21日 09:00

筑邦銀行がSBIホールディングスと資本業務提携(後)NEW!

 九州地銀(含むFG・FH)の1月17日の株価と、年初来安値の株価との比較表では九州地銀18行の内訳は、第一地銀11行、第二地銀は7行。第一地銀11行のうち、金融・グ...

2020年01月21日 07:00

信用と実績をつくり上げた100年 九州から全国に発信し、200年企業を目指すNEW!

 中村工業(株)は、福岡市中央区舞鶴に本社を置き、鳶土工工事を軸に114年続く建設会社である。現代表の中村隆元氏が5代目となり、創業は1906(明治39)年に遡る。そ...

2020年01月21日 07:00

住む人の生活を考えた住空間づくりが好評 地域トップクラスの不動産デベロッパーNEW!

 1964年3月、貸家および建築工事を目的に設立された伊藤組が原点となっている(株)タイヘイ。77年から参入したマンション事業では、「サンライフ」シリーズという自社ブ...

2020年01月20日 17:54

トランクルーム大手キュラーズ、ウェブ上で不当表示

 トランクルームの運営などを手がける(株)キュラーズ(東京都品川区、ステファン・ジョセフ・スポーン代表)は1月17日、同社が供給する「収納ユニット」に関する案内表示で...

pagetop