• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月16日 15:19

ピンチに立たされている韓国の保険業界(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 生命保険の場合、保険商品が販売され、保険会社が保険料を受け取ると、その保険料は、会社を経営する経費となったり、将来の保険金等の支払いに備えた積立金となったり、運用資産の財源となったりする。

 したがって保険会社は、当初顧客に約束した予定利率より高い収益を上げるか、それとも当初の予定より保険金の支払いが少なくなるか、もしくは経費を削減することによって、収益を確保できるようになる。ところが、経済環境が低金利、低成長、低出産の時代を迎え、保険会社にはこれまで経験したことがないほどの逆風が吹き荒れている。

 1960年代~1980年代は韓国経済の成長とともに保険産業も飛躍的に成長した。1980年代の後半から1990年代にかけて、韓国の保険市場は外国企業にも開放されることとなり、外国の保険会社が韓国の保険市場に参入できるようになった。さらに、保険商品の設計や価格に関する規制も、大幅に緩和され、自由競争の時代となった。2000年代になると、生命保険会社と損害保険会社の年平均成長率がそれぞれ7.5%、12.7%を記録するなど、保険業界の成長は続いた。

 持続的な市場の成長により、韓国の保険市場は、全世帯の98.4%が1つ以上の保険に加入するような状態となった。保険料の総額は201兆ウォンに上り、韓国の保険産業は、金額ベースでは、世界7位になるほど、市場が成長した。ところが、経済状況が悪化し、低成長が当たり前の時代になったり、低金利、低出産が定着するようになったりすると、保険の需要は減少に転じ、保険会社の最も大事な収益源の1つである資産運用も、低金利で逆ザヤになるような厳しい状況が訪れ、韓国の保険業界は危機に立たされるようになった。

 数年前から新規加入者の保険料総額が急激に減少しているだけではなく、すでに加入した顧客が毎月支払う保険料までもが減少に転じている。それに、低金利時代になったことで、予定利率が下がり、その結果、保険料の上昇につながっている。

 保険料の上昇は、飽和状態の市場で、保険の営業をより一層難しくする。さらに、予定利率の上昇は、積立金の増額を引き起こし、保険会社の財務状況を圧迫する要因となる。そのような流れを受けてか、損害保険会社の今年の第一四半期の当期純利益は、前年対比で18.4%も減少している。昨年にも前年対比で17.8%減少していたが、その流れに歯止めがかかっていない。生命保険会社も状況は似たり寄ったりである。新規加入者の保険料額は2015年は18兆3,186億ウォンであったが、昨年には10兆9,026億ウォンとなり、3年間で40.5%も急減している。

 このような状況下で、韓国政府は保険会社に対して資本金の増強を求めている。2022年からは保険会社に新しい国際会計基準であるIFRS17が導入されることになっており、保険会社は資本金を増やさないといけなくなっている。新しい会計基準が適用されると、負債の評価基準が簿価から時価に変わることになるからだ。そうなると、過去高い金利を約束して販売した保険商品の場合、低金利時代に合わせて評価するとなると、保険会社の負債額は大幅に増加し、保険会社は資本金を積まないといけなくなる。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

pagetop